2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

HOMELAND S3ホームランド3)のあらすじと登場人物、キャストはこちらからご覧いただけます: HOMELAND S3 (ホームランド3) あらすじと登場人物、キャスト


Homeland S3】(ホームランド3)の第9話は「再生への道」(One Last Thing~残された道)です。これまた見ていて胸が痛くなるようなエピソードでございましたホームランド3が面白い(≧▽≦)。以下簡単なネタバレのあらすじですホームランド3のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


なんとソールは、ブロディを再びCIAの作戦に使うつもりでいました。ブロディは今やイランにとって

「祖国の敵=アメリカのCIAを爆破した英雄」

ですから、二重スパイに仕立てるにはもってこいの人物なのです。もちろんブロディは爆破などしていませんが、ナジール、そして本物の実行犯が始末された今となっては、何とでも言い訳できますものね


が、ブロディはすっかり弱り果てていました。薬物中毒の上に、酷い脱水症状や貧血はともかく、C型肝炎やHIV感染の可能性さえあると言います。ロックハートのCIA長官就任まであと6日しかないというのに、そんなに短い期間でこのブロディを「使える」までにできるのでしょうか?


今ブロディは、ヴァージニアのダムネック基地に連れてこられ、そこの特殊作戦チーム(special ops team)に預けられているそうですが、そもそもブロディ本人がまったく生きる意欲を失っていますあのまま死なせてほしかった1


この様子を見たダールは、通常通りの方法では生ぬるい、とイボガインという過激な薬物を使うよう提案しました。どうやら責任者らしいトゥラニ(Jared Ward)は、副作用の危険性が大きいと止めましたが、ダールは耳を貸しません。実際これを使われたブロディは、亡きトム・ウォーカーやナジールの幻影に苦しんでいたようです


一方、ピーターに腕を撃たれたものの、神経は無事だったというのに、CIAの意向でいまだに入院中のキャリーのところには、ロックハートがやってきました。ロックハートは、ソールがカラカスにいったことを突き止めたらしく、その目的をキャリーに問い詰めてきたのです。


~あの様子からして、キャリーの妊娠(13週目)についての情報は一切漏れていないようです。そこはCIAとはいえさすがに「守秘義務」があったようなのはホッとしました


キャリーは、ソールの行き先は知らなかったものの、それが「カラカス」だと聞いて即、ブロディの下へ行ったと悟ったようです。もちろん、ロックハートには何も言いませんでしたが、こちらも早速、ロックハートがキャリーに「カラカス」について尋ねたとの報告を受けたソールは全てを察し、キャリーに会いにやってきました。


キャリーはそこで、ソールがすべてを知っていたものと勘違いしたようですが、ソールはこれに対してはキッパリ否定し、ブロディがあのような酷い状態になっていたこともまったく知らなかったと説明します。


I have a play. It involves Brody. And I'm hoping you'll convince him it's in everyone's interest.
ブロディを作戦に使うつもりだ。それが皆の利益になると彼を説得してほしい


ソールはブロディをイランに「政治亡命」させ、ジャヴァディのボスにあたるダーニッシュ・アクバリという革命防衛隊のトップ(Head of Iran's Revolutionary Guard)を暗殺させるつもりらしいのです。アクバリが死ねば、その後継者はジャヴァディ、ジャヴァディが総司令官になれば、彼を送ったCIAがイランの中枢部を操れる、という筋書きです


もしジャヴァディが途中で寝返ったとしても、何かは前進するかもしれない。これまでずっと戦い一辺倒だったアメリカとイランの関係が、何かしら変わるかもしれないのだと力説するソールには、キャリーも逆らうことができません


何よりも、それでブロディの汚名が返上できれば、キャリーにとってもこんなに嬉しいことはないはずなのです。そうすれば、お腹の子にも父の話をしてやれます


たとえCIAを爆破していなくても、自爆テロをしようと試み、カラカスでは尊師夫婦殺害にも関与したというブロディを救う道は、もうこれしか残されていません。それに加えてブロディは、トム・ウォーカーや仕立て屋の男、それに副大統領までその手で殺しているのですものね。ソールの脅しも、決して的外れではないのです


We both know what you've done. We both know what you are. A man who's dug himself into a hole so deep, common sense would tell you there's no way out. (I am telling you, though, that there might be.)
我々ふたりとも君がしたことを知っている。君が何者なのかもしっている。ここまで落ちた人間が這い上がるのは常識では考えられない。(でももしかしたら道が残されているかもしれない)


もういちど「海兵隊(Marine)」に復帰しろとのソールの勧めにはでも、ブロディは決して首を縦に振りませんでした。


そこでキャリーの出番です。キャリーはブロディにデイナの姿を見せに行きました。デイナは今、モーテルで掃除をしながらそこで暮らしているようです。


「デイナっ!デイナに会わせてくれっ!!


会いたかったら立ち直ることだと突き放したキャリーに、ブロディは最初こそ悪態をつきましたが、その後は心を入れ替えて、訓練に励みました。今デイナに会ったとしても、また嘘を重ねるだけだと言われたことがよほど堪えたようです。


そこで問題になるのは「タイムリミット」だったのですが、実に良いタイミングでロックハートがボロを出してくれました。ソールは、ロックハートに「カラカス行」を知られたことから即、ヴァージルやマックスに命じて自宅を捜索させました。優秀なふたりはすぐにあのマウスから盗聴器を発見し、その送信先を突き止めます


そこに現れた男の写真を撮ってソールに報告したところ、ソールはそれが妻の恋人=アラン・ベルナードと気づき、すぐにアランを捕えさせました。するとアランはあっけなく、自分がイスラエル諜報機関のスパイであり、ロックハートに命じられてソールの家を盗聴したと白状したそうです


(イスラエルの)ベナユン大使に電話したら国際問題になり、マスコミに明かせば、君は明日の新聞の一面トップを飾るだろう


これでロックハートを失脚させることもできましたが、ミラの恥になることはしたくないと考えたソールはロックハートと取引をしました。CIA長官就任を数週間伸ばしてくれればこの件は不問に付そう


こうして時間稼ぎをしたおかげで、ついに誰もが認める

「海兵隊の誇る英雄=ブロディ

が戻ってきた時、ブロディは満を辞して娘のデイナに会いに行きました。そこはキャリーがそっとブロディを連れ出してくれたようです


が、デイナの方はブロディに会いたくなかったようです。ブロディがどんなに自分の無実を伝えようとしても、もう二度と来ないでくれの一点張りです。でもこの子のことだから、本心は違うのかもしれませんけどね~そうであってほしいですが


それでもブロディが、ずっと自分を心配して見守ってくれたキャリーにこう言ってくれた時は嬉しかったですね~


I will come back from Tehran.  And not just for her.
テヘランから必ず戻ってくる。デイナのためだけじゃない


統合特殊作戦コマンドとともに旅立つブロディを見送りながら、キャリーも本当のことが言えたらどんなに良かったことか~私のお腹にはあなたの子がいるのよ!それもまた、ブロディが名誉を回復するまでは決して口にはだせんのでしょうか


実際にはこれしか言えなかったのもまた切な過ぎですホームランド3から目が離せない!


See you on the other side.
あちら側で会いましょう


キャリーの言う「on the other side」は常識的に考えれば「来世でしょうが、キャリーの事だから自ら「あちら側に(イランへ)」乗り込んでいく~こともあるかもしれませんよね


果たしてブロディは、この「任務」を無事遂行することができるのでしょうかブロディ、死んじゃダメだ!?あれこれ想像するだけでもう心配で心配でまったく気が気じゃありませんホームランド3が待ち遠しい( `ー´)ノ


ホームランド3は続きがとっても待ち遠しいです



HOMELAND/ホームランド シーズン3(SEASONSブルーレイ・ボックス) [Blu-ray]

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.