2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

韓国ドラマ、【大切に育てた娘ハナ】もついに本日が最終回でございました。も~期待通りの大大ハッピーエンドで大満足です。以下、主な登場人物ごとの結末をネタバレで簡単にまとめさせていただきまする大切に育てた娘ハナ~最終回のネタバレです(^^)/


まずハナは、ついにハラボジ=チャン・パンロを醤油作りで打ち負かし、パンロ本人から待令熟手(テリョンスクス)として認められました。これは進退をかけた勝負において、ハナが余命短いパンロにわざと負けたことを知ったパンロが、ついにおのれの非を認めたからです

「性別にこだわり過ぎて最も大切なことを忘れてしまった!

また~これは最初からそんな気はしていましたが~ラゴンがチャン家の子どもではなく、コ・グァンチョルの息子だと判明したことも大きな理由となりました。男にこだわりすぎたため、安易に騙されてしまった!!


とはいえ、これをチョンラン本人も気づかなかったというのが、いかにもマヌケでしたね~。んな一夜限りでできるほうが不思議でしょうが


ついに「女性初の待令熟手となったハナ。となると、気になるのはそのハナとユンチャンの結末です。これまでず~~~~~~っと陰になり日向になってハナを支え続けてくれたユンチャンは、最後の最後に来てもまだ、

「ハナの重荷になってはいけないユンチャンが健気すぎ(;´・ω・)

と、ひとりひっそりアメリカに旅立とうとしました。しかもその日はユンチャンの誕生日で、ハナはユンチャンとふたりきり~ファンソ醤油のチョンヨン館で祝おうと約束していたのに、です


が、やはり、愛するハナを一人で置いてはいけないと舞い戻ってきてくれたのには大喜びでございました。これからもふたりはずっと一緒に~ペンギンの家族のように助け合って~仲良く人生を歩んでいくことでしょう。自分のウンチャンへの恋心は心に秘めたまま、最後までこのふたりの力になってくれたウン理事(ソン・セビン)も素敵でした


一方、そのハナと途中何度も一緒になりかけたドヒョンは、ついに「運命」に勝つことができませんでした。グァンチョルに命じてハナを殺そうとした父=ソル・ジンモクを、許すことも罰することもできなかったからでしょうか。


それでも最後には、ジンモクの罪を全て明らかにした上で、それは自分がしたことだと父の罪をかぶろうとします。ユンチャンからドヒョンのこの献身を聞いたジンモクはようやく反省し、すべての罪を告白しました。ジンモクはこれで懲役12年の刑を言い渡されます


最初はジンモクを許せずにいたユンチャンも、ハナという家族を得たことで、自分もまたジンモクを父として慕える日が来るかもしれないと譲歩の姿勢を見せていました。どうやらジンモクは刑務所内で病を患っていたようです。ユンチャンが、どうか治療を受けてほしい、と頼むまでになれたのが何よりでした


ドヒョンはSSグループを社会的企業にする決意を固め、しばらくはドウンの面倒を見た後、イタリアで料理人に復帰したようです。いつかウンチャンとも兄弟として支え合える日がやってくるとよいですね


常にハナの味方になってくれた人物として、母のヒョソンとは別に、ハミョンとドウン(ハン・ユイ)も目立ちました。この二人は本当に楽しかった~大切に育てた娘ハナ~最後は皆こうなった♪


ドウンは相変わらずでしたが、ハミョンはドヒョンの秘書をしていたキム・ヨンホ(キム・ギュジン~チルボク@済衆院)と結婚することになりました。途中何度かハミョンがヨンホを意識していたシーンがありましたっけね


一方、悪人どももすっかり成敗されていますラゴン一家の最後(^^)/


パク・ドゥシクことコ・グァンチョルとその娘のラヒは、ハナ殺害未遂容疑で逮捕され懲役6年の実刑を言い渡されました。ラゴンは、韓国中に

「ファンソの人間ではない。卑怯な詐欺師!

と言いふらされ、その家族であるチョンランジョンスン(ハルモニ)も、もう顔を上げて表を歩くことができなくなります。この二人がホームレスとなって、子どもからおやつを分けてもらうことになったのは何とも惨めな話でござった


でも、すべての悪事が暴露されて、すっかり反省したというのは眉唾物でしょう。今後は田舎に帰って出直すそうですが、それで改心できるとは思えません。ラヒにも

「育て方が悪かった」

とチョンランは言っていたけど、これが幼い子供ならともかく、あの年になるまであの価値観を植え付けてきたのですから、ラゴンにしてもラヒにしても、そしてふたりのお婆にしても、今さら善人になどなれるはずがありませんそう簡単には変われません(;´・ω・)。韓ドラではよく、

「悪人がいきなり善人になる」

という現象が見られますが、それも途中、その「兆しが見えてこそです。この一家にはまったくもってそれが見られませんでした。彼らがまっとうになるためには相当の努力と忍耐がいるはずです


こんな悪人どもに騙されたパンロも、最後はハナに看取られて旅立っていきました。今時珍しく女性蔑視が甚だしいドラマの象徴みたいな人物でしたが、最後にはその偏見を捨てることができて何よりでした


最後はきっと正義が勝つ~と微塵も疑わなかったので、ラゴン一家の意地悪もそれほど腹が立たず、最後までまずまず心穏やかに楽しむことができたのは幸いでした。


それに何と言っても、ハナとユンチャンのカップルがお似合いすぎてウットリさせられどおしでした大切に育てた娘ハナ~見どころはウンチャン(^^)/。途中、ドヒョンとハナがくっつきそうになった時は~ここだけの話~録画をバンバン飛ばし、ひたすらウンチャンの恋が成就するよう願っていたおばさんです


あそこまで自分に尽くしてくれるウンチャンを得たハナは果報者でござりまするね。余談ですが、中国上海には「老婆奴」という、妻に尽くす男性が数多く生息しているそうですよん。羨ましい限りでござる


全81話と長めでしたが、毎日のんびり見るには実にお手頃なドラマでした。とっても楽しかったです


大切に育てた娘ハナ~ミニ情報

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.