このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

スキャンダル
 社会派

韓国ドラマ 【スキャンダル】 あらすじと感想 第5話 偽のウンジュン

スキャンダルのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 韓国ドラマ スキャンダル あらすじと感想一覧


キム・ジェウォンさん主演の韓国社会派ドラマ、【スキャンダル】の第5話は「偽のウンジュン」です。これもまた何とも切ない展開でしたが、ドラマとして面白かったですね~。久々に韓ドラでワクワクさせられています。以下簡単なネタバレのあらすじです韓国ドラマ・スキャンダルのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


まず今回最も目立ったのはウンジュンの健気さでした。ウンジュンはあれほどまでに父=ミョングンに冷たくされても、それでもミョングンを心から慕っているのです。父が夜、怪我の後遺症で苦しんで眠れないのを知って、毎晩湿布を用意しているのも泣けてきます


が、今回ようやくミョングンがそのウンジュンの愛らしさを認めざるを得ない日がやってきました


どうやら今ミョングンは、テハ建設のライバルにあたるカンス建設で働いているようで、湿布を張らずに出かけたミョングンを心配したウンジュンが、建設現場に父を訪ねてきます。ここでは、以前テハの下で働いていた男性(チェ・ヨンミン)も一緒に働いていたようでした


そこへ、そのカンス建設に自社の内部情報が漏れていると聞かされたテハが、そのスパイを探るために姿を現します。これをテハに教えたのは2話に登場したチョ・チグク(アン・ソクファン)~倒壊したビルを撤去した責任者~でした。どうやら今は、入札に関わる仕事=公務員をしているようです。テハの口ぶりからすると、テハはその後このチグクの息子を引き立てていくようです。


まだ小さいウンジュンが危険な現場にいるのを見て、テハがその親を非難したのに対し、ウンジュンがキッパリとこれを否定して食って掛かっていたのが頼もしかったですね~


僕は自分の意志で来ました。父さんを悪く言わないで!


さすがのテハも即言い返すことができぬばかりか、そんなウンジュンを高く評価していたようです。


が、そうこうしているうちに、案の定、上から資材が落下してしまいました。危険な現場に幼い子を寄こすなというぐらいなら、その子を助けるべきだと思うんですが、卑怯なテハは自分だけ即座に身をかわしたため~こういう時に品性が出ますね~ウンジュンはあわや資材の下敷きになりかけてしまいますウンジュンが危ない!


でもそこはさすがのミョングンが、荷物より先に下に飛び降り、文字通り身を挺してウンジュンを庇いました。ミョングンは、テハに見つからぬよう、二人の姿を上からずっと見ていたのです


父さんが僕を庇ってくれるなんて!!


常日頃冷たくしていても、やはり父さんは父さんだと嬉しそうに、でも心配そうに泣いたウンジュンを、ミョングンはついに

本来いるべき場所に帰す

決意をします


一方、ミョングンが下を向いていたため、その正体にはまったく気づかなかったテハは(今度こそ)

「治療代」

だと言っていくばくかの金を置いていきました。足りなかったら請求するように、と。多少の良心はまだ残っていると見えまする


その後ついにミョングンがウンジュンを連れてテハの家へ行ったその時、中から自らを

「チャン・ウンジュン」

と名乗る男の子が出てきました。え?君もウンジュンなの??


それを聞いて驚いたのはミョングンです。今自分が連れてきた子がチャン・ウンジュンのはずなのに、なぜここにも同姓同名の男の子がいるのだろうか?


仕方なくウンジュンを連れ帰ったミョングンは、その後はきっとウンジュンにも愛情を注いでくれたに違いありません(と信じたい)。


一方、その偽物のウンジュンですが、ファヨンがソクボンへのあてつけに、マンボクをウンジュンに仕立てていました。が、その際ファヨンが、マンボクに息子である証拠として「ペンギンの絵」を持たせたことから、ソクボンにその「嘘」が見抜かれてしまいます。何せそのペンギンの絵は、つい先日までソクボンが隠し持っていたのですからね


でもなにせ自分が隠していたとは言えないため、ファヨンの嘘を暴くことができません。そこでソクボンはテハに、アメリカにDNA鑑定を依頼するよう提案しました。困ったファヨンは、昔抜けたのを取っておいたウンジュンの歯をサンプルとして送ったようです。


この歯がまた泣けましたね~。以前ウンジュンは、ミョングンの家で歯が抜けた時、ミョングンが一向に関心を示さなかったのを寂しく思っていたようなのですが、それはきっと、遠い昔、母親には喜んでもらえたことが記憶に残っていたからに違いないのです


こうして名実ともにチャン・ウンジュンとなったマンボクから、

家の前で僕と同じ名前の子に会った

と聞かされたファヨンは、それこそが本物のウンジュンに違いないと確信して走り出しましたが、時すでに遅く、そこには誰の姿もありませんでした


が、ウンジュンが誘拐されて以来、家の前に取り付けておいた監視カメラの映像を確認すると、そこには紛れもなく、成長した愛しいウンジュンがうつっているではありませんか!?チョン・ユンソク君、可愛いな~(≧▽≦)


こんなことを言ったら子役の子が可哀想だけど、どう見ても、あの可愛かったウンジュンがああなるとは思えませんよね~。テハがウンジュンに会っていたら、決して騙せなかったことでしょう


今さらマンボクを偽物とは言えないファヨンは、仕方なくその後もマンボクをウンジュンとして育てていきますが、やはりファヨンも、以前のミョングン同様、マンボクを疎ましく思ったことは1度や2度ではなかったようです。ファヨンは未だに本物のウンジュンを捜すため、ウンジュンの成長した姿のモンタージュを取り寄せていたのです。これはマンボクに非がある訳ではないだけに、マンボクがなんとも気の毒です


そして23年が経過し、ファヨンは弁護士に復帰、マンボク(キ・テヨン)もその後を継ぐかのように弁護士になっていました。一方のウンジュンは刑事になっていたようです。


~ここ、ふたりは「チャン・ウンジュン」と「ハ・ウンジュン」で区別すべきなのでしょうが、それでは本物のウンジュンがあまりにも気の毒に思えてならんので、敢えて「マンボク」と「ウンジュン」で統一させていただきます。後々支障を来すようであれば訂正させていただきまする~


このウンジュンが、凶悪犯を追いかけていた際に出会ったのが、1話に登場したウ・アミ(チョ・ユニ~イスク@棚ぼたのあなた)のようです。どうやらアミは身重の体で違法な屋台を出していたようです。


と、今回もまた盛りだくさんの内容でしたね~スキャンダルは続きもとっても楽しみでございまするスキャンダルが面白い( `ー´)ノ


スキャンダル DVD-BOX1スキャンダル DVD-BOX2スキャンダル DVD-BOX3

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はスキャンダルのレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング