このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

まんまこと-麻之助裁定帳-
 時代劇・歴史モノ

まんまこと あらすじと感想 第7話 せなかあわせ

福士誠治さん主演の時代劇、【まんまこと-麻之助裁定帳-】の第7話は「せなかあわせ」です。これがまた何とも粋で切ない話でござったまんまことのあらすじ行きますよ( `ー´)ノ。以下簡単なネタバレのあらすじですネタバレですからご注意を♪


前回の予告にあった、お寿ずが麻之助に「三行半(離縁状)」を要求してきたのは、全くの誤解が原因だったそうです。なんでも、お由有の息子の幸太が、麻之助がお由有に宛てたらしい懸想文(=恋文)を届けて来たそうなのです!?


まだまだ新婚の麻之助が、まさか、まだ寝ている自分を呼ぶお寿ずがメラメラと嫉妬に燃えているなどと夢にも思わず、もう少し、もう少しだけ寝かせてくれなどと甘えている姿がまた可笑しかったですね~。そして真相を知って尚更驚いた姿にも大笑い


もちろん、麻之助にはまったく覚えがないらしい、しかも麻之助は自他ともに認める酷い筆不精らしいのです


麻之助はようやく怒りが収まった風のお寿ずを連れて、恋文を届けた幸太の家を訪れました。すると幸太は、手習い所で見つけた練習用の紙(反故紙)に、

「おゆうどの」

と書いてあったのを見て、

「おゆうと仲の良い麻之助が書いたに違いない!

と思い込み、早速届けて来たそうなのです。誤解が解けたのは良いけれど、お寿ずの表情がまたビミョーでございましたね。何せ、子供でも分かるほど、麻之助はお由有のことが好きだということでしょうから


そこで麻之助は引き続きまんまこと(真相)を明らかにすべく、お寿ずを連れ立って出かけました。でもそれが、いかにも麻之助らしく、あちこち道草を食っては皆と話をしているのがまた何とも呑気で楽しかった


~でもこれ、後におさんが推理したところによれば、麻之助は武家出身で町内に知人のいないお寿ずのために、顔見せを兼ねてお寿ずをひっぱりまわしたのではないか、ということです。この推理はまんざら外れてなさそうですね


そしてふたりはついに、この恋文を書いた元手習い所の師匠を見つけ出します。が、残念なことに、その師匠=米津尚吾は既に病で亡くなっていたため、その恋文が誰宛にしたためられたものなのかも、もはや分からずじまいかと思われました


ここで、麻之助から事情を聴いて「懸想文の謎に色めきだった町の衆が、麻之助が諦めたにもかかわらず、尚吾の相手をあれこれ妄想するのがまた可笑しかったですね~おじさんたちも恋バナが好きなのね。火消しの頭取のみならず、ついに「ナレーション担当」の柳家小さんさんまで登場する有様で


それでも、これだという女性は見つからず、ついに皆が引き下がったその時、今度は麻之助が、尚吾の墓をもう出たいと言いだしました。麻之助は、反故に書かれた恋文を通してあらぬ疑いをかけられたのも、その書き手に辿り着き、自分が諦めたのに皆がやっきになって捜していたのも何かの縁~尚吾に呼ばれているような気がする、というのです


そして出かけた寺に、すべての事情を知る和尚(織本順吉)がおりました。尚吾の恋人は年上の「おゆり」と言い、尚吾が亡くなったことも既に知っているそうです。


ふたりは好きあっていたにもかかわらず、おゆりは出戻り、尚吾は御家人の三男坊で部屋住みということから、一緒になるのは難しかったのだろうということでした。尚吾はおゆりと所帯を持つために手習い所の師匠となって独立したらしかったですのにまだ若いのに脚気と心臓病で亡くなるとは(;´・ω・)


麻之助は件の恋文を和尚に渡し、おゆりに渡すなり、燃やして供養するなりしてくれるよう頼みました。


もしあなたなら、亡くなった方から恋文が届いたらどうしますか?


麻之助の問いにお寿ずが思ったのは、亡くなったお寿ずの想い人=又四郎(松田悟志)でしたが、お寿ずは(又四郎のみならず)誰からも恋文など貰ったことが無いので分からないと答えます。


ここは是非麻之助に、今の麻之助に似合わぬ(昔真面目だったころの文字=)角ばった文字で、お寿ずに恋文をしたためてもらわねばなりませぬねお寿ずと麻之助がとってもお似合い( *´艸`)


これをきっかけにふたりの夫婦仲はますます良くなったそうです


気がつけば 肩寄せ合ひて 秋日和まんまことが面白い(*^^)v


来週のまんまことにはなんとカッパが登場するそうです~これまたとっても楽しみですね


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はまんまこと-麻之助裁定帳-のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング