2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

スキャンダルのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 韓国ドラマ スキャンダル あらすじと感想一覧


キム・ジェウォンさん主演の韓国社会派ドラマ、【スキャンダル】の第2話は「悲劇の始まり」です。同じ社会派ドラマの「ジャイアント」では、彼ほど気の毒な人間はいないと涙したソンモ=パク・サンミンさんが、今度は

これほど邪悪な人間がこの世にいるだろうか!韓国ドラマ・スキャンダルのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ

と怒りを抑えられない極悪人に変わっているのも、演技力のなせる技なのでございましょうね。今はまだ始まったばかりなのでこんなことをいう余裕がありますが、そのうちに~腹立たしさのあまり~現実とドラマの区別ができなくなってしまうかもしれませんけど。以下簡単なネタバレのあらすじです韓国ドラマ・スキャンダルが面白い(≧▽≦)


案の定、ゴニョンは倒壊したテハプラザの中に閉じ込められてしまっていました。テハは一応プラザの中にいた人間を皆避難させたつもりでいたらしいのですけれど、ゴニョンは、幼稚園でミョングンを待つと約束したばっかりに、その場を動かなかったようなのです


息子の安否が気がかりで気が狂ったようになっていたミョングンの姿を見たテハは、刑事のミョングンが騒ぎ出しては何かと面倒だとばかりに、彼を体よく追い払おうとしました


息子さんは必ず私どもが全力を挙げて捜しだします。これは「爆破テロ」で危険ですから、どうか自宅で待機をしていてください!


ミョングンはテハの言葉に感謝しつつも、決して迷惑はかけぬからと約束し、社員が持っていたビルの設計図を奪い取って、ゴニョンのいそうな場所へと駆けつけました。すると、瓦礫の中から愛しい我が子の声が聞こえてくるではありませんか?


目の前の瓦礫を懸命に取り除き、ほんの少しだけ開いた穴から、ゴニョンの心細そうな顔が覗けましたが、ここでミョングンはひどい怪我を負ってしまい、無念にも意識を失ってしまいますアッパー!


次にミョングンの目が覚めた時、彼は病院のベッドの上でした。ゴニョンのことは心配でたまりませんが、何せ体が動きません


それでもようやく立ち上がったミョングンが再びゴニョンを捜しに出かけたのは、ビル倒壊の翌日のことでした。するとどうでしょう?事故現場では既に崩れたビルの撤去作業が行われているではありませんか?


これは、自らの手抜き工事及び自爆を隠蔽したかったテハが、時の権力者らしい「総裁に頼み込んで、撤去を許可してもらったからです。その総裁の家には、当時の大統領=盧泰愚さんの写真も掲げられていました。


助けてくださったら、総裁の犬となりましょう!


そうまで言うなら忠犬ではなく猟犬となれと命じられたテハが、今後この総裁の下でどんな悪事を働いていくのかも、大きな見どころとなりそうです(なってほしいです)。


一方のミョングンは、ビル倒壊事故の直後であるにもかかわらず、撤去が正式に認められたことに対して必死で異を唱えましたが、到底聞き入れてもらえません。ここの現場責任者はアン・ソクファンさんだったので、きっと後にも関わってきそうです


その時ちょうど通りかかった瓦礫を積んだトラックから、ゴニョンの靴が滑り落ちてきたのがまたなんとも痛ましかったですね


お願いだ!積荷を調べさせてくれ!!


ミョングンが必死で瓦礫の山を捜したところ、ゴニョンのものと思われる手首が見つかりましたあまりにも残酷な結末でした(;´・ω・)。その手首には、ゴニョンが事故に遭う前、刑事のミョングンの手錠を悪戯して怪我をしたため、ミョングンが絆創膏を張って落書きをしたその絆創膏が張られていたのです


愛しい我が子を失った上に、その遺体まで傷つけられてしまうなどという残虐なことが許されて良いものでしょうか?テハ許さんっ!( `ー´)ノ


悲しみに打ちひしがれていたミョングンに、これは事故ではなく明らかな「殺人」だと教えてくれたのは、雑誌記者のカン・ジュピル(チェ・チョロ)でした。ジュピルは取材で、

テハプラザは崩壊前に既に天井が崩れてきていた

ことを知り、今回の倒壊は決してテロの爆破によるものではなく、手抜き工事の結果によるものだと確信していたのです


ジュピルはミョングンにその証言を録音したテープを聞かせ、自分が暴露記事を書いた後にそれを渡すと約束しましたが、そのジュピルもまた、テハに買収されてしまいます。テハがこのネタの代わりに差し出したのは、こともあろうに

自分とジュランの濡れ場を収めたビデオテープ

だったのには驚きましたね。男の正体は伏せられてはいたものの、いかにも破廉恥なこの男が考えそうなことです。テハはこの時、愛人のジュランのあまりの図々しさに怒ったファヨンから、

ウンジュンという息子がいるからやり直そう

と復縁を持ちかけられたため、この機にジュランを追い払いたかったのでしょう。何せファヨンはその亡き父とともに「総督」とも顔見知りのようでしたからね


それでも、ジュランの娘のジュハ(チョ・ミナ=ミニョン子役@ナイン~9回の時間旅行~)はなかなか道理をわきまえていたようです。自分の母を指して、

性格が悪いだけで悪人ではない

とファヨンに詫びた台詞には苦笑しきりでした。ファヨンは、自分が(たぶん)幼い頃から弾いていたグランドピアノを、今回初めて知らされた夫の娘だというジュハが弾いていたことにもカチンと来ていたようです。


こうしてファヨンがウンジュン(キム・フィス)を連れてテハの家~おそらく元々はファヨンの実家~に戻ってきたところに、ジュピルも買収された今となってはもはやテハを殺すしかないと思いつめたミョングンがピストルを持ってやってきます


がここで、これまでずっと「父」を知らずに育てられてきたウンジュンが、ミョングンの顔を見て「父親」だと思い込んでしまったのをこれ幸いに、ミョングンはそのウンジュンを連れ去ってしまいます。またウンジュンの話しぶりがゴニョンにそっくりで可愛い我が子を彷彿とさせたのでしょう


ちょうどテハが帰ってきたのと入れ違いに、ミョングンはウンジュンを抱きかかえて逃げて行きました。テハはその後姿を不信に思っていたようなので、当然、後に追及されることになるのでしょうが


テハの腹心の部下らしいシン・ガンホ(チョ・ハンチョル)も、なかなか印象的な役どころになりそうなのも楽しみです。これもテハ同様、そのうちそんな冷静なことは語っていられなくなるほど憎たらしくなるかもしれませんけど


やはり韓ドラは、史実に基づいた、もしくはそれをモチーフにした時代劇や社会派ドラマがサイコーですね。迫力がまったく違ってきます韓国ドラマ・スキャンダルは続きもとっても楽しみですキム・ジェウォンの「スキャンダル」が面白い(≧▽≦)


スキャンダル DVD-BOX1スキャンダル DVD-BOX2スキャンダル DVD-BOX3

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.