2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

ダメージDAMAGES)のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: ダメージ(DAMAGES) あらすじ&感想一覧


グレン・クローズ主演のリーガルサスペンスドラマ・【ダメージ5 Damages S5】、本日は5話の「内部調査」です。英語のタイトルは「There's Something Wrong with Me」で、これはチャニングのセリフの引用です


今回はちと後出し的な感じが否めませんでしたが、逆に言うとこれも「ひっかけ」なのかもしれませんよね。以下早速ネタバレですダメージ5のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


パティがSAMURAI7(以下S7と省略)から手に入れた情報によると、プリンスフィールド投資銀行では、今回のリークがされる以前からナオミを内部調査していたそうです。どうやらナオミ自身がインサイダー取引に関わっていたようなのです


ファンド23の不正の告発を受けたプリンスフィールド投資銀行のCEO=ベネット・ヘレショフ(Victor Garber)は、チャニングやナオミが不正を明らかにしてくれた行為に礼を言いながら、その実、既にその不正を知っていたという訳です


この点をパティに指摘されたヘレショフは、調査は既にSECの手に渡ったと言い逃れましたが、そんなことで臆するパティではありません。以前けんもほろろに断られたSECの担当者=クラーク・ラインズドーフ(Geoffrey Cantor)のもとへ、今度は「金棒」を持って乗り込んでいきましたパティに金棒!( `ー´)ノ


SECはファンド23のインサイダー取引に関して犯罪とも言える怠慢を犯したと、明朝、タイムズに掲載してほしい?


マスコミにリークしてほしくなければ、ナオミに関する情報を探しだすよう脅すパティ。特に、ナオミがチャニングと連絡を取っていた証拠を見つけてほしい、と。


この証拠は結局見つからなかったため、パティは視点を変えて、ナオミに不利な証拠はなかったかと問いただしました。ナオミに悪意を抱いている人物はいなかったのか?


一方のエレンは、パティが本当に情報を手に入れたかどうかを確かめるため、再びクーパーに命じてS7を探させました。本人に連絡はつかなかったものの、クーパーは彼の仲間と思われる「Blackbird」に辿り着きます。これはS7と一緒にいた女性=ベス(Angel Desai)のことだったそうです。


ベスは、あれ以来ぷっつりと連絡が取れなくなったS7を心配し、恐怖のあまり自分も姿をくらまそうとしていたところでクーパーに見つかり、エレンのもとに連れてこられました。


ベスの話から、パティが間違いなく情報を手に入れたことを知ったエレンは、ギアハート判事に情報開示を請求します。もちろんパティは情報の入手を否定しますが、ベスが全て明らかにしました。S7の口座にパティが入金した明細も提示されてしまいます


さすがのギアハートもむっとした様子で、パティに、エレンに情報を渡すよう命じました。が、パティはこの引き渡しを翌朝に引きのばし、その間、SECのラインズドーフに調査を急がせていたのです


そこで分かったのは、なんとナオミとヘレショフが不倫関係にあったという事実でした。ラインズドーフはふたりの決定的な会話の録音を見つけ出したのです。いやいや、社内不倫などするもんじゃありませんね~脇が甘すぎやろ


パティからの情報を手に入れたエレンもまた早速SECに乗り込んできますが、百戦錬磨のパティには負けても、新人同様のエレンに負けるほど、役人は甘くはありません。エレンは、パティとラインズドーフが接触していることを百も承知しながら、体よく追い出されてしまいます。


果たしてナオミを陥れた、ひいては殺した(殺させた)のは、このヘレショフなのでしょうか? とりあえず今のところ、ヘレショフがナオミの内部調査を行ったのは、自分の罪をナオミに着せるため、という見方はできそうですが


また今回は、チャニングの子どもも登場してきました。昔チャニングはサリー(Alicia Goranson)という女性と付き合ってチャーリー(Henry Kelemen)という息子が生まれたのだそうですが、チャニングはサリーに金を払って一切の責任を放棄していたようです。というより、サリーに愛想を尽かされたのでしょうか


このチャーリーはどうやら自閉症(サヴァン症候群か)らしく、サリーの恋人ジェフ(Dominic Fumusa)がチャーリーに辛くあたっていることを知ったチャニングは、得意のハッキングの腕を生かし、ジェフがドラッグ常用者であることを突き止めて、邪魔者を刑務所に送ってしまいました。


チャニングから思いもよらぬ大金を渡され、チャーリーを特別な学校に入れるよう頼まれたサリーはチャニングを見直したようでしたが、そう簡単にチャニングが変わることはないようです。結局彼は自分も認めたように、他人とは深く付き合えないタイプの人間のようです。


There is something wrong with me.
俺は普通じゃないんだ


一方、前回ケイトが思わせぶりをしていた人物~もうじき死ぬ~は、なんとパティの父親=ライル(M. Emmet Walsh)だったようです。パティは、どうやら母を虐待していたらしいこのライルをひどく憎んでいたようです。その辺はエレンの家庭と同じですね


そのエレンですが、今回はさかんに酷い悪夢にうなされていたようです。前回パティの夢に「血みどろのエレン」が登場していましたが、今回エレンは自分の夢で、誰かを刺して血みどろになり&逃げ回る夢を見ていたようでした。これはいったい何を暗示しているのか、まだまださっぱり分かりませんが


何とか最終回までには追いつけそうですかねダメージ5は続きもとっても楽しみですダメージ5が面白い(*^^)v



ダメージ (シーズン1-5) ソフトシェルDVD BOX 全巻セット

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.