2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

スキャンダルのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 韓国ドラマ スキャンダル あらすじと感想一覧


キム・ジェウォンさん主演の韓国社会派ドラマ、【スキャンダル】の第7話は「悲しい花嫁」です。以下早速ネタバレですスキャンダルのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


やはりギチャンは口封じのために殺されてしまいました。どうやら手抜き工事をしていたマンションの施工をしていたのもテハの会社だったようですね。この辺は、会社は別でも、テハが「グループ」として統括しているのか、それともどこかがカットされたのか今一つ明らかではありませぬが。経緯(あらすじ)はこうです


テハは工事の見直しを約束してくれたものの、ギチャンは、自転車のハンドルの中に隠したテハの不正の証拠=「Th-list」をことが気になってならず、もうじき結婚式だというのに、アミの話にもまったく上の空でした。このリストと「ゼウス」ってどんな関係があるのでしょうね?


そしてこのギチャンの悪い予感は見事に的中してしまいます。ギチャンがテハの会社で見かけた男(ガンホ)が、ギチャンの部屋に忍び込み、既にリストを物色していたことが明らかになったのです。声を挙げたらただじゃおかない(殺す)と言わんばかりのジェスチャーに気が気じゃないギチャンを咎める能天気なアミにはイライラさせられましたも~アミ、それどころじゃないんだってば!。ギチャンは、身重のアミを最も心配していたのに


この時は何とか難を逃れたものの、その後ギチャンはテハに呼び出されてしまいました。テハは、手抜きを指摘された工事中のマンションにギチャンを呼び出し、金も地位も与えるから、手抜き工事と不正には目をつぶれと脅しますが、正義感の強いギチャンはこれをキッパリ断ります


これでテハはあっさりギチャンを殺してしまいました。実際に手を下した=ビルから突き落としたのはガンホです。そもそも、素人のギチャンに、やり手のテハと交渉させようとしたミョングンの考えが甘すぎました


これが、結婚式の当日だったことから、アミは式場で待ちぼうけを食わされることになった挙句、この事件を担当することになったウンジュンからの電話を受けて、ギチャンが死亡したと聞かされてしまいますいきなり未亡人だなんて(;´・ω・)。しかも、これは当然偽装工作でしょうが、アミにはギチャンから、いかにも「自殺」を仄めかすようなメールが送られてきています。


花嫁衣装のままで現場にやってきたアミの姿に、それが自分に410万ウォンもの損害賠償を要求してきた張本人だと認識しながらも、アミを襲ったあまりの悲劇に、さすがのウンジュンも何も言うことができません。その現場には、あの自転車も放置されていたようです。


一方、前回このウンジュンに緊急逮捕されたジュハは、マンボクに頼んで、今回の事故の記録を一切闇に葬ってしまいました。ジュハは当て逃げをしたのではなく一応は自分の名刺を置いていったこと(それが下に落ちてしまった)、ジュハが夜中に自分の車で暴走するのを心配したソクボンが、自分の車を「盗難車」として届けていたことも明らかになったため、ウンジュンもそれ以上追及しようがありません


警察に呼ばれたソクボンが、エラソーに「自分達はロイヤルファミリーだ」とのたまうのが、いかにも間が抜けていましたね。あれだけ、今のチャン・ウンジュンのことを

「偽物だ、クム・マンボクだ

と罵っていたくせに、目の前にいるウンジュンが「本物」だと気づかぬとは


また、ファヨンが「現在のウンジュンにそっくりなモンタージュ」を持っていたことがミョングンを大いに悩ませています。これに関してはマンボクも同様で、ファヨンに内緒で、ウンジュンのいる鍾路警察の失踪児童係で詳細を確認しようとしたものの、本人にしか答えられないとキッパリ断られてしまいました。やっぱり~まだ気づいていないようです鈍すぎやん(;´・ω・)


また、どうやら父ミョングンのため?に刑事になったらしいウンジュンが、ミョングンの制服を毎年クリーニングに出しているというくだりには泣かされました。まったく~この子はどんだけイイ子なんでしょうか


と、今回はこんな感じでしたでしょうか


スヨンが天下(チョナ)弁護士事務所に入所したことで、今後はファヨンとこのスヨンの接触にも注目していきたいです。「スキャンダル」は続きもとっても楽しみですスキャンダルも楽しみ( `ー´)ノ


スキャンダル DVD-BOX1スキャンダル DVD-BOX2スキャンダル DVD-BOX3

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.