2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

花たちの戦い~宮廷残酷史~のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 花たちの戦い~宮廷残酷史~あらすじ一覧


キム・ヒョンジュさん主演の【花たちの戦い -宮廷残酷史-】も41話「断ち切られた絆」と42話「世孫の流刑」を視聴しました。終盤に入ってきてますます陰惨になってきましたね~。それでも唯一、キム・イン=キム尚膳が忠誠心と良心を失っていないのが救いです


世孫のソクチョルを守ろうとしたキム尚膳が、ナム・ヒョクに護衛を命じた際、ヒョクがその意向を(最初は)受け入れず、

そんなことは知ったことではない、おまえ(内官)如きが、国を憂えるのはおこがましい

的な発言をした時などは、思わずブチ切れそうになったほどです。キム尚膳は命の恩人なのに彼を馬鹿にするところが、いかにもプライドだけは高い

「腐っても両班

の言いそうなことです


「あなたたち士大夫がシッカリしてこなかったから、朝鮮が堕落してしまったんじゃないかっ!!ナム・ヒョク、サイテー!( `ー´)ノ


それでなくても、唯一愛した女性すら幸せにできなかった男に文句を言われたくありませんあ~言いたいこと言えてスッキリした♪。以下簡単なネタバレのあらすじです


娘=ソルファの話題を持ち出されて一触即発の気配を見せたヤムジョンとジャジョムでしたが、そこはそれ~なにせ同じ穴の狢のふたりですから、結局はジャジョムが領議政になることで折り合いをつけたようです。


娘と知っても一瞥もくれぬヤムジョンに腹を立てたソルチュクは、いずれは死ぬ運命の娘を、一度だけでも抱きしめてやってほしい=成仏させてやれとヤムジョンを咎めますが、王妃となる夢のために人の心などとっくに捨てたヤムジョンは、これを振り切ってジャジョム邸を後にしました。


ジャジョムはチャンに命じて早速二人を殺そうとしますが、ソルファだけはヒョクがその命を助けて連れ去ります


このソルファをキム尚膳がどう使うつもりか~と思いきや、ヤムジョンはキム尚膳を大殿から追放し、「出入番」(通いの内官)に格下げしてしまいます。代わりに大殿付きとなったのは、いかにも品性下劣そうなヤン内官です。この顔を見て「王と私」の金子猿=キム・ジャウォンを思い出したのはおばさんだけでございましょうか


こうしてすっかり舞台が整ったところに、ソクチョルがご機嫌伺いにやってきました。ソクチョルは、そこで仁祖がヒョンイクに鍼を打ってもらっていた様子に、父=昭顕世子が鍼を打たれた直後に亡くなった様を鮮明に思いだし花たちの戦い~ソクチョルが可哀想すぎ(;´・ω・)、思わずヒョンイクにこう命じてしまいます


鍼を打ってはならぬ!


父上はこの者に殺されましたと泣き出したソクチョルを見て、仁祖も最初は、父の最期を思いだし、祖父もまたそうなるのではないかと案じたのか、と、その孝心を褒め称えようとしていたはずが、いつの間にかこれが激怒へと変わっていきます


父は殺されたと嬪宮に教わったのか!?


これは案の定、ヤムジョンが「ドルゴンからの養子の話」を仁祖に吹き込み、今ソクチョルが「孝心を見せているのも、仁祖を油断させるためだと思い込ませていたからです。まったく、この頭脳を他に使えなかったのが、返す返すもったいない


こうして「正気を失った仁祖」はついに、孫のソクチョルを幽閉してしまいました。それどころか、ヤムジョンの口車に乗っかって、ソクチョル流刑の教旨まで黙認してしまいます。(ここは明確ではなかったので、ヤムジョンの単独行動かも知れません)


息子の危機を知ったカン氏は半狂乱となり、ソクチョルの命乞いはもとより、自分が自害すると泣きわめきますが、もはや誰もこれに耳を貸す者はおりません。


「もう二度と王様に逆らいません!


仁祖とカン氏を公平に見比べた時、仁祖が圧倒的に悪いと頭では分かっている一方で、このカン氏もまた、何度もこの言葉を口にしていながら、その行動は裏腹だったこともやはり看過できません。それでなくても疑り深い仁祖のことですから、たとえヤムジョンが唆さなくても、結局はカン氏を気に入ることはなかったのではないでしょうか


そんな母を見ていたから、ソクチョルもまたヤムジョンに揚げ足を取られてしまいます。ソクチョルは、ヤムジョンに向かって

「必ず母の無念を晴らしてみせる」

と言い放ちましたが、ヤムジョンはこれを、伝言を頼まれたカン氏ではなく、仁祖に伝えるつもりです。同じことを決して耳に入れてはいけない相手がいるのなら、いっそ他の誰にも言うべきではないと、カン氏は身をもってソクチョルに教えるべきだったと、何とも無念でなりません。


以前ヤムジョンがカン氏に、お腹の子だけは助けてほしいとすがった時に施した温情が、今度は刃となってカン氏に襲い掛かります。子を思う母の気持ちが分かるだろうと泣いて訴えるカン氏の言葉など、ヤムジョンはまったく聞いていません


こうして王宮はすっかりヤムジョンの天下となってしまいました。あのキム・リュでさえ、仁祖に面会すらできず、玉座に座ったヤムジョンから罵られる始末です


仁祖を王にして栄耀栄華を極めただけではまだ足りんのか


ヤムジョンの狙いが自分に向けられていると察したポンニム大君は、早速荘烈王妃の下へ行き、自分と手を組むよう申し入れますが、王妃は知らん顔を決め込みます。個人的には、カン氏への対抗心から彼女を掌返しで裏切った王妃も相当気に入らないけど、このポンニム大君はそれ以上に好かん~心の中が見えないので、王妃のこの対応も分からなくはありませんが。


でもここは、王妃も一か八かポンニム大君を信じて手を組むべきでしたまた王妃がアホでね~(;´・ω・)


いくら「名ばかり王妃」とはいえ、世子と組みさえすれば、少なくともソクチョルと弟たちを流刑になどしなくて済んだかもしれないのに、それを無視したのはやはり、カン氏を憎んでいるから=ソクチョルを「孫」として愛したことなどなかったからではないでしょうか。それこそ、ヤムジョンの思う壺ですのに


このドラマを見ていて毎回思うことは、ヤムジョンが悪人なのは百も承知なのだけれど、そのヤムジョンを成敗してくれるはずの、こちらが好感を持てるヒーロー&ヒロインがここには誰もいないということです。唯一見込みがあるのがキム尚膳ばかりです


でも、ヤムジョンの野望はいずれ潰えることを思えば、誰かが立ち上がるのはきっと間違いないのでしょうね。力関係から行けば、最後には仁祖がヤムジョンを捨てるのでしょうか


仁祖が後に、世子を殺した上に世孫まで流刑にする(=見殺しにする)暴君と呼ばれることは何としても避けねばならぬ、と、必死で仁祖を捜して説得しようとしたキム尚膳の叫び声が今でも耳から離れません。また、亡き昭顕世子の寿衣が偽物だと拷問を受けた元御医が、潔く獄中で毒を飲んだのも泣けました


こうしてみると、一見ヤムジョンに蹂躙されているかのように思える宮中でも、少しずつ変化が起きているのかもしれません。どんなにヤキモキしたところで今さら歴史を変えることはできないのは何とも気が重いですけど、何とか最後まで頑張って見届けたいです。「花たちの戦い」は残すところあと8話です


花たちの戦い ~宮廷残酷史~ DVD-BOX1 全8枚セット花たちの戦い ~宮廷残酷史~ DVD-BOX2 全8枚セット

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.