2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

殺人を無罪にする方法のあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: 殺人を無罪にする方法 あらすじと登場人物、キャスト一覧


リーガルサスペンスドラマ、【殺人を無罪にする方法】(How to Get Away with Murder)の11話は「司法取引」です。英語の方はまた一層辛辣で「Best Christmas Ever(かつてないほど素晴らしい最高のクリスマス)。


この11話もまたいつものように、個別の事件とサム殺害事件の2本立てだったのですが、ここに来てなんだか嫌~な予感がしてきたのはおばさんだけでございましょうか。以下簡単なネタバレのあらすじ感想文です殺人を無罪にする方法のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


まず、今回最も目についたのは、ウェスのアパートにある「壁の引っ掻き傷」でした。これまでもずっと気になってはいたんですが、すぐに他のシーンに目を奪われてついつい語れずにいたこの傷は、やはり何か大きな意味を持っているとしか思えませんでしたよね


しかも、ウェスを初めとするキッズは、サム殺害の罪悪感からそれぞれに悩みを抱えているというのに、特に自分を庇って人殺しにまで及んだウェスが毎晩悪夢にうなされているというのにひとりだけ平気な顔をしているレベッカが、何とも薄気味悪く思えてきてしまいます


ここであれこれ言ってもまだ妄想にしかなりませぬが、もしや、この「ひっかき傷」をつけた以前の住人、ウェス同様法学部の学生だったというルディ・ウォルターズは、単に引っ越しただけではなく、レベッカに何かされた(殺された!?)のではないのでしょうか。となると、ライラを殺したのがサムだったという話にも信憑性が無くなる気がするんですがライラを殺した犯人は本当にサムなのでしょうか?!


このドラマでは今のところ、ライラとサムが殺されたことは確実ですが、サムが殺されるシーンはこの目でハッキリ見たものの、サムがライラを殺したシーンは、まだ一度も目にしていないというのもおかしな話ではありませんかサムはライラを殺していないのかもっ!(≧▽≦)?まさに今あるのは

「状況証拠のみ

なのですえ~すごい大どんでん返し!(≧▽≦)。ハンナが言っていたように、サムが女子寮にいたところも、誰にも見られていないそうですし。まあこれもまた「ひっかけ」かも知れませんけど


このハンナも、思っていたほど悪人(?)ではなさそうです。


「don't try to psychoanalyze me」
(私を精神分析しようとしないで)

というアナリーズの台詞からして、どうやらサム同様心理学者のようで、アナリーズにとっても、少なくとも表向きは理解ある義姉だったようですし、最初は、サムをライラ殺害犯と決めてかかってサムを捜そうとしないアナリーズを責めたてていましたが、アナリーズからサムの浮気についての真相を聞かされた後は、アナリーズに同情しているようにさえ見えました


が、それもあのニュースが報道されるまでですよね~きっと。なんとついにサムのバラバラに切断された遺体が発見されてしまったそうなのです。これできっとハンナは、アナリーズがサムを捜そうとしなかった理由について思い当ったに違いありません。あの女がサムを殺した犯人よっ!!アナリーズにはサムを殺す動機がある!


~ちなみに、サムが殺されたあの「かがり火」の日は12月13日だったそうです~


このハンナの出現によって、キッズが動揺することになるのかと心配されましたが、それ以前に彼らの受けたショックは計り知れぬほど大きかったらしく、せっかくのクリスマスや大晦日も、心穏やかに過ごすことはできなかったようです


ウェスは実家には戻らず、前述した通りアパートで悪夢に悩まされていましたし、どうやら実家はフロリダ・ウェストパームビーチらしいローレルは、スペイン系の両親=ホルヘ(José Zúñiga)とエレナ(Brynn Thayer)がいかにも能天気なのに腹を立てて、兄=エイドリアン(Innis Casey)のとりなしも聞かずに家を飛び出して(追い出されて)きたようです。


無くした指輪の代わりに、チャイナタウンで安物を買ったというミカエラは、クリスマスはエイデンの家族とイーストハンプトンの彼の実家で過ごした後「Gracie Mansion(ニューヨーク市長公邸)での大晦日を迎えたのに、エイデンが男性と親しげにしていた姿を見て、またしても悪癖を出したか、とばかりに責めたてたことがエイデンの怒りを買い、結婚を延期されてしまいます


相変わらず罪悪感に悩まされているコナーは実家でクリスマスを迎え、そこで姉のジェマ(Jennifer Christopher)に恋人(オリバー)ができたと打ち明けていました。ジェマは早速結婚させると張り切っていたようです。そういえば昨日ようやく「全米で同性婚が合法化」されましたね


このコナーを最も悩ませていた「車」は、どうやらフランクがこっそり処分したようです。ローレルが相談した時は知らん顔をしていましたが、証拠の塊を放っておくはずはありませんよね。またフランクは、とあるニューヨーク北部に住む警官の妻がサムをドライブインで見かけたという通報まで偽装したようです。


以下、個別の事件もあっさりまとめておきます。


依頼人はジャッキー・グローブズ(Jackie Geary)。アナリーズが夫を殺人犯として訴えたと聞いて、自分もまた夫の犯罪を告発しに来たと語ったジャッキーは、夫のヴィンス(James Logan)が、二人の若い女性を監禁していると続けました。ヴィンスは彼女たちをレイプし続けていたため、そのうちのレイチェル(Tayler Robinson)はヘザーという娘を産み、もうひとりのリン(Tabitha Morella)もまた一度の流産を経て再び妊娠しているようです。


ジャッキーがヴィンスと知り合ったのは16歳だったことから、アナリーズはジャッキーもまた被害者だと確信し、ジャッキーを守るという条件で「司法取引」を持ちかけましたが、調べを進めるにつれて、ジャッキーも共犯だったことが判明していきます。ジャッキーは、ふたりが襲われる前にはふたりに睡眠薬を飲ませ、ヘザーのことも「死んだ」と偽って、自分がこっそり育てていたそうです。しかも、その居場所を誰にも明かそうとしません。


最初はジャッキーを救うつもりだったアナリーズも、真相を知ってはジャッキーもヴィンスと同じ穴の狢だと罵り、ともに刑務所にぶち込むことにしたようです。せめてレイチェルとリンが今後まともな生活を送れるよう願うばかりでござりまするが。


殺人を無罪にする方法」は、終盤になってもまだまだ謎が隠されていそうですね。シーズン1も残すところはあと3話~あれこれ妄想のし甲斐もあって、続きもとっても楽しみです殺人を無罪にする方法も楽しみ(^^)/


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.