このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

奇皇后 最終回 あらすじと感想 (49&50話含)

奇皇后~ふたつの愛 涙の誓い~のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 奇皇后~ふたつの愛 涙の誓い~全51話 あらすじと見どころ


奇皇后キファンフ)~ふたつの愛 涙の誓い~】も最終話=51話まで見終わっています。大まかな感想としては、まさに副題通り~ふたつの愛、涙の誓い、そのものだったなというところでしょうか


個人的に、三角関係を扱ったドラマはあまり好きではないのですけど、この奇皇后におけるふたつの愛は、途中はイライラさせられたものの、こうして最後まで見終わってみると、共感はしないまでも、それぞれ理解はできるものだったため、視聴後感(?)は、思いのほか爽やかだったことを最初にお伝えしておこうと思います奇皇后、最終回のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


例年にない厳しい暑さに見舞われて夏バテしたため少し間が空いてしまいましたが、以下、奇皇后・最終回(49&50話含)のあらすじと感想をまとめさせていただきまするズバリネタバレです( `ー´)ノ。ズバリネタバレとなっておりますので、結論を知りたくない方はどうぞここでご遠慮くださいますように


まず、ずっと心配していたワン・ユですが、スンニャンが奇皇后=元の皇后になったのをその目で見届けた後、自身も高麗に戻って「王」に復位するはずだったところを、タファンに殺されてしまいました


~スンニャンの皇后即位式の際、遠目にそのスンニャンを眺めるユの視線と、スンニャンの視線が絡み合うシーンがまた何とも情感たっぷりで切なかったですよね奇皇后のチュ・ジンモさんがサイコー(^^)/。チュ・ジンモさんは目で心情を語る天才ですなワン・ユがいなかったら見なかったかも(;´∀`)


というのも、あのタンギセがタファンに、マハはワン・ユとスンニャンの子どもだと明かしてしまったからです。いかにも憎々しげにこれを明かしたタンギセをその手で葬ったタファンは、他に真実を知るソ尚宮を呼び出して、彼女をも惨殺してしまいました


この事実を知る者は誰一人生かしておかぬ!それがヤン(スンニャン)のためなのだ!!タファンも気の毒だった(;´・ω・)


タファンは、当時丞相となったタルタルにそう告げて、ワン・ユを殺しに行きます


ここはおばさんに言わせれば、元々スンニャンはワン・ユの想い人であり、ふたりは結婚の約束までしていたのですから、子どもをもうけたことをタファンにあれこれ言われる筋合いはないと思うんでやんすがワン・ユとスンニャンに幸せになってほしかった、でも今、タファンの側室、そしてついには元の皇后にまで上り詰めたスンニャンが、他の男、しかも高麗の(元)王と子どもまで成したことが周囲に知れたら、元の皇帝として、ワン・ユのみならず、スンニャンも生かしておくことはできなかったという理屈なのでしょうね、きっと。


一方、そんなこととはつゆ知らぬユは、今度こそ民を守る「強い王」となるために、チームワン・ユ(パク・シヌ&マクセン除)とともに、祖国への道を急いでいた所をタファンに待ち伏せされて、大切な仲間を失い、ついには自分も命を落としてしまいますワン・ユ~死ぬな~っ!!(;O;)


ユに高麗での「親衛隊長」の座を約束されて、それはそれは嬉しそうだったチョンバギが、ユを守るためにまさに弁慶となって立ち往生したシーンは、「大祚榮」のケピルを彷彿とさせ、号泣せずにはいられず~それはムソンも同様でした


そしてユ本人は、タファンがマハのことを知り、スンニャンを守るために自分を殺しに来たことを知り、スンニャンを守るためなら、喜んで死出の旅路に付こうとばかりに死んでいきます私はスンニャンを守る!!。その最期には

自分は死んだのちもスンニャンを守るが、おまえはスンニャンのために何をしたのか?2度とスンニャンを苦しめるな

という実に挑戦的な言葉をタファンに投げかけて逝ってしまいます


個人的には、スンニャンとの約束を守る~強い祖国=高麗を作ってほしかったけれど、あの世には既に幸薄かった愛するマハがひとり待っていたことを思うと、ちょっとだけ、慰められたような気も致しました可哀想なマハ(;O;)


また、一旦は死んだと思っていたユが、タルタルによってその命を長らえていたことを知ったスンニャンは、前述したように、ユが強い高麗を作ってくれることを心の底から望み、自分もまた元の皇后としてバックアップを惜しまぬ構えでいた矢先、今度こそ本当にユが殺された、しかもタファンに惨殺されたことを知りますが、それもまた、タファンが自分を思ってしたことだと知って一層愕然としてしまいます二人の男に愛された悲劇やね(;´・ω・)


生まれて初めて抱いた異性への恋情~初恋の相手=ワン・ユがいつまでも愛しく敬うべき相手であることに変わりないのと同様、長年連れ添って情を培ってきたタファンもまた、スンニャンにとってはかけがえのない伴侶であることも紛れもない事実なのです気持ちわかるわ~(爆


そのタファンは、メバクの頭であるコルタと皇太后に命を狙われてしまいます


最初はコルタを疑うなど夢にも思わず、薬を作らせていたタファンなれど、その薬を飲むたびに記憶が無くなることに気づき、ついにはコルタこそが自分の命を狙う反逆者であることを突き止めます。その薬は「鴆毒」と呼ばれる猛毒で、解毒するには既に手遅れだったことも判明します


そこでタファンは、文字通り命を賭して薬を飲み続けました。コルタと皇太后を油断させるためにわざと騙されたふりをして、スンニャンやタルタル側の人間をすべて排除させます。これこそ、コルタと皇太后側の人間を一堂に会し、一斉に始末するという、タファン一世一代の奇策だったのですタファン、でかした( `ー´)ノ


もちろん、物心ついた頃から自分に尽くしてくれたと思っていたコルタもその手で殺してしまいます。コルタは、権力を得るために宦官となり、これを隠れ蓑にした闇の商人となる道を自ら選んだのだそうです。皇太后は、高麗の女=スンニャンが皇后として生きる姿を見るのは耐えられないと自ら毒を飲んで自決してしまいました。


こうして敵を一掃したタファンですが、最後まで回復は望めなかったようです


代わりに政権を握ったのはスンニャン=奇皇后でした。奇皇后は「貢女」を厳しく撤廃させ、高麗の江陵大君(後の恭愍王)を王座につけて、(おそらくは)高麗・元ともに善政を敷くよう精いっぱいの努力をしたはずです


が、その後はちょうどここでも以前妄想を先走らせてしまったように、元では白蓮教徒による「紅巾の乱」が勃発し、丞相タルタル率いる元軍がこれに敗れた後は「明」の時代がやってきます。その際奇皇后は~ドラマではこの時点であたかもタファンが亡くなったように見えましたけど、史実ではタファンとともに~北に逃れ、そこでアユルシリダラを皇帝に付けたようですが、一応公的には、元の最後の皇帝はタファン=トゴン・テムルとなるようです。


高麗という祖国が衰退したばかりに「貢女」という屈辱的な体験を余儀なくされたスンニャンが、憎むべきヨム・ビョンスの死に際して涙したシーンもとても印象的でした。ビョンスは結局、高麗村の人々になぶり殺されてしまうのですけれど、スンニャンも指摘していたように、どう見ても極悪非道だったこの男でさえ、亡きヨン尚宮とのことを思えば、平和な時代と国に恵まれさえしたならば、そこそこ穏やかに暮らせたかもしれないと思えたからですビョンスも気の毒だったよ(;´・ω・)


ワン・ユとタファン、そして高麗と元という、二人の男性、そして二つの祖国に挟まれて、そのどちらにもなかなか属することができずに悩み苦しんだスンニャン=奇皇后も、最後にはこう語ってドラマの幕を閉じています


元であれ高麗であれ、どうでもよいことだ。私はただ民を守るために戦い勝利した


おばさん個人としては~このセリフを生かすためにも、もう少しその名もなき民の様子や、他に類を見ないほど個性派ぞろいだった脇役達の人生などもふんだんに盛り込んだ贅沢な時代劇(群像劇)が望ましかったですが、これはこれでとても美しく終わってくれたので、それなりに満足させていただきました。50話前後の時代劇ではこれぐらいが限界なのでしょうし


また最後になりましたが、毎回足しげく通ってくださり、長い&言いたい放題名感想レビューに目を通し、また応援してくださいました皆々様にも心より感謝申し上げます。またいつか、楽しいドラマをご一緒できますよう祈っております奇皇后~おかげさまで完走することができました。感謝感謝です(__)


まだまだ暑さが続くようです。皆さまもくれぐれもご自愛くださいますように


奇皇后 韓国ドラマ・ガイド 第1巻 (講談社 Mook)奇皇后 韓国ドラマ・ガイド 第2巻 (講談社 MOOK)奇皇后 韓国ドラマ・ガイド 第3巻 (講談社 MOOK)

『奇皇后~ふたつの愛 涙の誓い~』 オリジナル・サウンドトラック

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は奇皇后~ふたつの愛 涙の誓い~のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

ありがとうございました!!
毎回、すてきな語り口で、とても癒やされました。
公平でヒューマン^^書き手の人柄がにじみ出た文体^^
共感する部分も多かったです^^
波瀾万丈で息つく暇も無い怒濤の展開のファンタジーでしたが、
ついつい史実と照らして見ている自分が居ました。
脚本家様は説得力と言うことを随分念頭において苦心されたようで、
キャラクター設定や、細部の描写には感心しきりでした。
欲を言えば、スンニャンの<民を思う統治>がもっと説得力をもって描き込まれていたなら良かったと思いました。
残念ながら、最後の最後までスンニャンの人としての<包容力>を感じることは出来ませんでしたが、復讐や権力欲のむなしさは十分伝わってきました。
出演者全員の演技に毎回感嘆して見ていました^^
きっと、再放送も又、飽きずにみることでしょう(笑)
いろいろお世話になりました^^有り難うございます^^
こちらこそありがとうございました♡
ドンヨンの母さん、こんにちは~♪
すっかり遅れてしまいましたのに早速おいでいただきまして恐縮です(__)。

またいつも変わらずに応援いただきましたこと、心よりお礼申しあげます。
本来は先に伺って申し上げるべきところ、後れを取ってしまって申し訳ありません。

そうそう、私も「スンニャンの民を思う政治」が
具体的に描かれていなかったのがとても残念に思いました。
それが描かれていれば、ドンヨンの母さんがおっしゃる所の
「包容力」が押しだされてきたことでしょうにね。

ドラマを見ただけでは分からなかったチュ・ジンモさんの素敵さを
教えて頂いたことも大きな収穫でした。本当にありがとうございました!

ネタバレはNGな私ですが(苦笑、
そのステキさを覗きに、またブログの方にもお邪魔させていただきますね^^。
(念のため~アドレスはこちら: http://ameblo.jp/sinoradonnyonn/

これからもどうぞよろしくお付き合いのほどお願い申し上げますv-254。こん

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング