2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

稲森いずみさん&渡辺麻友さんダブル主演の【戦う!書店ガール】も今週は7話となりました。このドラマ~残念なことに9話で打ち切りが決定したそうで、残り2話となったそうです


個人的には~何せ本が大好きなので~このドラマ全体に漂う雰囲気や、懸命に頑張る「書店ガール&ボーイ」の姿は実に好ましくて楽しいんですけど、今や

「ネット書店」

が主流となっている時代背景も手伝ってか、こうした本の持つ温かさがじんわり伝わってくるような作品は、大衆受けしないのかもしれません


でも本来「本」というものは、流行っているから、皆が読んでいるから読むというものではありませんよね~少なくとも自分にとってはそうです。だから、短縮されるのは残念ですが、この作品を好きなことに何ら変わりはありません視聴率は関係ない~大切なのは自分が好きか嫌いか


お、前置きが長くなってしまいました。以下、簡単なネタバレのあらすじです戦う!書店ガールを応援中♪


理子の必死の談判に心動かされた(?)社長は、吉祥寺店が7月までに売上を20%アップさせることができたら、存続させると約束してくれました。口で言うのは簡単ですが、20%の売り上げ増など、生半可な覚悟で達成できる数字ではありません


でも、以前の野島店長の時の売り上げが低すぎたことを思えば、決して不可能な数字でもないはずです


皆で考えに考え抜いた結果、ようやく三田にミューズが降りてきてくれましたひらめきが降りてきました


本屋で提供する無料のブックカバーに付加価値を付けたらどうかというものです。これにもまたあのあがちなおが協力してくれることになったのがまた嬉しかったですね。今連載中の大人気コミックの二次作品を描き下ろしでブックカバーに掲載するのだそうです。これはファンにはまさに垂涎ですね


が、ここには大きな問題が立ちはだかります。あがちなおは、小幡の勤務する一ツ橋出版と専属契約を結んでいる(?)ようなのです。


いくら亜紀を救うためとはいえ、こればっかりは協力できないと断ってきた小幡に、一旦はゴリ押ししようとした亜紀でしたが、三田から、小幡の立場を慮る発言を聞かされてはもう強く出ることができません。会社での自分の立場が悪くなるだろうに


でも小幡は、皆の前で自分のために頭を下げた亜紀のため、会社からの許可が下りたと嘘をつきました。すぐにバレそうなものですが、何せ編集長がイケテツですから、そこはうまくすり抜けてしまったようです


契約の内容は分かりませんが、フツーなら訴えられてもおかしくないケースですよね。売り上げ増のためにしたことで、慰謝料を請求されたら大変ですよ~。ドラマでは、小幡が総務に異動させられただけで済んだようでしたけど


細かいことはさておき、売り上げはこのブックカバーのおかげでなんと24%に急増したそうなのに、どうやら来週は本の入荷が激減するという事態に見舞われるようです。理子と亜紀はこの窮地をいったいどう切り抜けていくでしょうか?ふたりとも頑張れ!


一方、変わらず理子を応援し続けてくれた田代は、どうやら理子の父親=達人と知り合いのようです。そう深い間柄ではなさそうでしたが、わらゆんで田代を見た達人は、あの男は止めろと理子に忠告していました


スカウトの件も計画的ではなかったらしく、心から理子を応援してのことだったようなのに、ふたりはとってもお似合いだと思うのに、いったいどうなっちゃうのか心配ですね~。三田君もそれなりに可愛いけど、個人的にはやっぱりこちらを応援しちゃいます


たとえ1話少なくなっても、まさに「戦う書店ガールズ」のように、

「楽しみにしている視聴者のため」

最後の最後までベストを尽くしていただけると嬉しいです。来週の放送も今からとっても楽しみです


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 2

There are no comments yet.
マーマレード  
同感です !

こんにちは。いつもは韓国ドラマのレビューを読ませていただいてます。今回はたまたま見かけた感想でこちらに導かれてしまいました。

本屋さんが舞台という事で、始まる前から楽しみにしてました。
店と会社との関係性、本屋さんの仕事あれこれ等、やはりとっても興味深くて飽きません。
ラブロマンスも適度に加わってて、ちっともつまらなく有りません。
ちょっと心配だった亜紀も役柄上少々うざかろうが一生懸命な感じを受けて、私は好感が持てました。理子とのでこぼこな両輪で上手く乗り越えて行く様子が気持ちいいです。

視聴者そっちのけで事態が進むのが悲しいです。
私も最後の最後まで応援します ! (選挙みたいですね(笑))

2015/05/29 (Fri) 17:22 | EDIT | REPLY |   
マーマレードさんへ  
はじめまして^^

マーマレードさん、こんにちは。

いつもブログをご利用いただきましてありがとうございますv-22

「戦う!書店ガール」は温かくて優しい、とっても素敵なドラマですよね。
短くなってしまうのは残念ですけど、最後まで楽しませてほしいですね^^。こん

2015/05/30 (Sat) 09:31 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.