2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

よみがえり レザレクションRessurection)のあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: よみがえり レザレクション(Ressurection) あらすじと登場人物一覧


海外ドラマ・【よみがえりレザレクション2】(Ressurection)の第8話は「憎悪」(Forsaken~見捨てられた)です。これまた何とも切なかったですが、ドラマとしては一気に盛り上がってきてどんどこ続きが見たくなるようなエピソードでしたね。これは是非全13話としてシッカリ完結させてほしいですね~中途半端ではもったいなさ過ぎです


以下簡単なネタバレのあらすじですよみがえり~レザレクション2のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


まず今回はよみがえりの人々の家の玄関に「レッドクロス(the Red Cross)」が描かれてしまいました。どうやらこれは「悪魔」を意味して描かれたようです。こんな嫌がらせを始めたのは、自らを

「The True Living of Arcadia」(アルカディアで本当に生きている人々)

と名乗っているカールを初めとした、よみがえりを認めない過激な集団です


今回はその形状から「逆十字」と訳されていたようです。レッドクロスではどうしても赤十字を連想してしまいますものね。でもこの「逆十字」は正式には「聖ペトロ十字」と呼ぶそうで、本来「悪魔」とは無関係なのだそうです。そう意味づけられるようになったのは60年代以降(ヘビメタ絡み)の事らしいです


ジェイコブのように幼い子供はともかくとして、遠い親戚や祖父母などのよみがえりはこれが原因で家族からも疎まれるようになりました。彼らのせいで、普通に生きている家族の安全が脅かされてはたまらない、というのが本音のようです


そうして「見捨てられた人々」は、トムの教会に集まってきました。ここはまるで姥捨て山のようで本当に胸が痛みました


自分もまたよみがえりのひとりであるマーティンはついに耐えきれなくなり、自分もまた彼らと同様であると告白してしまいます。これはトムに、よみがえりの人々に勇気を与えてやってほしいと、その告白を促されたからでもあります


マーティンはフレッドとともに、首謀者の一人と思われるジョーイ(Cullen Moss)という、仲間内では臆病者で知られている男に、事実を白状するよう詰め寄りました


Do I look different to you? You'd think someone with only one stone could respect other people's differences.
僕が君たちと違って見えるか?臆病者が「普通じゃない他人」を軽蔑できるのか?


これまでもきっとマーティンが黒人というだけで差別を余儀なくされただろうことは想像に難くありません。マーティンのこの血を吐くような叫びが、この過激な集団の一部の人間の良心には届いたらしく、フレッドに「決起」を知らせてくれたのは何よりでした


一方、こうした過激グループの行動を抑えるためにも、一刻も早くレイの病を治したいと考えたマギーは、ただ一人自然治癒したレイチェルにそのヒントが隠されていることに気づきます。胎児が免疫力を強めてくれたに違いない!


マギーは早速レイチェルに頼んで、その羊水の一部を採取させてもらうことにしました。レイチェルは喜んでこれを承諾しましたが、お腹に針を刺すことで流産の可能性がゼロではないと聞かされたトムは不安顔です。大丈夫、私で役に立てることなら


実際には何事も起こらなかったのですが、それを聞いたジェニーンが今度は激怒してしまいます。私の子どもに針を突き刺すなんて許せない!!


どうやらジェニーンは「奇跡」を信じるあまり、レイチェルを単なる「借り腹」だと思い込んでいるようなのです。あの子は神が私に遣わした子どもよ!!


ジェニーンはトムに黙ってレイチェルを姉の家に連れて行きました。とりあえずはお腹の子は大切なのでしょうから、危害を加えるようなことはないでしょうが、何せ「正気」とは思えないのが心配ですね~


レイチェルがようやくジェニーンの態度がおかしいことに気づき、トムに電話をかけてきました。トムはすぐにも駆けつけたかったのですけど、折悪しく、その時教会が過激派に襲われてしまったため、自分もまた投げ込まれた催涙ガスにやられてしまい、苦しみながら教会を出てきたところを、猛スピードで突っ込んできたカールに轢き殺されてしまいます!?トムが死んだっ!?


まったく~カールがマイキーを殺したくなる気持ちは分からんでもなかったけど、だからと言って皆が皆同じと信じ込む安易な愚かさが怖いですよね


また、前回ブライアンとウィリアムの関係に気づいたマーガレットは、再度ブライアンを訪ね、契約を破棄してほしいと言い放ちました


ここでマーガレットが持ち出した、昔のラングストン家に対する「Nasty rumors」(ぞっとするような噂)とは、いったいどんな噂なのでしょうか。マーガレットは、それが真実であれば、わが家に復讐したいと思う気持ちは止められない、と言っただけなのに、ウィリアムが契約を破棄したのはなぜなのでしょう?あそこはどう見ても、

わが家に害を与えたらその「噂」通りの悲劇が降りかかるだろう

と脅しているようにしか見えなかったんですが


でもヘンリーは、契約が壊れたのはマーガレットのせいだと薄々感づいたらしく、母には内緒でブライアンを訪ね、そこで「よみがえり」を告白して姿を現したウィリアムに背中を押された形で銀行へ行き、自宅まで担保に入れて融資を取り付けてしまいますウィリアムの目的は何だ?


予告ではこのウィリアムが先頭に立って、レイチェルとその子を糾弾しているように見えたのですが?レザレクション2が盛り上がってきました(^◇^)


も~続きが気になってなりませぬよみがえり~レザレクション2は、来週の放送が待ち遠しいですよみがえり~レザレクション2が面白い(≧▽≦)


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.