このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

スキャンダル
 社会派

韓国ドラマ 【スキャンダル】 あらすじと感想 第19&20話 父さんと一緒に ほか

スキャンダルのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 韓国ドラマ スキャンダル あらすじと感想一覧


キム・ジェウォンさん主演の韓国社会派ドラマ、【スキャンダル】、今回は19話「俺を知っているのですか?」と20話「父さんと一緒に」です。以下早速ネタバレのあらすじですスキャンダルのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


ファヨンはミョングンの家を訪ね、彼にありったけの罵声を浴びせかけました。が、たとえ、息子を誘拐された母の無念さを割り引いたとしても、

ガンを免罪符になどさせない!

の言葉は看過できませんでした。男手ひとつで育てた幼い息子をあれほどまでに残酷に失ったミョングンの気持ちを、アミを除いて、誰ひとり理解しようとしないのが腹立たしくてなりませぬ


ファヨンはまだ、生きているウンジュンの無事を願うことができた=希望を持つことができたけれど、世にも無残に息子を殺されたミョングンの怒りは、ああでもしなければ収まらなかったに違いないのです。後にアミが、

力の無い者には法すら味方してくれない、結局は自分で復讐するしかない

と語った言葉が胸に深く突き刺さります


そのミョングンは自分の心情をファヨンにこう語って聞かせています


情を抱くな、いずれは去る子だ。明日帰そう、今日だけ俺の側において明日こそ帰そう。そう思って20年が経ってしまった。あの子に「お父さん」と呼ばれて嬉しかった。散髪してやれてうれしかった。痛む私の背中に湿布を貼ってくれて心配そうにするあいつが愛おしかった


いつからか死んだ息子が夢に現れなくなった。次第に死んだ息子よりあいつを想う自分がいた。死んだ息子への申し訳なさからあいつに冷たく当たったこともあったが、そんな日はあいつも私も泣いたここはいかにも辛かった(;´Д`)


絶対に愛してはいけないと思いつつ、私は愛してしまった。あいつも私も互いを愛していたなんてかわいそうな親子なんだ!


そう打ち明けたミョングンが、息子を失った自分を地獄から救ってくれたウンジュンを、ほかならぬ自分が地獄に突き落としたのだとファヨンに心から詫びたシーンは、思わずもらい泣きしてしまいました。ファヨンは絶対に許さないと凄みましたが、いずれはファヨンもきっと、ミョングンの苦しい胸の内を理解してくれるに違いない、と信じたいところですファヨンには分かってほしい(>_<)


でもここは何と言ってもふたりとも被害者であることには変わりなく、どちらにも同情の余地があって大いに苦しい所なのだけれど、ここに、ガンホからファヨンとミョングンの動画を見せられて怒り心頭に発し、満を持して乗り込んできたテハには全く同情できません。何しろ、この男こそ諸悪の根源なのですから!スキャンダルのチャン・テハ許さんっ!


テハはミョングンを誘拐犯と罵り、彼がいまだに復讐を諦めず、赤の他人を拾ってわざと「ウンジュン」を名乗らせ、ふたりで自分を追いつめようとしていると言い放ちます。おまえが息子をさらったように、俺もお前の息子をただでは置かない!!


それを聞いたミョングンは、今こそここで真相を告白しようとしましたが、またしてもこれをファヨンが押しとどめてしまいます。この人はずっと後悔していたそうよ!ハ・ウンジュン刑事には何の罪もないわ!!


ファヨンは、訴訟を断念することを条件に、テハをなだめて連れ帰りますが、テハがそんなことで引き下がるような男ではないことが、ファヨンにはまだ理解できていないようです


そのテハが何とかしてウンジュンを殺そうと画策していたところに、ウンジュンが罠を仕掛けてきました。ウンジュンは、テハが自分に不正の濡れ衣を着せたことをいいことに、THリストのUSBと引き換えに100億寄こすよう、テハを脅迫してきたのです!


もちろんそれは芝居であり、テハから「自白」を取ろうとしているのですが、マンボクもまた実に悪賢く、ウンジュンの車に盗聴器を仕掛け、ウンジュンがソ次長と組んでテハを追い込もうとしている事実を突き止めてしまいます


「僕が殺される前にチャン・テハを逮捕してください


テハはウンジュンの提案に乗ったふりを装い、ウンジュンをおびき出しますが、ウンジュンはその直前に、自分が盗聴されていたことに気づきます。ここは間一髪でございましたね


そこでウンジュンは、わざと盗聴器やレコーダーの偽の在りかを口にしました。盗聴器はこの時語った「ボタン」の中ではなく、銃弾をかたどって拳銃の中に隠されていたようです


ジュピルから、ミョングンが退職した年にテハが殺したのはミョングンの実子のゴニョンだったと聞いたウンジュンは、今、そのゴニョンになり替わって、愛する父のため、その仇を打とうとしているのです


憎いテハをその息子が自ら殺すという、本来ミョングンにとっては「最高の復讐」になりうるこのシナリオが、今やウンジュンをかけがえのない息子として愛しているミョングンには想像することすら耐えられないというのが、何とも辛辣で切ないところです


いつもと違うウンジュンの様子が気になって後を追いかけてきたらしいミョングンは、何とかしてウンジュンを引き留めようとしたものの、ウンジュンはそれをうまくかわして、ついに虎の穴に飛び込みます。銃の中に盗聴器が隠してあるとは夢にも思わないテハは、それを手に、ミョングンへの恨みをすべてぶちまけてきますが?


またこの間、ファヨンの部屋からウンジュンのモンタージュを発見し&盗み出したソクボンが、それをいかにも思わせぶりにテハの部屋に置いたことをいち早く知ったジュハは、ハ・ウンジュンこそが自分の弟だと知ったようです。ここでもまた、

知らぬはテハばかりなり

なのがいかにも間が抜けていました。思えばこの男も、ウンジュンという息子がいたことも知らされず、いたと知るや否や偽物とすり替えられた挙句、自分でその子を殺そうとするという、何とも気の毒な役どころでやんすね


さてそのジュハはジヌンと結婚すると腹をくくったようですが、ジヌンは大人しく「娘婿」でいる気はなさそうです


さ~て次こそは4話一気に行けそうですかねスキャンダルもようやく追いつきそう( `ー´)ノ


スキャンダル DVD-BOX1スキャンダル DVD-BOX2スキャンダル DVD-BOX3

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はスキャンダルのレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング