2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

スキャンダルのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 韓国ドラマ スキャンダル あらすじと感想一覧


キム・ジェウォンさん主演の韓国社会派ドラマ、【スキャンダル】の第6話は「偶然の出会い」です。


これは以前からずっと感じていて、最近はほぼ確信していることなのですが、韓ドラの、いかにもミステリー然としたミステリーは(ミステリーとしては)あまり面白くないことが多いんですけど、こうした社会派ドラマ(や時代劇)には実にきめ細かな伏線が敷かれていることが多く、まるでミステリーさながらの謎解きと緊迫感を味わえるのが大いなる魅力となっています。そしてこの「スキャンダル」はまさにその代表とも言えそうです。以下早速ネタバレですスキャンダルのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


今回目立ったその「伏線」は前回ファヨンが取り寄せていた「モンタージュ写真」でした。ファヨンは、ウンジュンが一度は城北洞の家を訪ねてきたことを知ってからずっと、そして秘かにウンジュンを捜していたらしく、ウンジュンの成長した顔のシミュレーションを作らせては送らせていたようなのです。


我が子の成長した姿を目にして、ついついマンボクに冷たく当たってしまったファヨンに対し、マンボクは、何か心配事があるに違いないと、秘書に送信先を探らせたところ、それが、

警察庁、しかも「鍾路警察署の失踪児童係」

であると知ってしまいます。今や弁護士になったほどのマンボクですから、これが何を意味しているか分からぬはずがありません~と思うところなれど、それはまだおばさんの先走りかも知れませぬ。こう言う所は鈍いのですよね~韓ドラは


またこのモンタージュ写真は、病院で偶然ファヨンを見かけて、それがウンジュンの実母であると気づき、その後を追って事務所までやってきたミョングンの目にも飛び込んできます。今のウンジュンにそっくりなその顔を、なぜ実母のファヨンが持っていたのか?ミョングンは不安でいっぱいになってしまったようですチョ・ジェヒョンがまたいいな~(≧▽≦)。特に最近ウンジュンが

「ずっと気になっていることがある

と真剣な面持ちで切り出してきたのをかわしたばかりだったから尚更でしょう。


また「伏線」絡みで申し上げるなら、刑事の仕事が忙しく(父との気まずさもあるのかも)て9日ぶりに帰宅したウンジュンが、表札が汚れているのを見て、自分の着ていた洋服の袖でこれを拭いていたのもまた印象的でしたよね。何せ1話の冒頭でウンジュンは、この表札(ハ・ミョングン)を見て

「ハ・ウンジュンではなくチャン・ウンジュンだったのだ!

と怒りを露わにしていたのですから。この辺が実にうまいですよね~と感心しきりでござりまする


と、それはさておき、他のあらすじも簡単にまとめておきます


まず、母のファヨンとともに「法務法人・天下(チョナ)」(チョナ法律事務所)の経営を担っているらしいマンボクは、人権派の弁護士として無料弁護に力を注ぐと世間にアピールしていました。いわゆる「プロボノ」ですね~


その事務所にはミョングンの娘のスヨン(ハン・グル)が入所を希望していたようです。当然入ることになるのでしょう


自分は人一倍欲深く腹黒いテハも、そんなマンボクの様子には目を細めて容認しているようです。というのもテハは、マンボクを「大統領」にするつもりでいるようなのです。そのためにも、今は「清廉潔白な人物像」を確立しておけというのですね。当時は2011年だと思われますから、テハの描いているイメージは弁護士出身の盧武鉉元大統領というところでしょうか


大統領と言えば、テハはこの家から二人目を出すと語っていました。この一人目は誰を指しているのでしょうね~とついついこういう細かいところが気になってなりませんの


あの家はどう見ても以前登場した「総裁」の家だったように見えたこと、またその総裁がいかにも全斗煥元大統領に似ていたことから類推するに、あれは辞任後かつ処刑前の全斗煥氏だったのでしょうかきゃ~!楽しすぎでしょ(≧▽≦)


そんな二人の会話を聞いていたファヨンの表情は実に複雑でございました。あれ以来、ファヨンはずっと家族にすら心を開かない「冷たい女」としてテハから見られてきたようですが、それも全ては、そこには誰もファヨンにとって本当の家族がいないからだけですのに


一方、ソクボンとテハの娘のジュハ(キム・ギュリ~ソンイ@武神)は、テハの会社で大いにその才能を発揮していました。性格も好みもテハに似て激しい反面、愛人の子であることは依然として彼女を苦しめていたようです。でも戸籍は~ソクボンの勧めもあって~ファヨンとテハの実子となっているようでした。


また、これらとは少し離れて、前回登場したアミの恋人=コン・ギチャン(ヤン・ジヌ~@大望)は、どうやらミョングンと同じ職場で働いているようです。話しぶりからすると、ミョングンは単なる契約社員?で、ギチャンは正式な社員のようでした。


今回ミョングンはカンス建設が施工を行っているマンションで手抜き工事が行われていることを突き止め、これをギチャンに相談していました。ギチャンは自分も結婚後にアミとそのマンションに住む予定になっていたため、驚いてすぐに本社に報告すると言いだしますが、ミョングンはこれを思いとどまらせます。


上に報告したところで聞いてなど貰えない。下手をすれば君がクビになってしまう


そしてミョングンは、これをチャン・テハに話すよう勧めました


チャン会長は昔倒壊事故を経験しているから、きっと話を聞いてくれるはずだ


その上ミョングンはそれだけにとどまらず、万が一の時のために、テハの「不正の証拠」をギチャンに渡し、これでテハと取引をすればよいと付け加えます。その中には、テハが、ソウル住宅課局長のチグクに渡した賄賂も記されていたようです。いやいや、それはミョングン、甘すぎでしょうそこまでテハを信じちゃダメだ!


案の定、テハはギチャンから不正の証拠をちらつかされて、即座にギチャンを黙らせるよう命じました。これをテハが命じたのが、今やテハグループに入ってテハの犬となりさがったカン・ジュピルです。テハは「設計しろ」と命じていましたが、つまりは殺せということでしょうか。こちらは元からテハの犬のガンホもギチャンを狙っていたようなので心配ですガンホが怖すぎ(;´・ω・)


そんなこととは知らないアミは、将来は検察事務官になるのが夢だそうで、ウンジュンが屋台を壊したことがどうにも我慢できず、無料弁護を引き受けているマンボクに相談しに行きました。そこで

「ハ・ウンジュン」

の名前を聞いていたマンボクは、その後、

刑事の車に当て逃げしたジュハ

の身元を引き受けに行った先で、ウンジュンに再会しています。ふたりとも、昔会った事はまったく覚えていないようです。


と、今回はこれぐらいだったでしょうか


韓国ドラマ・スキャンダルは続きもとっても楽しみですねスキャンダルが面白い(^^)/


スキャンダル DVD-BOX1スキャンダル DVD-BOX2スキャンダル DVD-BOX3

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.