2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

ニキータのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: ニキータ あらすじと感想一覧


マギーQ主演の【ニキータ4】(全6話)、今週は第4話で、文字通りいよいよ「ファイナル・カウントダウン」(Pay-Off~清算)です。以下早速ネタバレですニキータ4のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


まず最も気になっていた点から参りますると、バーコフの父=ロナルド・ペラーは生きていました!そうそう、バーコフは死んだと信じ込んでいたけれど、アマンダがそう簡単にあれほど優秀な人材を殺すはずがありませんものね


また、前回盛んに言及されていた「パキスタン人」でしたが~その割に意味がよく分からんの飛ばしましたが~この4話を見ても今一つハッキリしませんでした


たぶん、ザ・ショップおよびアマンダは、パキスタンの移動式弾道ミサイルの準備基地に替え玉のパキスタン人兵士を潜入させて弾道ミサイルを摘んだトラックを盗み出したようなのですが、それはあくまでもカムフラージュで、実際はこのトラックに積みこんだコンピューターを使って、パキスタンにあるすべてのミサイルの制御システムを破壊することが真の目的だったらしい。ショップがそれらをコントロールできるように、というところでしょうか。


ヤツラは空母打撃群を攻撃するつもりだ!


マイケルとニキータは何とかこのトラックを手に入れますが、もはやどうすることもできません。


こうして彼らの目的はやはり第三次世界大戦の勃発なのか~と思われたその時、ついにフィリップ・ジョーンズの正体が判明しました。彼はMDKという軍需産業会社のCFOだったのだそうです。この事実を突き止めたのはアレックスとサム(オーウェン)です


そして、その彼らの居場所がドバイだと教えてくれたのはロナルドでした。これによりバーコフは父の生存を確認することになります


ニキータたちは全員で(アレックスとサム除)、ロナルド救出のためにドバイへと向かいました。そこにはなんと、ロナルドだけではなく、スペンサー大統領もいたから驚きです。そう、大統領もまだ生きていたのです!!


ニキータはジョーンズを人質に取り、空母打撃群攻撃を止めさせようとしましたが、狂ったアマンダはこれに逆らい、周囲の物を皆殺しにして、攻撃のスイッチを押してしまいます


そこでニキータはバーコフに命じ、例のトラックに積んである移動式弾道ミサイルを、今自分たちがいるビルを狙って発射させました早く逃げて!。ミサイル到着まで残り3分という緊迫状態の中、ニキータは、アマンダとして波乱の人生を送った

「ヘレン

に呼びかけて、何とかこれを阻止しようとしますが、アマンダあらためヘレンは聞く耳を持ちません。一生を牢獄の中で送るなら、死んだ方がマシよ!!


こうしてアマンダは吹き飛ばされ、ニキータたちは、国を救った英雄として舞い戻りました


が、これがまたしてもアマンダとジョーンズの描いたシナリオだったというからビックリです  。なんとアマンダは死んでおらず、死んだアマンダはアマンダの替え玉だったそうなのですそれってもう反則じゃない?(;´Д`)。ジョーンズはCIAの秘密の収容所へ監禁されてしまいましたが、それもまたすぐに逃亡してしまうに違いありません


なんでもジョーンズは、ニキータがずっと待ち望んでいた「戦いの無い世界=平和という幻想をニキータに与えたかったのだそうです。これでニキータは、今後どのような「現実を見せつけられても目をつぶるに違いない、自分達は安心して暗躍できる、という思惑らしい


As long as they remain in that bubble, we'll continue with business as usual. Even when the truth stares her in the face, she'll just close her eyes and will it away.


いやはや何とも屈折したコンビでござるね~アマンダとジョーンズは


今回、いきなり登場した過去に亡くなったエージェント(ラモン・エスキバル~Simon Kassianides)のおかげで、マイケルがようやくニキータの存在意義を再確認した=二人がようやく元さや~と思えたところでしたのに


さ~て、これでニキータ4も残すところあと2話となりました。果たしてどんな結末が待っているのか、続きもとっても楽しみですね


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.