2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

情熱のシーラのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 情熱のシーラ あらすじと感想一覧


情熱のシーラ】は3話の「針と銃」も実に面白かったですね~。もうすっかり画面に釘づけになってしまいました。これはミステリーに分類しても良さそうです。以下簡単なネタバレのあらすじです情熱のシーラのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


見知らぬ人々の間に放り込まれたかに思えたシーラでしたが、第一印象通り、カンデラリアは世話好きのなかなか優しい女性で、すっかりやせ細って体力の無いシーラを、まるで療養中の客さながらに面倒見てくれました。これを心苦しく思ったシーラは、どうやら下働きらしいジャミーラとともに働くと主張しますが、あと3キロ太るまではダメだと叱られてしまいます


下宿には、モロッコ独特のリアド(中庭)があって、下宿人たちは皆そこで楽しく食事をとっていますが、その話題はやはりスペインの内乱に集中しておりました。皆口は悪いし平均年齢はかなり高そうですが、心根は良い人ばかりのようです


中でもシーラが興味を持ったのが、こちらはあまり人の良くなさそうなアンドレース・コルデーロでした。午前中は税関で働き、午後は何かを売買しているという触れ込みでしたが、その何かというのが実は

「偽造パスポート」

だったとは驚きです。シーラは、アンドレースの部屋を掃除しようとした際にベッドの下に水をこぼし、そこでたくさんのパスポートを見つけてこれを知ったのです。


母の待つスペインにどうしても帰りたかったシーラは、アンドレースにパスポートの手配を頼みましたが、いかにも貧相なシーラの願いはあっけなく断られてしまいました。金も色気も無い女の頼みなど聞けるものか


そこでシーラは、とにかく金を稼ぐのが先決とカンデラリアに職を探してくれるよう頼みました。が、ここで肝心の「特技」について何も説明しなかったため、あわや、美容師にされそうになってしまいます。鋏は鋏でも、切る対象が違いましたね


ある時シーラは、カンデラリアが(贅肉が付きすぎて)破れたスカートを見て嘆いていたのを知り、そのスカートのサイズ直しをしてあげました。すると、よほど履きやすかったのか、カンデラリアはすっかり感動してしまいます


この子の手は黄金の手だ!


その後も、コートやらなにやら、新しい洋服を次々と作り出したシーラは、見る見るうちに下宿の人気者になってしまいました。やせっぽちのベニータや、最年長らしいサグラリオ、そして気の弱い息子のファニートと一緒の、こちらは信仰厚いナショナリスト(反乱軍)支持のエルミニアも、それぞれの個性や体型に合ったドレスを設えてもらっています。もちろんカンデラリアは皆からマージンを取ることも忘れません


~ちなみにここにはアンドレースやファニートの他にも男性の下宿人がいますが、いかにもさえない風体なので顔の区別がつきません。女性陣が反乱軍を支持しているらしいのに対して(宗教絡みでしょうか)、男性陣は全員、共和党を支持しているようです


こうして、体重とともに本来の自分を取り戻したシーラには、アンドレースが自ら近寄ってきました。金はいらない、自分を喜ばせてくれれば、欲しいものを作ってやろうと言いだします。


覚悟を決めたシーラはでも、さすがに少しは成長したのか「駆け引き」することを忘れません。旅券(パスポート)が先よ


こうして約束の時間が来て、いざ、アンドレースの部屋へ行こうとしていたその時、バロマレスが下宿に踏み込んできました。バロマレスはアンドレースが密売人だと知って捕まえにやって来たのです。清濁併せ呑む風のカンデラリアも、このアンドレースの裏の顔には気づいていなかったようです。


アンドレースはここでバロマレスに引っ立てられる前にこっそりシーラに耳打ちをしていきました


3番目のタイルに・・・


シーラは当然これはパスポートの事だと思い、その後必死でアンドレースの部屋の中を捜しましたが、そこで出てきたのはパスポートではなく、なんと山の様な拳銃だったのです!?アンドレースは分かっていて言ったんだろうか(;´・ω・)


一方、カンデラリアは、シーラの腕は金になると見込み、今、ジブラルタル海峡の封鎖でモロッコに閉じ込められた金持ちのご婦人方~大佐や将軍の婦人たちを相手に、高級服を仕立てて一儲けしようと考えていました。それには、しょぼくれた下宿ではなく「豪華な店が必要だ、と主張しますが、下宿で出す食事にも困る毎日だったのに、そんな金があるはずもありません


そこに現れたのがこの「拳銃」だったのです。カンデラリアは早速これを売り払う手はずを整えました。どうやら反乱軍側に売り渡すようです。


アンドレースが出所してきたら、警察が押収したって言えばいいさ


最初はカンデラリアが、あのでっぷりとした体格に紛れて銃を体に縛りつけていたようですが、あとちょっとのところでバロマレスに出くわしてしまったのだそうです。幸運にも銃は見つからなかったものの、未だにカンデラリアの関与を疑っているバロマレスは、今晩下宿に来て家宅捜索をするといきまいていたそうです


そこでシーラが代わりに取引現場に向かうことになりました。シーラは嫌がりましたが、カンデラリアが励まします


店を出さなきゃお母さんも助けてやれない!先に進むにはやるしかないのっ!!


こうして「あのシーン」がやってきました。体中に銃を縛りつけたシーラはその後、モロッコ人を装って大きな布を身にまとい、厚化粧を施した目だけ出して夜の町へと飛び出していきます。


ここは、どこへ行っても似たような路地が続くため、シーラはまだこの辺には不慣れだろうに、などと余計な心配までして見守っていました。特に、前方に現れたモロッコ兵たちに驚いたシーラが踵を返して走り出したシーンには心底ハラハラさせられましたシーラ、危ないっ!。取引現場へ行くためには、プエルタ・ラ・ルネータ通りを抜けねばならないのですが、そこは駅に近いためか、検問所もあるようなのです。


が、シーラはそこで予定通り「足の悪い老婆」を装ってうまく切り抜けることに成功しました。取引場所の酒場に着いたシーラは、ロベルトという男性の手を借りて拳銃を外し、代金(9500ペセタ)を受け取ります


君を信じる。銃は線路沿いに行ったところの最初の駅名の標識の所に置いてくれ


既に追手が迫る中、窓から飛び降りてひた走ったシーラは、見事に約束を果たしました。途中靴が脱げたのも構わず、再びあの検問所を通過していきます


予告では、大金を手に入れたシーラとカンデラリアが、シーラにピッタリの工房を見つけ出し、仕立て屋を始めたようです。でも、さすがにバスケス署長の目はごまかせそうにありません。それにどうやら、シーラが父から譲り受け、ラミーロが持ち逃げしたはずの宝石が出てきたようなのですが?


いや~これはますます面白くなっていきそうですね。「情熱のシーラ」は続きもとぉ~っても楽しみでござりまする情熱のシーラが面白い(^^)/



小説も面白そうです


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 2

There are no comments yet.
Dodo  
五感のあちこち

Konにちは。

二週間ほど地中海クルーズで傷心旅行をしてきました。
途中、モロッコのタンジールとテトゥアンにも足をのばし、
極秘ミッション中のキャリー捜査官にも接触しました。
渡航費用は、ヨンチョル丞相の秘密資金を流用して。

Not半島に住み、トホホな毎日を送つてゐる僕は、
そんなMidsummer Night's Dreamでも見たくなります。

しかしまあ、素敵な中庭での食事の騒々しいこと。
怒鳴り声のみならず、果物まで飛び交ふ、かういふの好きです。
戦場のやうな、「スペイン語の音」の応酬は耳に快く残りました。
ダウントンの食卓ではあり得ない光景ですね。
「心の中の野性は秘めたままにしておいてほしかつたわね」
とおつしやるでせう、あの方が。

建物や衣装などの影響でせうか、「白色」の映像がとても印象的です。
また、人気のない迷路のやうな路地の眩惑感や、
裸足で歩く石畳のひんやりとした感触なども伝はつてきました。
このドラマを見ると、鈍つた五感のあちこちが刺激されます。

理詰めに筋立てを追つたり、台詞のニュアンスを味はふことは少し脇に置き、
ジェットコースターにでも乗つたつもりで、話の展開に素直に身を任せます。
自分では認めたくないのですが、僕も「戦もの」が少しだけ好きなのです。

3番目の畳を捲らねばなりませんので、ではまた。

(追伸)衝撃的な「あのシーン」で、シーラに拳銃を縛りつけてゐるのは
母親ではなくカンデラリアでしたね。一寸似てゐて、初回では間違へました。

2015/06/24 (Wed) 00:47 | EDIT | REPLY |   
Dodoさんへ  
もしや?(゜o゜)

Dodoさん、こんにちは~♪

もしやDodoさんは韓ドラもご覧になるのですか!?(゜o゜)

んま~地中海クルーズとは羨ましい、
んんん?キャリー??って、もしや?と読み進めながら、
(今はもう寝ても覚めてもホームランドですvv)
「ヨンチョル丞相」で椅子からずり落ちそうになりました(爆。

まったく~相変わらずお人が〇いですね~(^_-)。

カンデラリアとシーラ母は感じが似てますよね~私も迷いましたもの。

そうそう、あの象牙色のような「白」がまた素敵ですよね。
全体の映像も少しだけセピア色がかった風なのも気に入っています。
それもまた五感を刺激するのでしょうか。
私もイメージトリップは得意な方です~何せ妄想族なので( *´艸`)。

戦ものはいいですよ~体全体がワクワクして
新陳代謝が活発になります(笑。

うふふ、畳をめくったら何か良いものがでてくるといいですね~。
でもMrs.Dodoからは「ついでに大掃除」も頼まれそうですね(^_-)。こん

2015/06/24 (Wed) 09:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.