2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

木村拓哉さん主演の【アイムホーム】は7話もまたじんわりアットホームな雰囲気が漂って、なかなか感動的なエピソードでした


でも、ミステリー好きな自分にはちと物足りなくて、ついつい恵役の上戸彩さんのお腹にばかり目が行ってしまったけれど(かなり目立ってきましたものね)、最後の最後、北大路欣也さんの演技には泣かされてしまいました。また、予告でチラリと明かされた「謎」も大いに気になるところ~思わせぶりじゃないといいんだけど


以下簡単なネタバレのあらすじですアイムホームのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


まずは気になっていた久の父=洋蔵(北大路欣也)から見ていくと、洋蔵はその昔、新しい事業を手掛けては失敗を繰り返した挙句、家族を捨てて出て行ったそうです。でもそれも、

それ以上家族に迷惑をかけたくない一心

からだったようです。幼い久をそれはそれは可愛がっていた洋蔵は、久が一線で働いていた時にTV出演した映像を、それこそビデオテープがすり減るほど、何度も何度も見ていたのだとか。久もまた、洋蔵のアパートの鍵を貰ったのを、返却せずにずっと持っていたことから、いずれは訪ねてみたいと考えていたのかもしれません。


洋蔵は、足が不自由な上、軽度の認知症も患っているらしく、無銭飲食で捕まった際に警察で久に連絡するよう頼んだのも、自分の記憶が確かなうちに久に会いたいと思ったからのようでした。ここでいきなり、刑事役が板尾創路さんだったのにも驚きましたね~しかもほんのチョイ役だったし


それでも久はなかなか洋蔵に心を開くことができなかったのですけれど、母の梓から、息子の交通事故を心配した洋蔵は、決して久の手を離すことは無かったと聞いた後、会社からの電話で即、つないでいた良雄の手を離してしまった一年前の自分を指摘されると、またしても深い後悔を覚えずにはいられません


最低の父親は俺の方だ!


洋蔵が介護施設に入ると聞いて、その引っ越しを手伝いに駆けつけてきた際、杖無しでは歩くこともおぼつかず、もはや時々久の事さえ分からなくなっていた洋蔵が、道で久が手を離したその時に、ものすごい剣幕で久を怒鳴りつけたシーンがなんとも印象的でしたよね親子なんだなあ(;O;)


絶対に離しちゃダメなんだ!!


あそこは本当に良いシーンでしたね~。今では同じ息子を持つ身としては、あれで昔の恨みなど皆吹っ飛んでしまったことでしょう認知症、よくなるといいね


また、ずっと気になっていたサッカーコーチの本城ですけど、やはり以前、恵と交際していたようです。今回も同じ

「季節外れの喉の風邪

を一緒に引いていました。今風邪ひいたら大変なのに~違うって


まあそれは、久も過去にいろいろあったようですから不問に付すとして、今最も気になるのは、久が良雄の手を離して会社に戻ったという

「一年前の監査

の話です


1年前、久が良雄の行事に参加したのも、単身赴任をしている久が東京に戻るための口実だったようなのです。いったい久はどんな秘密を握っているというのでしょうか。そもそもそれが原因で事故に遭ったに違いありませんものね


で、これまでは、そのカギを握っているのは、左遷された勅使河原と第一営業部の黒木だとばかり思い込まされていましたけれど、どうやらこれに小机(西田敏行)が一枚噛んでいるらしいのです


というより、小机のいる第十三営業部に久が飛ばされたのも、この小机が監視役だったからではないのでしょうか?アイムホームの「謎」が見えてきた?


もしそうなら、以前蓼科でのBBQに小机が来なかった理由も納得できますよね~西田さんが「刺客」か!( `ー´)ノ。あの時は、あんなしどろもどろの言い訳をして、

「まさかの練習不足か

などと思ったものですが(ファンだから敢えて触れなかったけど)、もしあれが何かを隠すための「お芝居だったとしたら頷けますだったらいいな~♪


いや~終盤に来てミステリー要素が盛り上がってくれるのは楽しいですね~。それに来週は

「マスター、〇〇ある?」「あるよ(注: HERO

のツーショットも復活するようでしたし


毎回見どころいっぱいで、決して飽きさせない「アイムホーム」は、続きもとっても楽しみですねアイムホームが楽しみ(^◇^)


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.