2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

ニキータのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: ニキータ あらすじと感想一覧


マギーQ主演の【ニキータ4】~ファイナルシーズンの第6話は最終回です。これでついにニキータが完結したかと思うと、まさに長い長い戦いが終わったかのようで実に感慨深かった~。英語の副題は「Canceled(キャンセルした)」です("l"が1つなのはオリジナルに合わせました)が、キャンセルしたのは何でしょうかね?


今回もまた早速ネタバレから参りましょうか。何せこの「戦い」で、果たしてニキータとアレックスは、そしてアマンダはどうなったのか、それが一番知りたいところですものねニキータファイナル最終回のネタバレ行きますよ~( `ー´)ノ


ズバリ結論から申し上げますると、ニキータとアレックスは、宿敵=アマンダを「終身刑にすることに成功しました。とはいっても裁判にかけて裁いた訳ではありません。経緯(あらすじ)はこうです


今回ニキータはアレックスと組み、わざと暴走したふりをして、ジョーンズを初めとする8人を殺したように見せかけました。実際にも本当に殺したように見えていましたが、それもまたアマンダを騙すための功名な作戦だったのです


しかも、彼女たちと別行動をとっていたマイケルとバーコフは、ピッタリと監視役に張り付いていた米軍のスローカム大佐(Joshua Peace)を出し抜こうと、ニキータの「本性についてさりげなく、かつ大げさにアピールしてみせるという念の入れようです


ディヴィジョンに入ったばかりで凶暴だったニキータを、マイケルはすぐに処刑すべきだと主張したとか。目の周りを真っ黒にしたキョンシーニキータが、何とも不気味で怖かったですよね


ニキータはライアンを殺されて理性を失っている。そうなったらもう誰にも止められない!


こうして、ニキータの本性は「Assassin」というイメージを植え付けられた上、ニキータが神経毒を使って7人を殺そうとした様子も見せられたスローカムは、迷うことなく兵士たちに突撃を命じてニキータを確保しました


その後ニキータは、ヴァージニア州フォールズ・リッジの最厳重刑務所の中でも

「生涯誰も近づけない、決して出ることのできない」

という他から完全に孤立した「F-block」に閉じ込められ、首と両手に金属製の輪っかをはめられて拘束されてしまいますニキータが大変だ!(>_<)


そこへ、計画通り、のこのことやってきたアマンダは、まんまとニキータに捕まり、代わりにその場に拘束されてしまったのですここは実に痛快でござった(^^)/。どうやらスローカム大佐も偽物だったようです。これはライアンが死ぬ前にニキータに教えてくれたのだとか


~ちなみに、ヴァージニアには本当にこのような刑務所があるそうです(本物の名称は「Wallens Ridge State Prison」)~


それまでいかにも勝ち誇ったような微笑みを浮かべていたアマンダは、繋がれた瞬間、いったい何が起こったのか分からなかったようでしたよね。それでも懸命に誰かがきっと見つけてくれると負け惜しみを言ったアマンダへ向けたこのニキータのセリフは当分忘れられないことでしょう


No one will ever find you. Welcome back to the basement Helen.
誰にも見つけられないわ。再び地下室へようこそ。ヘレン。


ここはアマンダもといヘレンが少女時代、父親に閉じ込められていた地下室と同じだというこの皮肉には、さすがのアマンダも平静を失わずにいられませんアマンダの末路は悲惨(^^)/


ニキータ!!


ここはまさに天罰でございましたね一生そこで反省しなさい(`・ω・´)


~自分はたとえどんな理由があるにせよ、人間が人間の命を奪うことには反対です。極悪人は生きていてこそ反省の機会が与えられる=魂が救われる、と信じているので


その後「仲間たち」はそれぞれに相応しい道を選んで歩んでいったようです


バーコフは、「Shadowwalker」の正体を世間に公表した後は(Shadowwalker is coming out of the shadows)、ロンドンにいる恋人=ソフィアのもとへ行くそうですし、アレックスは今後も公人として人権運動に邁進していくようでした。オーウェンあらためサムは、そんなアレックスを陰で支えるボディーガード?になったようです。And I will always love you ~と歌いたくなっちまいますが


そしてニキータとマイケルは、念願だった南の島=エクアドルのモンピチェへ行き、つかの間のバカンスを楽しんだようです。あれはふたりきりの新婚旅行だったのかな。副題の「キャンセル」は結婚式に皆を招待しなかったことでしょうか?


それでもこの二人のことですから、また再び「戦い」の中に戻っていくような気配も暗示されておりました。 I could never just sit on a beach anyway.ずっとビーチに座ってはいられない


それもまた「自由どう生きようが、彼らの自由♪ですからね


そして彼らにその自由を与えてくれたのはライアンの名は、CIA本部ビルの壁に、殉職した他の職員たちとともに壁に星付きで追悼されていました。ここはついホームランドを思い出してしまいますライアン・フレッチャーを忘れない( `ー´)ノ


He made us better heroes. Now Ryan has given us a gift--freedom.
彼のおかげでよりよいヒーローになれた。ライアンは私たちに自由を与えてくれた


出来ればライアンにも生きていてほしかったですが、彼の尊い犠牲があったおかげで、今の皆があると思うと、ニキータ同様、心からライアンに感謝したい気持ちでいっぱいです


また最後になりましたが、2013年の2月にスタートしたこのニキータを、最後までご一緒してくださいました皆々様にも心より感謝申し上げます。当分はこのニキータのイメージが強すぎてアクション物はしばらく見ないかもしれませんが、また面白いドラマをご一緒できる日が来るのを心待ちにしておりまする


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 8

There are no comments yet.
polka dot  
初めまして。

ニキータ最終回でしたね。(所々見ていない話もあるのですが・・・)

長いドラマや小説は最後をどう締めくくるかが難しいですが、私的にはいまいち納得の行かない結末でした。

アマンダをあの状態で監禁するという終わり方は正直後味が悪かったです。ろくでもない事を山ほどしてきたキャラですが、子供時代、父親に地下室に閉じ込められいたという過去を持つ人をあの状態にするというのはいくら何でも残酷すぎる。
一発で殺した方がよほど情があるというか。
私はニキータを初めとした主役たちは好きでしたが、アマンダを監禁して自分たちは幸せにやっているというラストには違和感がありました。

アマンダは勿論好きではないですが、最後の最後、「みんな良かったね」と思える爽やかな終わり方にしてくれればなあ・・。(この辺は見方が分かれるだろうと思います。「当然の報い」という考え方もありますが、私は不倶戴天の敵に対してもあまりに残酷な事はしないのがヒーローだと思っているので。それに、確かアマンダはニキータの命を助けた事もありましたし・・・)

Dr.ハウスも終わり、奇皇后も終わり、ニキータも終わり・・長く続いてきたドラマの最終話が続いています。「リベンジ」ももうすぐ最終回ですね。楽しみです。






2015/09/10 (Thu) 21:48 | EDIT | REPLY |   
polka dotさんへ  
Re: 初めまして。

はじめまして。

上にも加筆いたしましたが、
自分は人間が人間の命を奪うことには基本的に反対です。
(だから死刑制度にも反対です)

特に極悪人ならなおの事~生きてこそ反省する機会が与えられ、
それでこそ魂が救われる=成長があると信じているからです。

あそこまでしなければアマンダにその機会はない~
たとえ殺されても「地獄行」でしょう。

私はその方がよほど残酷だと考えます。
これはもう宗教観の違いですね(笑。こん

2015/09/11 (Fri) 07:09 | EDIT | REPLY |   
polka dot  
お返事有難うございます。

私も死刑制度には反対の立場です。

ただ、このドラマではニキータも他の面々も、銃撃戦などで多くの人たちを殺してるんですよね・・・・。
暗殺者として、あるいはヒーローとして、これだけ殺してきて最後に何を今更という印象が。その意味では「何故例の7人を殺さなかったのか」というのもあります。

これまでニキータは誰も意図的には殺してこなかった。人の命を奪う事は許されない事と思っているから。故に不倶戴天の敵も殺さない。これなら分かります。
でも実際には違う。

見方によるでしょうが、あれは私には「アマンダに反省の機会を与えるため」には見えませんでしたね。そんな温情が垣間見見ればよかったのですが、「復讐のために死よりも辛い状況を与えてやろう」という悪意しか感じられませんでした。
大体、あんな椅子に括り付けられ首も動かせない状況で、人間が反省や内省が出来る訳がない。精神を病むだけです。
現実の刑務所で、終身刑の囚人にあれをやったら(1日2日ならともかく、長期間に渡ってやったら)完全に虐待です。もしそれを「反省を促すためにやってるんだ」などと言う刑務所職員がいたとしたら、その言葉はとても信じられませんし、一般的にも受け入れられないでしょう。

・・・・・・つくづく、最後をどう終わらせるかというのは難しいけれど大事だなと思います。
私はあまり結末に文句は言わないんですが、(脚本に文句を言う事は時々あっても)「ニキータ」の最終回は凄く久しぶりに文句を言いたくなりました。


2015/09/11 (Fri) 14:52 | EDIT | REPLY |   
polka dotさんへ  
Re: お返事有難うございます。

おっしゃりたいことは分かりましたが、
自分にはどうすることもできません(苦笑。私は楽しく見終わったので(^^)/。

後は是非「ニキータの制作者」の方へご意見をお寄せくださいますように。こん

2015/09/11 (Fri) 15:40 | EDIT | REPLY |   
ロン  
ご無沙汰しています

こんさん

こんにちは^ ^

ご無沙汰しています。覚えてますか?バタバタしててすっかり久しぶりになってしまいました。

ニキータ終わっちゃいましたね。あの美しいニキータが見れなくて残念です(>_<)

シーズン3は守る立場の展開がちょっと歯がゆかったけど、ファイナルシーズンは敵がしっかりいて見応えありました。

リベンジも明日で最終回ですよね。
こちらの悪女(いっぱいい過ぎ)もどうなるかある意味楽しみですね。

又、寄らせて頂きます。

2015/09/12 (Sat) 07:49 | EDIT | REPLY |   
ロンさんへ  
お久しぶりです~(^^)/

ロンさ~ん、こんにちは~♪
お久しぶりです。お変わりなかったですか?

もちろん覚えていますよ~。
今年は自分も高校野球をタップリテレビ観戦していたので、
ロンさんはまた野球場へ行かれたかな~などと思ってましたよ(^_-)。
また遊びに来てくださってとっても嬉しいです~ありがとうございますv-343

ニキータ、とうとう終わっちゃいましたね~。ホントに寂しくなりますね。
アレックスとニキータが戦ったシーンはサービスショットですよね~きっと。

そうそう最後によ~~やく宿敵をぶちのめせて実に痛快でした(^^)/。

リベンジもどうなるか分かりませんよね~。
最近(アマンダと違ってv-219)ヴィクトリアがイイ人っぽく見える時もあったので、
最後がどうなるかまったく読めません~それだけにとっても楽しみですねv-441

またいつでも遊びに来てくださいね~v-254。こん

2015/09/12 (Sat) 11:01 | EDIT | REPLY |   
エレン  
さよならニキータ

マギー・Qさんの魅力はもちろん、名悪役パーシー、まっすぐな瞳が印象的なライアン、お茶目なバーコフ…みんなハマり役で、大好きなドラマでした。

ニキータに続き、リベンジやダメージの最終回も近いですね…
かっこいい女性主人公に肩入れしちゃう性分なので(笑)、お気に入りのドラマが続々完結で寂しいです。
こんさんのレビューを読んで思い出にひたらせていただきます( ^ ^ )

2015/09/12 (Sat) 11:44 | EDIT | REPLY |   
エレンさんへ  
面白かったですね( *´艸`)

エレンさん、こんにちは~♪
また遊びに来てくださってありがとうございます~v-254

ついに終わってしまいましたね~寂しくなりました。

そうそう「ニキータ」は脇キャラも充実していて楽しかったですよね~。
自分は特にバーコフが大のお気に入りでした( *´艸`)。

そーなんですよ。来週はダメージとリベンジ、ともに最終回なのですよね。

余談ですが、ライアンが殺された時「ダメージ」を思い出して、
どーしていつもこの人はこんな可哀想な最後なんだ、と
しんみりしてしまいました(;´・ω・)。

>かっこいい女性主人公に肩入れしちゃう性分

私もそうです~v-441
特にこのニキータは素敵でしたよね~毎回惚れ惚れしていましたしv-9
最後の最後までその期待は裏切られませんでした(^^)/。
見た目も中身もカッコよかったv-218

他にもまた是非面白いドラマをご一緒したいですね~(^_-)。こん

2015/09/12 (Sat) 12:02 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.