2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

よみがえり レザレクションRessurection)のあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: よみがえり レザレクション(Ressurection) あらすじと登場人物一覧


海外ドラマ・【よみがえりレザレクション2】(Ressurection)の最終回は「愛する者へ」(Loved in Return)です。


オカルトドロドロで終わらなかったのは良かったけれど、なんだかあっけなかったですね~。無理矢理終わらせたのか、ああするより他に仕方なかったのか、それでも尚、最後には思わせぶりをしたかったのか、いったいどうなって終わるのかハラハラして見守っていたためか、視聴後はすっかり疲れはててしまいましたよみがえり レザレクション2の最終回のネタバレ行きますよ~( `ー´)ノ。以下、うんと簡単なネタバレのあらすじです


最初はマーガレットが、そして続いてジェームズが、レイチェルとお腹の子どもを「消そう」としました。中でもマーガレットは皆に、レイチェルの子どもがジェイコブを傷つけるといったため、その旨ジェイコブに直接確認したところ、レイチェルの子どもの痛みをジェイコブが連動して感じているようなのです。でもそれは「傷つけている」ことにはなりませんよね


ジェイコブが、自分のせいでレイチェルと子どもが危険な目に遭っていることを申し訳ながったため、ルシールは、ジェイコブとジェニーを連れて家を出ていくことにしました。外の連中と一緒になってレイチェルを襲うのも論外ですが、家にいたら彼らに利用されないとも限らないからでしょうか。


ジェイコブのキッパリとした拒否に遭ったマーガレットはようやく自分の愚かさに気づくも時すでに遅し~です。家族の中で唯一自分を分かってくれた孫の信頼まで失ってしまいました。


その後ジェームズは皆を連れて家の中に押しいってきます。フレッドとヘンリー、そしてマーティンは銃を持ってこれを阻止しようとしましたが、いくら「よみがえり」とはいえ、人間を相手に引き金を引くことはためらわれてしまったようです


こうしてジェームズはレイチェルの部屋に入り、ここで必死にレイチェルを守ろうとしたマギーも部屋を追い出されてしまいました


そこでジェームズは、トムが、あの草原でレイチェルと子供を待っている、恐ろしい世の中で子供を産まずに、平和で安全なあの場所へ戻るよう諭し始めます。要するにあの場所は「天国」なのでしょうか


が、そこにようやくマーティンが駆けつけてきて、ジェームズをレイチェルから引き離しました。この男の言うことを信じてはいけないっ!!この男は、お腹の子どもが「悪魔」だと言ったんだ!


ジェームズの言葉を信じかけていたレイチェルもこれでようやく正気に戻り、ついに元気な男の子を生み落としました。すると、ジェームズが心配していたように、世界中から「よみがえり」のニュースが大量に押し寄せてきます。彼の言うことも満更嘘ではなかったのです。


そして1年後、マーティンは(どうやら)政府公認の「よみがえり局」の責任者となって、彼らのあらゆる相談に乗っていました。ジェイコブやヘンリー、そしてジェニーは、その後も幸せに暮らしていたようですが、ヘンリーが言うには、よみがえりには「選挙権」がないようです。でも税金は生前同様?支払っているのだとか。またマーガレットは相変わらず「家族」には戻れていなかったようです。


レイチェルとその子供もつつがなく暮らしていたようでしたけど、最後の最後、その子が寝ている部屋の窓には、わんさかセミが大量発生してきていたようです


もしこのドラマのシーズン3を作るとしたら、よみがえりとその旺盛な食欲のために、地球全体が深刻な食糧不足に陥った~ところから始めるつもりだったのでしょうか


もうこれで終わったのですから、今さらあれこれ言ってみても始まりませんね~とりあえずは終わってくれてホッとしました。皆さまもお疲れさまでございました~。最後までお付き合いくださいました方々には心よりお礼申し上げます


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.