2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

情熱のシーラのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 情熱のシーラ あらすじと感想一覧


情熱のシーラ】もようやく8話まで見終わりました。6話は「謎の香り」、7話「潜入の序曲」、そして8話が「祖国のために」です。以下早速簡単なネタバレのあらすじです情熱のシーラのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


ロザリンダを通じて紹介してもらった英国人新聞記者=マーカス・ローガンは、約束通り、シーラの母ドローレスをモロッコに連れてきてくれました。バスケス署長から、ラミーロのことを思い出すよう=安易に男を信じるなと忠告されたシーラでしたが、思いのほか善い人で一安心でしたね


そしてシーラは、このマーカスと行動を共にするにつれ、少しずつスパイの真似事をやってのけるようになります。マーカスは、美しく才能のあるシーラを引っ張り出しては彼女を隠れ蓑にして、あれこれ情報を手に入れました。当然、バスケス署長の眼光はますます鋭くなっていきます


一方、テトゥアンの大物=ファン・ルイスと交際中のロザリンダのところに、夫のピーターがやってきました。二人の愛はとっくに冷めているようですが、虚栄心の強いピーターは、妻ロザリンダとファン・ルイスが公認の仲であることが許せないのか、ロザリンダをイギリスに連れ戻そうと画策します


ロザリンダに助けを求められたシーラは、何とかしてピーターの計画を阻止すべく、マーカスに相談しました。するとマーカスは、ピーターがドイツ人から命じられて、ファン・ルイスとロザリンダを引き離そうとしていることを突き止めてきます。どうやらピーターは、ドイツ人の高官に多額の借金をしてしまったようです。


その高官の妻がシーラのお客=ブラウン夫人だったことを知ったマーカスは、シーラにその妻をしばらく引き留めておくよう命じました。その間に、ピーターの借用書とパスポートを盗み出す計画のようです


仮縫いしたドレスの最終チェックを口実にブラウン夫人を呼び出した時がなかなか面白かったですね。シーラは、わざと手間取るように、最初から大きく寸法を替えて仕立てたようなのですが、祖国で受けた戦争のショックですっかり腑抜けのようになった母のドローレスが、即座にこの「失敗」を見抜いたのには驚きました


いいのよ、これで


母には詳しい事情を打ち明けなかったシーラですが、意外にも、やってきたブラウン夫人が思いのほか太ってしまったらしく、シーラがわざと大きく仕立てたドレスが、現実にはピッタリフィットしてしまい、愕然としてしまいますこれには笑った~( *´艸`)


そんなシーラを助けてくれたのがドローレスでした。彼女は、シーラのデザインした胸元を見て、デザインを変えた方がより鎖骨がきれいに見えると指摘したのです。この辺はさすがに年の功で、ブラウン夫人の弱点(虚栄心)を鋭く見抜いたのでしょう。それに、ドローレスの提案したデザインの方がずっと素敵でございました


それまでは、忙しいから早く帰りたいと語っていた夫人が、この言葉に大層気を良くして、胸元どころかスカート丈まで直してほしいと言いだしたのには大笑いでした。私は脚もきれいなの


が、シーラの努力虚しく、マーカスは、泥棒に入った姿を使用人に見られてしまいます。首尾よく目的の品は手に入れて何とか逃げ出したものの、鋭いバスケス署長によって、指名手配されてしまいました


自分のために危険を冒してくれたマーカスに、シーラは恋心を抱いていたようですが、結局マーカスは、テトゥアンを去らなければならなくなりました。が、シーラの当初の目的は達成され、ロザリンダは、祖国イギリスに連れ戻されるどころか、夫の弱みを握るまでになります


そしてついにスペイン内戦が終結し、ロザリンダは、フランコ政権の下、外務大臣に指名されたファン・ルイスとともにマドリードへ行きました。シーラはドローレスとともにテトゥアンに残りましたが、その1年後、ついに新しい道を踏み出すことになります


マドリードへ行ったロザリンドがテトゥアンにやってきて、スペインがドイツの戦争(第二次世界大戦)に参戦するのを防ぐため、シーラにイギリスの秘密諜報機関のために働いてほしい=マドリードで「スパイ」をしてほしいと切り出したのです。


今の平和な暮らしを捨てることにためらっていたシーラの背中を、戦争による悲劇を経験したドローレスが押しました。行きなさい。協力するのよ。スペインに戦争をする力など残っていない。ロザリンダの提案がイギリスのためだったとしても、それが同時にスペインを守ることにもなるなら、私なら喜んで協力するわ行きなさい、シーラ!


こうしてシーラは「祖国のため」にスパイとなる道を選びました。いや~いよいよ本番でござるねスパイへの道まっしぐら( `ー´)ノ


情熱のシーラ」は続きもとっても楽しみです。(来週には追いつけると思いまする



小説も面白そうです


スペインドラマ・ガイド 情熱のシーラ (教養・文化シリーズ)

これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 1

There are no comments yet.
ふくさんへ  
拍手コメントをありがとうございます!

ふくさん、はじめまして^^

ご丁寧な拍手コメントをお寄せくださいましてありがとうございました。
このたびは長々と休んでしまい、ご心配をおかけいたしまして申し訳ありません(__)。
おかげさまで大分立ち直ってまいりました。

シーラもいよいよ真に迫ってきましたね~。
続きを見るのが楽しみです(^◇^)。

こちらこそ、これからもどうぞよろしくお付き合いくださいませねv-254。こん

2015/08/22 (Sat) 15:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.