2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

よみがえり レザレクションRessurection)のあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: よみがえり レザレクション(Ressurection) あらすじと登場人物一覧


海外ドラマ・【よみがえりレザレクション2】(Ressurection)の第7話は「奇跡」(Miracles)です。このドラマで、今さら「奇跡」でもない気がしますが~ドラマ自体が「奇跡ありき」じゃないとそもそも成り立たない(;´・ω・)。以下早速ネタバレですレザレクション2のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


しょっぱなから意地悪なツッコミはさておき、このタイトルが表している「奇跡」は、レイチェルの病が自然治癒したことらしいです。一時は症状がどんどん悪化し、それを見ていたトムは、マーティンが持ってきた「進行を抑える薬」を使うよう主張しますが、レイチェルとマギーは胎児への影響を憂えて首を縦に振ってくれません


マーティンも、薬が自分に効いていることを伝えられれば良いのですが、それには自分がよみがえりだと打ち明けねばならないため、今一つ説得力に欠けています


が、マーティンは、お腹の子どもの事より、再びレイチェルを失うことを怖れているトムを見ていられず、自分が薬を持っていることを打ち明けました。僕も同じ病に罹っているんだ


トムはマーティンに頼んで薬を分けてもらいましたが、いざ注射を打とうとしたところをマギーに見つかって阻止されてしまいます。いったいどういうことなの!?


マーティンは、マギーにも自分の秘密を打ち明けようとしますが、トムがこれを庇って遮りました。それでもマーティンはもう限界だと思ったらしく、自分もまたよみがえりなのだとマギーに話してしまいます。


最初は怒ったマギーですが、それもこれも、もっと早く真実を知ってマーティンの力になりたかっただけのようです


一方、レイチェルの子どもは(子どもができなかった)自分に与えられた「奇跡」だと思い込んでいるジェニーンは、レイチェルの腹部に手を当てて懸命に祈りました。するとどうでしょう?レイチェルはすっかり回復してしまいます!?


つまり、今回の「ウイルス」はよみがえりの人々を抹殺するための物ではなく、その「生きる意欲」(を試すため(存在意義を確認するため)に現れたということでしょうか


これをジェニーンは「信仰」と呼んだけれど、トムにはそうは思えなかったようです。極端なことを言えば、ジェニーンにとって大切なのはあくまでも「(トムの)子ども」であってレイチェルではないのは一目瞭然ですものね


その後このウイルスは、よみがえりでない人々にも感染し始めます。その一人目がエレインの兄のレイです。レイは蘇った兄を殺したカールたちと組んで、よみがえりの人々を一掃しようと企んでいたのですが、真っ先に自分が彼らと同じ病に罹ってしまうとは、何とも皮肉な展開でしたね


でもこれでますます「アンチよみがえりピープル」の動きが激しくなってきそうです。「よみがえり」は人ではない!彼らを殺したところで、何の罪にもならないっ!!やつらはゾンビだ!!


これではまるで「魔女狩り」そのものです


また、前回最後に登場したふたりの正体が少しだけ明かされました。やはりウィリアムは「よみがえり」で、しかもどうやら、1935年にラングストンファニチャーで起きた例の「火災事故」の犠牲者のようです。


今回は、当時の様子がレイチェルとマーガレットのふたりの「夢」によって再現されていました。それによると、ウィリアムは燃え盛る建物(工場?)の中に閉じ込められており、その外には幼いマーガレットがいたようなのです


いったいこの事故の原因はいったい何だったのでしょうね~そもそもこれって本当に「事故」だったのでしょうか?


今回マーガレットは、工場再建の支援を申し出たブライアンの誘いを受けて「従兄弟の家」に招待された際、そこで、夢に出てきたウィリアムの写真を目にし、驚いて逃げ出してしまいます


レイチェルとマーガレットは夢の中で見たウィリアムの存在を身近に感じるらしく、彼の「怒り」も感じ取れるそうです。マーガレットは関係者だから分かりますが、レイチェルはどうしてここに関わってきたのでしょうか


「よみがえり」そのものの謎はさておき、この辺の謎は是非解き明かしてほしいですねレザレクション2も残すところあと6話


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.