このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

情熱のシーラ
 時代劇・歴史モノ

情熱のシーラ あらすじと感想 第9~11話 スパイの条件 ほか

情熱のシーラのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 情熱のシーラ あらすじと感想一覧


情熱のシーラ】もや~っと昨夜放送分まで追いつきました。いや~実に面白かったです。以下、9話から11話について、ネタバレのあらすじをまとめさせていただきまする情熱のシーラのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


【9話 スパイの条件】


9話では、この副題通りシーラが「スパイの条件」を提示されました。シーラの担当になったのは、イギリス秘密情報機関の調整官をしているというアラン・ヒルガース(Ben Temple)でしたが、彼もまた実在した人物のようです


ヒルガースは、フアン・ルイスが間もなく外務大臣を解任されると告げました。彼はロザリンダとともにゲシュタポとファランヘ党に監視されているため、政治に関わりの無いシーラに、仕立ての仕事を通してドイツ高官の妻たちと懇意になり、その夫たちの動向を探ってほしいのだそうです。


工房や生地の代金を受け取ったシーラは、今後はアリーシュ・アゴリウク(Aris Agoriuq)と名乗るよう指示されます。これは、本名の「Sira Quiroga」を逆さに綴ったものだそうです


テトゥアンと、その地で知り合った人々との別れは思いのほか辛かったですね。特にシーラを何くれとなく気遣ってくれたバスケス署長と別れるのはヒジョーに残念でした。強面だけどイイ人だったなあ、バスケス署長


シーラは、新しい名前と旅券を胸に、母をカンデラリアに託して単身マドリッドに乗り込みました。1点の染みも無い真っ白なスーツに身を包んだシーラがホテル・リッツに姿を現すと、誰もが彼女を振りかえらずにいられないのが、何とも誇らしかったですね


現地では、ドイツ語を理解しないシーラのために、二人のドイツ人の少女が遣わされることになりました。彼女たち(姉妹?)の父親はファン・ルイスの運転手をしていたそうです。また工房には~多分~ロザリンダのお気に入りだったカーペットが敷かれ、シーラを歓迎してくれていたようです


ホテルでの最終打ち合わせでは、シーラが手に入れた情報をいかにしてヒルガースに伝えるかが確認されました。ヒルガースは、情報の内容を「モールス信号」を使って伝えるよう命じてきたため、シーラはそれを「縫い目」に見立ててドレスの型紙に記すことを思いつきます


~このドラマの原題、「El Tiempo Entre Costuras=縫い目の間の時間」の「縫い目」(costuras)も案外ここから来ているのかもしれませんね


この型紙はシーラが自ら、人目の多い美容室か博物館に持ち込むよう命じられました。またヒルガースはいつも、エンバシーというティー・サロンに出入りをしているそうで、シーラからヒルガースに連絡を取りたい場合はそのサロンに入る際に、バッグを左手に持ってくるよう指示されています


その上シーラは昔からの知人やイギリス国籍の人間との接触も厳しく禁じられてしまいました。つまりシーラはロザリンダとも会えないのです。


またシーラが探るべきターゲットも指示されました


  • エルザ・ブルックマン~ヒトラーの個人的な友人で、都合のよいことに、週に1度はデザイナーの工房に通っている
  • ペトリーノ女男爵(ルーマニア人)~夫はドイツ大使館・国宝宣伝部の責任者
  • グロリア・フォン・フュルステンベルク~ドイツ貴族の未亡人
  • ソンソレス・デ・イカサ ジャンソル侯爵夫人~愛人のセラーノ・スニェル(フランコ総統の義理の弟で、ファン・ルイスの後任の外相)

その他に、シーラがテトゥアンで面識のあったヨハネス・フランツ・ベルンハルト夫妻には近づかぬよう忠告されています。


そこでシーラは、まずはお客を集めるために、エルザ・ブルックマンに焦点をあてました。ドイツ人少女のドーラマルティーナを着飾らせ、エルザの通う工房に送りこみます。そこで二人は、エルザが、今の工房では望めない進歩的なデザインを欲していることを探り出してきました。シーラもまた、あらゆる情報を読み漁り、婦人たちの好みのデザインを探り当てます


満を持したシーラが、自分を国際的デザイナーと称してファッションショーを開いたシーンは実に楽しかったですね~。これに招待されて感激したエルザがシーラに会いに奥までやってきたため、ドーラとマルティーナに気づかれてしまいましたが、シーラがあっけらかんと、皆さまの好みを探りたかったと打ち明けると、エルザはその気質もまた大いに気に入ってくれたようで何よりでした


こうしてシーラの任務は順調に滑り出しました。その後シーラは、少女たちを通して次々と「情報」を手に入れていきます


【10話 思わぬ再会】


ある日そんなシーラのもとをフアン・ルイスが訪ねてきました。


フアン・ルイスは、フランコとセラーノによって、ロザリンダにたぶらかされて国を裏切ったと陥れられた、ロンダに送られて軍法会議にかけられたら、いつ銃殺の憂き目に遭うとも知れぬと語りました。彼は、リスボンにいる愛しいロザリンダへの手紙をシーラに託しに来たのだそうです。ヒルガースなら、外交封印袋を使って届けられるはずだから


何とかふたりの力になりたいと考えていたシーラのもとに、今度は思いもよらぬ人物が姿を現します。昔シーラと婚約していたイグナシオです!結婚して子供もいるそうです


イグナシオは今や内務省の治安局に勤務しているとかで、シーラがモロッコ人と偽って工房を開いたのをどこからか嗅ぎ付けてやってきたのです。もしかしたらフアン・ルイスの訪問によって足がついたのかもしれません。


自分だけ成功すればそれでいいとは相変わらず身勝手な人間だ。昔の知りあいがどうなったか気にも留めないのか?


昔の恨みも手伝って、今にも自分を逮捕しそうなイグナシオに対し、シーラがフアン・ルイスの手紙を隠したシーンはハラハラさせられましたね。どこへ隠しても見破られると思ったシーラは、わざと手紙の上に自らの下着を置いたのです


案の定、イグナシオがその下着に手を伸ばしてきたため、シーラはキッパリとこう言ってのけました: 下着まで調べるつもりなの?


が、シーラもまた、イグナシオに言われた一言が気になり、ヒルガースとの約束を破って、昔自分に裁縫を教えてくれたマヌエラ夫人を訪ねていきます。


内戦後、生活にも困っていたらしいマヌエラ夫人はシーラとの再会をことのほか喜んでくれました。シーラはそんなマヌエラ夫人を自らの工房で働いてほしいと誘います。ちょうどその頃、上流社会の少女たちが社交界デビューを果たす舞踏会が開かれるとあって、実際シーラ自身も人手を必要としていたのです。この舞踏会はまた絶好の諜報活動の場でもあります。


こうして多忙な日々を送っていたある日のこと、マヌエラ夫人が急に工房を休んだのが気になったシーラは、再び彼女のアパートを訪ね、彼女にアパートを出て自分と一緒に工房で暮らすよう誘いました。


本来なら快諾しても良いはずのマヌエラ夫人がその誘いに口を濁していたその時、シーラの耳に他の誰かが咳き込む声が聞こえてきました。ここに誰かいるの?


なんとそこには、シーラの親友だったパキータが隠れ住んでいたのです。パキータは内戦で、夫のエミリオとともに共産党員として自ら前線に出て戦ったため、いわゆるお尋ね者になってしまっていたのです。しかもエミリオは戦死し、その忘れ形見でもある息子のエリーアスまで義兄夫婦に取られてしまっていたのだとか


私が力になるわ!必ず助けてあげる!


【11話 マドリードの涙】


シーラはついにヒルガースにパキータのことを切り出しますが、ヒルガースの答えはにべもない冷たいものでした。最初に、任務以外のことには関わるなと言ったはずだ


仕方なくシーラはイグナシオを呼び出し、パキータのことを頼もうとしましたが、イグナシオはシーラの頼みの内容を、シーラの愛人に関することと誤解したため、結局切り出すことができません。イグナシオはすっかり変わってしまったわ!


困り果てたシーラに、マヌエラ夫人が知恵を貸しました。工房に来ている客の夫が司法省の大物らしく、シーラは彼らの娘がすっかり痩せてサイズが合わなくなって泣いていたのを難なく救い、多いに感謝されていたため、そのつてを頼ることはできないか、というのです。


シーラは迷った挙句、パキータのため、勇気を振り絞って夫人に事情を切り出したところ、以外にもその夫人は物分かりが良く、夫に直接話してみれば力になってくれるかもしれないと言ってくれました。どうやらその夫はかなりの子煩悩らしく、忙しい合間を縫って、わざわざ娘の晴れ姿を見に戻ってきたほどなのだそうです。


万が一の望みをかけて彼に近づこうとしたその時、シーラの耳にある人物の名前が飛び込んできました。それは

マヌエル・ダ・シルバ

というポルトガルの実業家で、今回は彼について探ってほしいと重々念を押されていた人物なのですこの機会を逃してはいけないっ!


親友パキータと任務の狭間で悩んだシーラはついに任務を優先し、パキータを助けるチャンスを逃してしまいましたシーラのジレンマ


万策尽きたシーラが再びマヌエラ夫人のアパートを訪ねると、パキータの存在に感づいたらしい管理人が、警察に通報すると夫人を脅しています早くここを出なくては!!。そこでシーラは、二人をこっそり工房に連れてきました


ずっとシーラを見張っている男に関しては、大胆にもシーラ自らタバコの火を借りに行って、その目をくらますことに成功します。この男がいったい誰の命令でシーラを見張っているのか、も大いに気になるところです。


が、その後、工房にまたしてもイグナシオがやってきて、ついにパキータの姿を発見してしまいます。最初は、自分にできるのは目をつぶることだけだ、早くマドリードから出ていけと冷たく言い放ったイグナシオも、シーラが体を張ってパキータとマヌエラ夫人を庇うのを見てはもう放っておけません


イグナシオは、役所からパキータの(共産党員としての)「経歴書」を盗み出してきてシーラに渡し、今すぐ処分するよう命じました。その上イグナシオは、パキータの新しい身分証まで用意してきてくれたのです。これでパキータは晴れて息子と暮らせそうです


一方、シーラの「勝手な行動」を非難したヒルガースは、シーラの友人への誠意がシーラの弱点でもあるとロザリンダが語っていたとこぼしましたが、それがあるからこそ、シーラは今、彼らのために働いているのではありませんかっ!!全く~勝手なのはどっちだ!


紛れもなくその「友人のひとりだったイグナシオは、過去の裏切りを深く謝罪したシーラに、もう二度と邪魔はしないと約束してくれましたし、シーラと行動を共にするうち、シーラの「任務」に気づいたマヌエラ夫人もシーラを見捨てることなく、今後も彼女を支え続けてくれるようです


さて来週はいったいどんな展開が待っているのでしょうか情熱のシーラは続きもとっても楽しみですね情熱のシーラが楽しみ( `ー´)ノ



小説も面白そうです


スペインドラマ・ガイド 情熱のシーラ (教養・文化シリーズ)

これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は情熱のシーラのレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング