このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

スキャンダル
 社会派

韓国ドラマ 【スキャンダル】 あらすじと感想 第25話 守るための選択

スキャンダルのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 韓国ドラマ スキャンダル あらすじと感想一覧


キム・ジェウォンさん主演の韓国社会派ドラマ、【スキャンダル】の25話は「守るための選択」です。やはりそうですよね~そうこなくっちゃ。以下早速ネタバレですスキャンダルのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


ウンジュンはその後ミョングンに発砲してしまったそうですが、もちろん殺すつもりではなかったようです。ただ胸にたぎる激情を抑えることができず、それを行動に移さざるを得なかったのでしょう


が、マンボクからファヨンの居場所を聞いてやってきたテハは、ウンジュンが「仇」を討つつもりだったと誤解し、目を細めてウンジュンを誉めそやしました。さすがは俺の息子だ! ふん、本気だったら外すはずがないじゃないか


発砲後、放心状態だったウンジュンは、近所の誰かが通報したのか、駆けつけてきた警官に連行されてしまいましたが、そこでの取り調べにもまったく口を開こうとしません。テハは、ウンジュンが自分の息子だからすぐに釈放するようわめきましたが、ウンジュンはそれすら、否定も肯定もしなかったようです


一方、ウンジュンの怒りも当然だとは重々覚悟しながらも、さすがに腰を抜かしてしまったかに見えたミョングンは、心配して駆け寄ってきたアミに、自分よりもウンジュンの所へ行って、自分の代わりにウンジュンを守ってくれと頼みました。アミは早速ウンジュンのもとへ駆けつけたようです


その後ミョングンが、ウンジュンの放った銃弾が木の幹に食い込んでいるのをじっと見つめていたところへ、テハがファヨンを連れ戻しに乗りこんできました。が、その様子を見たファヨンは自分を殺そうとしているテハとは行きたくないと、ミョングンに助けを求めますお願い!助けて!!


ウンジュンに殺されかけたショックで呆然としていたミョングンも、ウンジュンがファヨンを自分のもとに連れてきた理由に考えが及んだらしく、テハを運転席から引きずりおろし、そのままファヨンを連れて逃げ出します。ミョングンはファヨンを場末のホテルに連れて行き、自分が拉致したことにすればいい、と優しく語って聞かせました。そうすれば、本来の居場所に戻れるはずです


その頃ウンジュンは、アミとともに警察を出て、ミョングンの家の近くにある写真館に、自分達親子の家族写真が飾られていたのを目にしていました。怒りのあまりこれを外そうとしたウンジュンを止めた店主が、店頭に飾ったのはミョングンから依頼されたからだと説明します。


近々遠くへ行ってしまうから、会いたくなったらいつでもここにきて写真を見られるように


これを聞いたウンジュンは、狂ったように写真を外し、これを滅茶滅茶に叩き割ってしまいます


あの人はもうすぐ死ぬんだそうだ。俺をこんな目に遭わせたやつに、先に死ぬ資格なんかない!去るなら俺から去るし、終わりを決めるのも俺だ!!過ちを犯してすまなかった、許してくれと頭を下げて許しを乞うてくれたら俺も許せるのに。。。この最後が本心です( `ー´)ノ


そのウンジュンがアミと家に戻ると、当然そこにミョングンとファヨンの姿は見えません。テハは早速ミョングンを車の窃盗とファヨンの拉致で警察に訴え出たらしく、これが後輩を通じてウンジュンの耳に入ります。


今、二人を救えるのはあなただけよ!


アミの言葉に頷くでもなく、ウンジュンは一旦警察へ行って事情を聴いてから、テハの家に戻ったようです。


その間ウンジュンはスヨンにも会いましたが、これからは「チャン・ウンジュン」として生きると語ったウンジュンに、スヨンは別れを告げています。スヨンもやっと、自分の本当の兄=ゴニョンがテハに殺されたことを知ったのでしょうか。だから、ウンジュンの事は変わらず愛しているけれど、テハの元に戻るなら縁を切ると語ったのでしょうか


~だいたいウンジュンも、スヨンに「ハ・ウンジュン」を覚えていてくれ、というなら、自分もそうすべきではありませんか?誰の子どもであろうとも、自分が生きてきた時間=人生を否定する必要などどこにもないではありませんか。おばさんに言わせれば、ミョングンはウンジュンをまぎれもなく愛していた、ウンジュンもこの世で誰よりもミョングンを愛していた、その事実だけで十分だと思うんですけど他に何が必要だっていうんだ!!


一方、前回テハがファヨンを殺そうとしているとウンジュンに告げて二人を仲違いさせようとしたソクボンは、また懲りずに次の手を打ってきます。ウンジュンにファヨンの捜索願を依頼した、とテハに明かし、あたかも、ファヨンを最初に連れ出したのはウンジュンだったと仄めかしました


ウンジュンがミョングンを殺そうとしたことで悦に入っていたテハの心に、再び暗雲が立ち込めます。ウンジュンは俺を騙しているのか?


が、単純なテハは、ウンジュンに「アボジ」と呼ばれるとすっかり舞い上がってしまい、胸に浮かんだ疑心など全て吹き飛ばしてしまいます。そうだ、ウンジュンは俺の息子だ。俺を裏切るはずがない!


そこへウンジュンに一本の電話がかかってきます。ミョングンがファヨンの無事を知らせ、このままファヨンを守ってほしいなら、着替えと通帳を持ってきてほしいと言ってきたのです。


でもこれも今のウンジュンには面白くないのですね~きっと。自分からファヨンをミョングンに託したくせに、主導権がミョングンに渡った途端、それは許せない、となるのでしょう


ミョングンの問いには答えず、間違い電話だと言い放って電話を切ったたウンジュンに、その様子をいぶかしげに見ていたテハが、今夜は一緒に寝ようと誘いました。ウンジュンが言うとおりにしていると、今度はテハに電話がかかってきます。ガンホが、ミョングンたちが隠れているホテルを探し当てたのです


拉致では済まさん!殺人未遂でブチ込んでやる!!


そういきり立っていたテハに、ウンジュンは、ファヨンの居場所が分かったと伝えました。ウンジュンは、テハがミョングンの居場所を突き止めたことを知り、テハが手を打つ前に、自分が警官としてミョングンを逮捕しようとしたのです。それが

「守るための選択」

です


当然ミョングンもこのウンジュンの行動を正しく理解していましたし、テハもまたウンジュンの心理に気づいてしまったようですね。果たしてテハは次にどんな手を打ってくるでしょうか?


また、チャン家を出て独り暮らしを始めたマンボクの下をジュピルが訪れました。ジュピルは、マンボクがまだ戸籍を書き換えていないことを確認した上で、

「チャン・ウンジュンの株」

を全て自分に売ってほしいと申し出ます。名前も人生も全て奪われたのだから、せめて金ぐらいは手に入れなくては


テハの鼻を明かしてやるには、おばさんも是非そうしてほしいですけどね。ウンジュンだって、テハの汚い金など決してほしくないでしょうし


韓国ドラマ・スキャンダルは続きもとっても楽しみでございまするねスキャンダルが面白い(^^)/


スキャンダル DVD-BOX1スキャンダル DVD-BOX2スキャンダル DVD-BOX3

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はスキャンダルのレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング