このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

キャシーのbigC シーズン1 あらすじと感想 第11&12話 旅立ちの時 ほか

キャシーのbig C いま私にできること】(The Big C) S1もいよいよ終盤です。ここに来てまさかこんな展開が待っていようとは、思いも寄りませんでした


以下、11話「新しい始まり」(New Beginnings)と12話「旅立ちの時」(Everything That Rises Must Converge=すべて上昇するものは一点に集まる~Flannery O'Connor著)の簡単なネタバレのあらすじですキャシーのbig Cのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


まず、キャシーがガンだと知らされたポールの動揺ぶりがいかにも真に迫っていて、共感しきりでございました。ポールは、何とかしてキャシーの力になろうと、まずは髪を剃り落す決意をします


ガンキーモ髪が抜ける


だから自分も一緒にその不自由を味わおうとしたのです。でも、キャシーはキーモ=化学療法を受ける予定がありません。キャシーのガンの段階ではむしろ抗がん剤による体へのダメージが大きすぎると判断されたからです。


このあたりの配慮は当然なされるべきですよね。治療法がないと言われるのはショックかもしれませんが、化学療法とて万能ではない、むしろ無理な化学療法を行うことで寿命を縮めてしまうことも皆無ではないのですから


その後もポールは大いに葛藤を続けていきます。キャシーが自分の病を知って黙り込んだのとは正反対で、誰かにこの話を聞いてもらわなければ気が済まない、というのが、この二人の好対照なところです。


ポールが職場で皆にこれを打ち明けていた際、「夫がガンになった女性」がいると聞いてこれではパンデミック(世界規模な感染)だと騒いでいたのもなかなか辛辣でした。これまで自分の身近にいなかっただけで=自分に関心がなかっただけで、今も昔もガン患者はたくさんいたのに、それにまったく気づいていなかったのですから


早速話を聞きに行ったところ、どうみてもその女性=シェリルは、話すのを避けているらしいのに、ポールはこれにもまったく気づきません。以前もキャシーに指摘されていたように、ポールはどうも

「他人の身になって考える」

という思考が苦手なタイプのようです。自分がこう思っているのだから、他人も当然そう思っているに違いない、ガン患者を配偶者に持つ人間はその悩みを誰かと分かち合いたいはずだ!と思い込んでしまっています。


でもどうやら、シェリルの伴侶は最近亡くなってしまったようなのです。シェリルは毎日祈りに祈って耐えてきた~苦しむ夫を最後まで看取り、今はようやくその死を乗り越えようとしている最中だったのに、またしても、しかも

赤の他人の悩み

を聞かねばならないなんて苦痛以外の何物でもありません


Excuse me for not wanting to talk about it, because that means reliving it.
思い出すのが辛すぎて話したくない


シェリルがこうしてハッキリ言ってくれたことで、ポールはようやく1つの真実に辿り着くことができました


I get why you didn't want to tell me. Telling people sucks. I also get why maybe you needed to kick me out so you could be alone for a while.
君が俺に言いたくなかった訳が分かった。言えばいいってもんじゃない。俺を追い出したのも一人になりたかったからなんだな


今のポールなら、一緒にいても大丈夫そうです。それどころか、家に戻ってきたポールはキャシーの仕事を全て肩代わりして、家事一切を引き受けるようになります。その働きぶりたるや、洗濯は私の生きがいだから取らないで~とキャシーが逆に頼むほどです


そのキャシーは、今回ついに民間療法を受けることになりました。一緒についていくというポールを断り、主治医のトッド(Reid Scott)とともに訪ねたのは、カナダのDr. bee man(ドクター・蜂男~Liam Neeson)のところです。


残念ながら、蜂療法はあまり効果がなかったようですけれど、そこでトッドがキャシーにキスをして恋を告白したシーンは何とも切なかったですね。キャシーはトッドの気持ちをとても嬉しく思いながらも、優しくこう言って聞かせたのです


But Todd, you have to pick the girl who lives.
でもトッド、あなたは生きている女の子を選ばなくちゃダメよ


何せキャシーは、トッドがオンコロジストになって初めて余命宣告をしなければならなかった相手なのですから、思い入れが強くなってしまうのも当然です


と、これだけでも十分感動的だったのに、キャシーが留守をしている間、隣のマーリーンにとんでもない出来事が起きてしまっていました。以前から少しずつ兆候の見られたマーリーンの認知症が進み、マーリーンはアダムを認識できなくなった上、泥棒と勘違いして銃を突き付けてしまったのです


息子が殺されそうになったのがどうしても許せなかったポールは、マーリーンに銃を寄こせと詰め寄りました。これでようやく自分のしたことに気づいたマーリーンは、自分が「壊れた」(I'm Looney Tunes)と観念し、自らの人生に幕引きをする決意をしてしまうのです自殺するしかほかに道はなかったんだろうか(;´・ω・)


最初は色々ありましたが、今では大親友となったキャシーに遺した手紙がまた泣けましたアンタが来るときはあたしが出迎える、には号泣でした(;O;)。実にシンプルな英語なので(だから余計に心打たれる)訳は必要ありませんね


Dear Cathy,
I wanted to say thank you for being my friend.(中略) 
Don't be afraid. When it's really your time to go, I'll be waiting for you.
But until then, live your life as hard as you can.
That's it. That's all I wanted to say.
Love, Marlene.


来週はいよいよシーズン1の最終回ですangel onpu


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はキャシーのbigC いま私にできることのレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング