このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

ワンス・アポン・ア・タイム2(Once Upon A Time S2)
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

ワンス・アポン・ア・タイム2 あらすじと登場人物、キャスト

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン2】(Once Upon A Time S2)も大分前に見終わっていて、今では10月からのシーズン3の放送を待つばかりとなっています


今日はその復習も兼ねてあらすじと登場人物のリストを作成いたしました


従来、このドラマの登場人物とキャストに関しては公式サイトの情報が充実していたことから、自ら作ろうとは考えもしなかったのですけれど、こうして改めて振りかえろうとした際、その公式サイトが既に消されていることに気づき、やっぱり他人をあてにしちゃいかん、と思い知った次第です。


~どーしてN〇Kさんは番組終了後にサイトを消してしまうんでしょうね~せめてシリーズ化したドラマに関しては残しておいても良さそうなのに。ま、そのおかげで自分のとこにもお出でいただけるのでしょうから、文句を言えた筋合いではないのですけど


またその登場人物のリストを作るにあたり、その性格上、どうしても「ネタバレが避けられない場合があります。シーズン1ほど顕著ではないものの、それでもいくつか出てしまいましたので、その点はあらかじめご了承くださいますよう、改めてお願い申し上げます


【ワンス・アポン・ア・タイム2 あらすじと感想】


ワンス・アポン・ア・タイム シーズン2 あらすじ 第1話 破れた呪い


第2話 町の境界線


第3話 湖の淑女


第4話 ワニと呼ばれた男


第5&6話 ホエールの正体にビックリ


第7話 オオカミの夜


第8話 眠りの呪い


第9話 ハートの女王


第10話 コオロギは鳴く


第11話 町への侵入者


第12話 フランケンシュタインの苦悩


第13話 巨人の復讐


第14話 再会の街


第15&16話 これはエライことになってきた!


第17話 ストーリーブルックへようこそ


第18話 オーガストの旅


第19話 もう一つの顔


第20話 悪い女王


第21話 ネバーランドから来る影


ワンス・アポン・ア・タイム2 最終回 あらすじ フックとベルファイア



~かなり長くなってしまったので「続き」を使わせていただきまする



【ワンス・アポン・ア・タイム2 登場人物とキャスト】


登場人物名のうち、前者は現実世界で色分け)で後者はおとぎの世界での役割、()内がキャストになります:
ワンス・アポン・ア・タイム2の登場人物とキャストはこちら♪


エマ・スワン無し(Jennifer Morrison):
スノーとチャーミングの娘でヘンリーの母。ストーリーブルックの保安官


メアリー・マーガレット・ブランチャードSnow White、白雪姫(Ginnifer Goodwin、子役=Bailee Madison~ソフィア@フォスター家の事情):
エマの母でチャーミングの妻。Evil Queenの義理の娘


レジーナ・ミルズEvil Queen、悪い女王(Lana Parrilla):
ヘンリーの義理の母。コーラの娘


デヴィッド・ノーランPrince Charming、チャーミング王子(Josh Dallas):
スノーの夫でエマの父。途中、保安官も務める


ヘンリー・ミルズ/無し(Jared S. Gilmore):
エマとニールの息子


ミスター・ゴールドルンペルシュティルツキン(Robert Carlyle):
ベルファイアの父。闇の王


ニール・キャシディベルファイア(Michael Raymond-James):
ヘンリーの父親~実はルンペルシュティルツキンの息子


キリアン・ジョーンズフック(Colin O'Donoghue):
海賊。ルンペルの妻=ミラと恋に落ち、そのミラを殺したルンペルを仇と狙う


アーチー・ホッパージミニー・クリケット(Raphael Sbarge):
精神科医。グラスホッパー


オーガスト・ウェイン・ブースピノキオ(Eion Bailey):
エマとともに現実世界へやってきて以来ずっとエマを見守ってきた


ルビー・ルーカスRed、赤ずきん(Meghan Ory):
満月の夜にオオカミとなってビリー(~Jarod Joseph)を殺したと思い悩むも、後にそれはスペンサーによる陰謀だったと判明。同じオオカミ人間のクイン(Benjamin Hollingsworth)や母のアニータ(Annabeth Gish)から自分をコントロール術を学び、ついに呪いから解放される


レイシー・フレンチベル(Emilie de Ravin):
町の境界線を越えて記憶を失ったベルに対し、レジーナが、呪いをかけていた際の「酒場の女=レイシー」だった頃の記憶を蘇らせる


モー・フレンチモーリス卿(Eric Keenleyside)
ベルの父。現在では「Game of Thorns」という花屋を営む


リロイグランピー(Lee Arenberg):
ドウォーフの一人


グラニー(おばあちゃん)/ルーカス未亡人(Beverley Elliott)
レッドの祖母で食堂兼宿屋を営む


マザー・スペリアーブルー・フェアリー(Keegan Connor Tracy):
修道院長。魔法の粉が使える妖精


Dr.ホエールヴィクター・フランケンシュタイン(David Anders):
ストーリーブルックの医者であるホエールは、おとぎの世界では「色の無い世界」に住む科学者。死人を生き返らせる研究に没頭する過程でルンペルシュティルツキンに出会う


マルコゼペット(Tony Amendola)
ひたすらピノキオ=オーガストの帰りを待つ


アルバート・スペンサーキング・ジョージ(Alan Dale):
現実社会では検事~デヴィッドを陥れようとあれこれ画策。ネズミ男のビリーを殺したのもアルバート


無し/ロビン・フッド(Tom Ellis):
ルンペルシュティルツキンの魔法の杖を盗みに来る


無し/コーラ・ミルズ&ハートの女王(Barbara Hershey、Rose McGowan):
レジーナの母


無し/オーロラ姫(Sarah Bolger):
フィリップ王子の恋人


無し/フィリップ王子(Julian Morris):
オーロラの恋人


無し/ムーラン(Jamie Chung)
フィリップを命の恩人と崇め、オーロラとフィリップを守る


無し/ウィリアム・スミー(Chris Gauthier):
フックとともにネバーランドへ行くも、その後?ベルの父に命じられてベルをさらう


アントンタイニー(Jorge Garcia):
ジャックと豆の木の天空の世界に住む巨人。後にリロイたち同様「dwarf=ドウォーフ(小人)」となる


無し/ランスロット卿(Sinqua Walls):
キング・ジョージの命令でスノーに不妊の薬を飲ませるも、それを悔んだ後はずっとスノーの力になる


無し/レオポルド王(Richard Schiff):
スノーの父、Evil Queenの夫


無し/エヴァ女王(Rena Sofer):
スノーの母親


ウェンディ・ダーリン/無し(Freya Tingley):
ベルファイアが現実世界=ロンドンにやってきた時世話になった家の娘


ジョン・ダーリン/無し(William Ainschough):
ウェンディの兄弟


マイケル・ダーリン/無し(Benjamin Cook):
ウェンディとジョンの弟、ピーターパン(の影)に連れ去られそうになるが、ベルファイアに助けられる


無し/オーウェン・フリン、グレッグ・メンデル/無し(Ethan Embry、Benjamin Stockham)
昔レジーナに父親を殺された(?)恨みでストーリーブルックの秘密を探りにやってくる


タマラ/無し(Sonequa Martin-Green)
ニールの婚約者


ジョハンナ(Lesley Nicol~パットモア@ダウントンアビー):
スノーの乳母



<他~S1のみ>
シドニー・グラスジーニー~魔法の鏡(Giancarlo Esposito)



ワンス・アポン・ア・タイムシーズン1のあらすじをこちらに整理してあります。よろしければ今後のご参考までにご利用くださいませ: ワンス・アポン・ア・タイムS1 全22話 あらすじと感想一覧(小ネタ満載レビュー)


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はワンス・アポン・ア・タイム2(Once Upon A Time S2)のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング