2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

スキャンダルのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 韓国ドラマ スキャンダル あらすじと感想一覧


キム・ジェウォンさん主演の韓国社会派ドラマ、【スキャンダル】の11話は「偽者の確証」です。この辺は思いのほか展開が早くて楽しいですね~。以下早速ネタバレです韓国ドラマ、スキャンダルのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


まず、クム・マンボクが早速動き出しました。ネットで当時のことを調べたマンボクは、チャン・ウンジュンを誘拐した犯人が、身代金を請求しなかった事を知って、ますます疑念を深めます


その後マンボクはファヨンの書斎で、ファヨンがずっと(本物の)ウンジュンを捜し続けていたという証拠を見つけました。今回手に入れたのと同じ、でも数年前のものらしい「チャン・ウンジュンのモンタージュ」に加えて、犯人が残した電話のメッセージもレコーダーごと保存してあります: お前の息子は俺といる。捜すな


書斎を出たところをファヨンに見つかったマンボクは、判例を探していたと言い訳しますが、マンボクの様子がおかしいことを不審に思ったファヨンが書斎に入って辺りを見回すと、例の監視カメラの映像を収めたビデオテープが無くなってました。これは、マンボクではなくソクボンが持ち去ったのですが、ファヨンはマンボクの仕業だと思い込んでしまいます


(僕を)ウンジュンと呼ばないで!


以前マンボクが発したその言葉の意味をようやく理解したファヨンは、罪悪感に苛まれてしまいます。あの子は自分がウンジュンではないことを知ってしまったのだろうか?!ファヨン=シン・ウンギョンがいいなあ( *´艸`)


確かめたくても確かめられずにいたところに、ソクボンが満を辞してやってきました。ソクボンは、ジュハの見合いを知らされなかったことに怒りを爆発させ、自分から娘を奪ったファヨンに今度こそ復讐しようと事務所に乗り込んできたのです。


ソクボンが事務員に「クム・マンボク」という名前を使ってウンジュン(マンボク)をファヨンの部屋の呼び出させたのを聞いたファヨンは、ソクボンが「ウンジュン」に嫌がらせをするなら自分もジュハを苛めると詰め寄りましたが、早速ソクボンの返り討ちに遭ってしまいます


あのペンギンの手紙は私が送ったのよ


あんたに諦めさせようとして犯人に成りすましたの~マンボクをウンジュンに仕立てたことをソクボンが知っていたと悟った時のファヨンの心境たるやいかばかりだったでしょう


悪いことをしたのはあんたも同じ。今さらテハに言ったら二人とも殺される~だからあんたが黙って静かに消えなさい


気の毒ではあっても、ファヨンは身から出た錆ですから、自分で落とし前をつけろと言われても致し方ありませんが、問題はこれをマンボクが立ち聞きしていたことです


一方でマンボクは、前回スヨンを自宅に送った際、ミョングンから話を聞き出そうとしたものの、邪魔が入って失敗しています。その後も興信所を使ったのか、「ハ・ウンジュン」の身元を調べさせますが、戸籍上は、元々の

「ハ・ゴニョン」

がウンジュンに改名したことになっていたようで、なかなか確信がつかめずにいたところでした。いっそのこと、ウンジュンをゴニョンと改名してしまえばよかっただろうに、さすがにそれはミョングンも良心が咎めたのでしょうか


一連の事実が示しているのは自分は偽物だということに気づいたマンボク


元々は自分の物ではなかったものを手放したくない時はどうすればいい?


何も知らないジュハにそう聞いたところを見ると、マンボクは「チャン・ウンジュン」を手放さないことに決めたようです自分自身を失いたくない!


この後、ファヨンに探偵のジョンマンから「本物のチャン・ウンジュン」が見つかったとの連絡が入り、ファヨンは喜び勇んで出かけていくのですが、ジョンマンにこう言わせたのはマンボクですよね~きっと


実際にジョンマンは「ハ・ウンジュン」に辿り着き、彼こそが本物だと気づいていたようなのですけど、その報告を受けたマンボクは今後どうするつもりなのでしょうか


本当のことを言ってしまったらファヨンが離れてしまうからと、真実をひた隠すか、もしくは逆に、真実を告げた上で今さらテハには言えないと、ファヨンを脅す方に回るでしょうか?今後はマンボクの出方次第ですね♪ 今後のマンボクの出方に注目です


また、心配されたアミの容体ですが、本人は無事だったものの、お腹の子は亡くなってしまったようです。ウンジュンがアミを気遣ってミョングンに電話をし、ワカメを用意してほしいと頼んでくれたのには泣かされました。普段は不愛想なウンジュンだけど、本当は優しいのですよね~キム・ジェウォンがウンジュンにピッタリ♪


ミョングンと一緒に、帰る場所すら失ったアミを自宅に連れてきたのに、スヨンが部屋を貸さないと言いだしたのには呆れはてました。夫と子どもを亡くしたばかりで呆然自失の女性に、かりにも弁護士がかける言葉でしょうか。今にも自殺しかねない風情のアミを励ましたウンジュンとはエライ違いですよね


自殺をする人間が弱いとは思わない。死にたいほど辛い思いをしたのだろうから。でも、ここで死んだら、夫に掛けられた濡れ衣を晴らすことができない。彼の無念を晴らせない。生きるしかない


ウンジュンは、アミが必死で握っていたあのカフスボタンを頼りにその持ち主を捜しますが、どうやらオーダーメードらしく、なかなか持ち主を特定するのは難しそうです。せめて指紋が出てくるとよいのですが~ウンジュンは既にそれがテハの物だと確信しているようでしたし


一方、そのウンジュンもまた、自分の出生の秘密を知る時期が近づいているようです。


ジュハと「テハ建設」の社長の座をめぐって争っているジュピルが、テハとの血縁を武器にするジュハに対し、自分はテハの

「心臓=弱み」

を握っているとうそぶき、それを確かなものにするために、ミョングンからウンジュンのことを聞き出しにやってきます


ハ・ゴニョンをハ・ウンジュンに改名したのはなぜか?


誘拐の件を持ち出してネチネチと嫌らしく迫ってくるジュピルに、ミョングンはキッパリこう言いかえしました恥を知れ!恥を!!


またチャン・テハに人が殺された。手抜き工事の件はどうする?無実の人間が死んだのに何とも思わないのか?チャン・テハは変わらず、チャン・テハが君を変えたんだなスキャンダルのチェ・チョロが情けないなあ(;´Д`)


痛烈な嫌みに、さすがのジュピルも顔色が変わります。本当に、文字通り地に落ちたこの男が最後までには何とかせめて一矢報いることはできんのかしらね~情けない


そしてウンジュンがこの会話をすべて立ち聞きしていました。以前からミョングンに聞き出したかったこと、それこそが、この「改名」そして「誘拐」に端を発しているのではないか?賢いウンジュンなら気づきそうなものですが


韓国ドラマ、スキャンダルは続きもとっても楽しみです韓国ドラマスキャンダルが面白い(≧▽≦)


スキャンダル DVD-BOX1スキャンダル DVD-BOX2スキャンダル DVD-BOX3

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.