2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

キャシーのbig C いま私にできること】(The Big C) S1は10話にしてようやくキャリーがポールに真実を告白いたしました。以下8話から10話までの簡単なネタバレのあらすじですキャシーのbigCのあらすじ行きますよ~(^^)/


8話で43歳の誕生日を迎えたキャシー。もしかしたらこれが最後の誕生日かも知れないからと、思い切り羽目を外して、レニーとバハマに行く計画を立てますが、旅行に持っていく物をあれこれ買い込んで家に帰ると、そこではポールがサプライズパーティーを用意して待っているではありませんか?!


Happy Birthday, Cancer!


これは8話のタイトルにもなったフレーズですが、いくらなんでもこれはないですよね~。いくらキャシーが「かに座生まれ=Cancer」だからとはいえ、一度でも「cancer=ガン」について深く考えたことのある人間なら、決して言えない台詞です。以前やはり、ガンに罹った方から、ガンという言葉を比喩に使うのを耳にするだけで不愉快だ、と聞かされたことがあります。


キャシーは平気を装っていましたが、二人のすれ違いは既にここから起きているといっても過言ではありますまい。必要以上に神経質になられるのも困るけど、これは無神経極まりない


そこに、約束していたレニーがキャシーを迎えにやってきました。仕方なくレニーを「業者」としてポールに紹介すると、ポールはその嘘を疑いもせず、一緒に祝っていってやってほしいとレニーを誘い入れます。


そんなポールの様子を見ていたレニーが、あんなイイ旦那を裏切っちゃダメだ、と言いだしたのが、また可笑しかったですね~。もちろんキャシーの方も、このパーティーにはかなり感動してしまい、不倫旅行など計画していた自分を大分後悔してはいたようです。


旅行は止めよう


そう思ったのもつかの間、またしてもここで「すれ違い」が起きてしまいます


どうやらキャシーが、結婚して以来今日が最も楽しかったとスピーチしたことが、ポールには面白くなかったようなのです。自分との結婚生活を全否定されたようなものですから、その気持ちも理解できなくはありませんけど、でもそれがキャシーの本音なのだから、そこは真摯に受け止めるべきでしょう。何せ今日は「キャシーが主役なのですから


そしてキャシーが言いたかったポイントもそこらしい。ポールはいつもキャシーのためと言いながら、その実、自分の事しか考えていない。選ぶケーキも、キャシーではなく、実は自分が好きな物を買ってくる。そして自分は都合よく、それがキャシーの好物だと思い込んでしまう。せっかくの「親切」も結局は

独りよがりな押し売り

では、そのありがたみも半減してしまいますよね


それに、ポールの(レニーに対する)人種差別発言も気になるところです。自分には黒人の友だちがいない~本人には悪気が無さそうなだけに、その偏見の根深さを感じさせられてしまいました。これは後にキャリーの発言からも感じたことですが(後述します)。


結局は身勝手でしかないポールに愛想をつかしたキャシーはついにレニーとの不倫旅行を決行してしまいます


その続きで9話はまさに「The Ecstacy and the Agony」(エクスタシーともがき)でした。旅行から帰った後も、キャシーが自宅にレニーを連れ込んで愛し合っていた現場をポールが目撃してしまいます。これに怒ったポールは、自分もティナと浮気をしてしまいました。俺たち、離婚しよう


また、ポールがキャシーの誕生日に声を掛けた幼馴染のレベッカも、ショーンと肉体関係を結びましたし、そのショーンの紹介で、あのマーリーンまでもが「現役バリバリの同世代と付き合うことにしたようです。これぞまさに

It's a privilege to grow old.
年を取ることは特権よ

でござりまするね


が、ようやく10話の「Divine Intervention」(聖なる仲介)に入って皆正気?に返ってきます


ポールから離婚を切り出されたキャシーは、今や何でも話せる親友となったマーリーンに、自分が浮気をしたのが原因だと白状しました。これを聞いたマーリーンが、即座にキャシーをぶん殴ったのがまた実に痛快でしたね~


Just because you have cancer doen't give you the right to be a destructive bitch.
ガンになったからって皆を傷つけるビッチになる権利はないよ!


キャシーに傷つけられたのはポールだけではありません。ひそかにレニーに恋をしていたアンドレアも同様です


これに気づいたキャシーが、アンドレアが聖歌隊に所属している教会へ行き、自分の罪を告白したのもまた良かったなあ


キャシーはそこで、ひとりの黒人の女性の帽子を褒め、

I've always wondered why black women wear these beautiful hats to church.
どうして黒人の女性は素敵な帽子をかぶって教会に来るの?

と、まったく悪びれることなく尋ねました。この時点でとても教育者のする質問とは思えませんが、するとその女性はいかにもむっとした様子でこう答えます


I wear a hat because women and not just black women should cover their heads while they're in the house of the lord.
私が教会に帽子をかぶってくるのは、人種に関わりなく、神の家で女性が頭をさらすのは失礼だからよ


日本なら、室内で帽子をかぶることこそが無礼とされていますが、こと教会となると話は別です。日本でも女性はベールをかぶりますよね


こうしてみると、ある意味、キャシーとポールは似た者同士=あまり物事を深く考えないタイプの、それはそれで幸せな人間だったに違いないと思わざるを得ませんが、キャシーの良いところは、自分の非を悟ったら即それを改めようと努力する点です


早速自分も素敵な帽子をかぶってミサに出席し、アンドレアは自分にとって特別な存在だと告げた後で、最近犯した罪をもすべて告白いたしました。でもさすがにガンだということは言えませんでしたが。


Pray for me, because I have managed to turn my once-average life into a complete fucking mess. I'm sorry. I'm sorry.
私のために祈ってください。かつては普通だった私の人生を完璧なク〇に変えてしまいました。ごめんなさい。ごめんなさい。


これでようやくアンドレアもキャシーを許してくれたのはよかったですよね。I'll see you tomorrow at school. また明日学校で


こうして何かが吹っ切れたキャシーはついに、自分がガンであることをポールに告白しました: I have cancer.


ショーンはともかくレベッカもまた、キャシーが嫌がるならショーンとの関係はほどほどにしようと、一応反省していたようです。ま、ここはどうなるか分かりませんが


キャシーのbigCも残り3話となったところで、シーズン2の放送が決まったようです。来月=7月15日スタートとは、また嬉しい限りでござりまするね。続きもとっても楽しみですキャシーのbigC S1もいよいよ終盤!


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.