2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

私はラブ・リーガルのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 私はラブ・リーガル(Drop Dead Diva)あらすじと感想


私はラブ・リーガル4】(Drop Dead Diva S4)もいよいよ12話~「最強の弁護士ペア!?」(Picks and Pakes~ピック病とペーキ)です。最後のステイシーとジェーンのシーンには思わず泣かされてしまいました。以下簡単なネタバレのあらすじです私はラブ・リーガル4のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


まずは最初の「Picks」から参りましょうか


今回ジェーンは、ローレンス・ブランド~通称ラリー(Dylan Walsh)という有名な敏腕弁護士とともに、元地方検事で今やCNNのアンカーを務めているナンシー・グレースの有名番組=「Nancy Grace Show」に出演することになりました


~これは実在する番組で、実際に起きている事件を取り上げては番組の中で糾弾するというナンシーのやり方が「捜査妨害」だとしばしば批判されていることでも有名です


記憶を失う前のオールドジェーンはこのラリーの大ファンだったそうで、クリスマスには、特製のマグカップ=A Lawrence Brand coffee mugまで配ったほどなのだとか。知っていたのはもはやテリーだけですが。


出演を間近にした控室では「テレビ初出演」に舞い上がってテレビ用スマイルの練習に余念がないジェーンに、オーウェンが気になる「催促」をしています。ふたりは結婚後、今のアパートを出て新居に移る予定らしいのですけれど、ジェーンはそれをまだステイシーに告げられずにいるのだそうです


We just bought a new goldfish together.
一緒に金魚を買ったばかりなのに


とそれはさておき、満を辞して臨んだはずの番組は、さんざんな結果に終わってしまいました。ジェーンが何か発言しようとするたびに、

arrogant, self-congratulatory blowhard
傲慢で独りよがりな男(=ラリー)

がジェーンを遮ったため、ジェーンの闘志は留まるところを知らずに燃え上がり、あの驚くべき大量の記憶の数々を次々と披露していったのです。過去の判例はもとより、ラリーの元妻の情報まで知っていたとはさすがでござるね


褒められて気を良くしたジェーンが、つい、テーブルのお茶をこぼした上にナンシーの顔をひじ鉄するなど、パニックを起こしていたところをアップした動画の再生回数、なんと2時間で5万アクセスもあったそう


これでは優しいオーウェンが、誰も気づかない、なんていっても慰めにはなりません


その甲斐あってか、今度はラリーがジェーンを誘ってきます。なんとラリーはジェーンと一緒に仕事がしたいというのです。でもそれには「深い事情」が隠されており!?以下ネタバレです


なんとラリーはピック病(Pick's disease)という若年性認知症に罹っていました。法廷には遅れるは、無い証拠をあると主張するは、他の事件と混同するは、で、さすがのジェーンも困り果ててしまいます


もはや判事に相談してラリーを担当から降ろすしかない、と、ラリーが提示した金額に目がくらんでジェーンをサブに付けたパーカーはそう言いましたが、自分もまた病に罹って一層思いやり深くなったオーウェンは、ラリーはまだ戦える、と支持します。たとえ証拠がなかったとしても、それがあたかもあるように見せかけて、相手に

「黙秘権」

を行使させれば、陪審員の心証を十分悪くすることができるというのです。なんでもオーウェンも以前、ジェーンをDVDに誘っておきながら、何も用意していなかったそうですよ。ふたりにはそんな「暇」などなかったそうで


とはいえ、手元にあるのは「白紙」なのに、それをあたかも決定的な証拠であるかのようにチラ見しながら「偽証罪」(perjury)をちらつかせて相手を追いつめるなんて技は、ラリーを除いてはジェーンにしかできませんね。これを判事のオーウェンが仄めかしたというのがまた大笑いです~ラブコメですから許されます


こうして見事に勝利を勝ち取ったラリーは、再びナンシー・グレースの番組でジェーンの手腕を褒め称えた上で、自らの引退を表明しました。これはなかなか潔い引き際だったと思います


また次の「Pakes」では、ステイシーが窮地に立たされてしまいます。今回ステイシーは、自分が発明したペーキを、他の男=ジョナー・ピアース(Cameron Mathison)に横取りされそうになったのです


ジョナーはいかにもステイシーに気があるふりをして近づき、そのノウハウを盗んだところで、自分はペーキの特許(パテント)を持っている、と言いだしました。こういう輩を

a patent troll
パテントトロール

と呼ぶそうです


忙しいジェーンに代わって、今回はグレイソンが戦ってくれました。ステイシーは迂闊にも特許を出願していなかったのだけれど、こうした場合は「発明者」が優先されることになっているのだそうです。


それを証明するために、以前ステイシーがペーキを初めて作った時に側にいた詐欺師のニッキーは「犯罪者」だったため、証人にはなれませんでしたが、グレイソンは、実際ふたりに法廷でペーキを作らせることによって、ステイシーこそが発明者だと証明します。判事(Star Jones)はすっかりペーキが気に入ったようでしたね。


Ms. Barrett, good job

そんなステイシーに、今回素敵なBFができたのも嬉しかったですね~。オーウェンの結婚式での付き添い(groomsmen)を務めるロジャー・オニール(Brian Ames)は不動産業者でもあって、オーウェンに新居候補の物件を持ってきた際、ふたりの引っ越しを知ってショックを受けたステイシーを優しく慰めてくれたのです


She doesn't want to make you sad, and you don't want to step on her joy.
彼女は君を悲しませたくないし、君は彼女の幸せに水を差したくない


優しい上にルックスもよくて、これでようやくジェーンも安心して出ていけますね


ステイシーがジェーンにロジャーの訪問を告げた時、すぐに事情を察したジェーンがステイシーを思いやったシーンがまたよかった


He is going to find an awesome house for you two.
彼は今ふたりのために素敵な家を探しているわ


これは是非今のアパートの近くに見つかったという

「a ranch style, three bedroom, two bath, and a tree house in the backyard」
牧場風でベッドルーム3つ、バスルーム2つに裏庭にはツリーハウス付

に決めてほしいものです


また今回はキムの妊娠も明らかになっています~当然パーカーの子どもでしょうか?せっかくキムと付き合い始めたルークが、これを知っても力になりたいと語ったのはさすがに「天使」ならではです


さ~ていよいよ来週はシーズン4の最終回で、ジェーンとオーウェンの結婚式です。今からとっても楽しみです私はラブ・リーガル4もいよいよ次回が最終回( `ー´)ノ


黒い金魚でしたけどね
こちらにもルームメイトを用意しなくちゃ


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.