2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

花たちの戦い~宮廷残酷史~(全50話)


韓国時代劇、【花たちの戦い -宮廷残酷史-】もなかなか面白いドラマでした。このタイトルだけですと

「花たちの戦い=女同士のドロドロの戦い

「宮廷残酷史=陰惨な苛めや拷問

を連想させられますし、確かにその予想を裏切られることは無かったのですが、それでも敢えておばさんが(お気に入りの証である)このあらすじリストを作ろうと思い立ったのは、朝鮮史に興味のある方には是非このドラマを見ていただきたいと考えたからです花たちの戦い~宮廷残酷史~歴女には是非見てほしい(^^)/


というのも、このドラマの主人公はヤムジョンという女性ですが、そのヤムジョンが側室になった王が、あの悪名高き仁祖なのです


韓国時代劇がお好きな方なら、この仁祖がどれほどの悪人かすぐに思い浮かべられることと存じまするが(代表的なところでは「イルジメ」の王様がこの人です)、この「花たちの戦い」では、仁祖がなぜそれほど不評を買うようになってしまったのか、本当はどのような人物だったのか=その人物像を探るという、実に大胆な試みが行われておりました。おばさん自身は、それがとても新鮮に感じられた上、その解釈の1つ1つには大いに共感させられてしまったのです


以前、「張禧嬪」を扱ったドラマをいくつか見た際にもこれと同じことを感じました。誰もが「悪女」と決めつけて疑わなかった張禧嬪もまた、見方を変えれば、気の毒な人物だったのかもしれない、時代の犠牲者だったのかもしれない、と考えさせられたのは、自分にとってとても大きな収穫でした。日本では、小説では見られても、ドラマではまずありませんものねステレオタイプが揺らぐことはほぼありませんし、逆に、あまり斬新な解釈では大いに叩かれかねません


歴史上、誰もが知っている人物、こうあるべしと疑わない人物像の裏に隠された(かもしれない)あらゆる事情に想像をめぐらし、それを説得力のある一篇のストーリーに仕立てるという試みこそ、脚本家(小説家)の醍醐味なのかもしれませんのに


でも、ヤムジョンという女性が、一般的にいう悪女であることには変わりがないため、潔癖な方、勧善懲悪がお好きな方には向かないかもしれません。でもおばさん個人としては、現代ドラマはともかくとして、選択肢の少なかった時代に生きた過去の「悪女」にはついつい同情を禁じ得ません。悪女と呼ばれる女性たちは、往々にして、生まれた時代が違っていれば大いに活躍できたに違いないと確信させる才媛が多いことも事実だからです


ヤムジョンを演じられたキム・ヒョンジュさん、そして仁祖を演じられたイ・ドクファさんも、実に表情豊かで、毎回なんとかしてその言葉の裏の意味=心情を深く読み取ろうと躍起になったのも大いに楽しかったですし、ストーリーもよくできたミステリーの如しで面白かったです。(ミステリーに思えたから面白かったのかもしれませんが


とはいえ、人の好みは十人十色ですので、お気に召さない場合はどうぞお許しくださいませね


【花たちの戦い~宮廷残酷史~あらすじ一覧】


第1話 三田渡の屈辱


第2話 ヤムジョンの想い


第3話 キム・ジャジョムの計略


第4話 側室への道


第5&6話 王の寵愛 ほか


第7話 過去との決別


第8話 新しい王妃


第9~11話 悪女モード全開です


第12&13話 仕組まれた出産 ほか


第14~17話 王妃vsヤムジョン


第18~20話 輿地球(ヨジグ)の波紋 ほか


第21&22話 代理聴政 ほか


第23&24話 今やガップリ三つ巴


第25~27話 ポンニム大君の帰国 ほか


第28&29話 昭顕世子哀れ


第30~32話 王位継承の行方 ほか


第33&34話 正室の娘


第35~37話 ヤムジョン包囲網狭まる


第38~40話 王妃追放 ほか


第41&42話 世孫の流刑 ほか


花たちの戦い 最終回 あらすじと感想 (43~49話含)


~なんとまあ、チャ・スンウォンさんが光海君、キム・ジェウォンさんが仁祖を演じる華政というドラマもあるそうです。おばさんが視聴できるのはいつになるか分からんけど、これまたう~んと楽しみです


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.