2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

花咲舞が黙ってないのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 花咲舞が黙ってない(S1&S2)あらすじと感想一覧


杏さん主演の【花咲舞が黙ってない2】~先週は不倫ネタだったのでご遠慮いたしましたが、今週はまたなんともひどい話でございました。でもいかにもありそうで実に腹立たしかったですi花咲舞が黙ってないのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ。あれでは舞でなくてもお言葉を返して当然でしょうおばさんなら手が出てます( `ー´)ノ


以下簡単なネタバレのあらすじです


今回は、東京第一銀行、しかも特定の支店=豊洲支店を名指しでネットに書きこみがありました。それも単なる嫌がらせとは思えない、

「ぶっ潰す!

と実に物騒な文言なのです。柴崎次長が息せききって走ってくる理由も頷けますね


そのハンドルネームが「狐」だったことから、真衣が異常に「キツネ」に反応するのがまた可笑しかったですね~。店=花咲への世間の評価はかなり高いのに、

女性客への過剰サービスが男性客の反感を買っているらしい幸三父さん

がこれまたサービスにと差し出したキツネサラダ(和え物?)にまで驚いて


それはさておき、舞と相馬は早速豊洲支店に赴きますが、そこでもまたいつも通りの邪魔者扱い~かと思いきや、ほかならぬ支店長がわざわざねぎらってくれたから驚きです。しかもその支店長=三枝(津田寛治)は真藤派閥にも関わらず!です


が、そこに「放火事件」が勃発した途端、この三枝の態度が豹変します。何でも、何者かがATMコーナーのゴミ箱にアルカリ金属を捨て、それが発火してボヤを起こしたのだそうです。もちろん事故ではありません


三枝が、臨店のふたりがわざわざ調査に来ていたのにこれを見逃したと、あたかもこれが二人の責任であるかのように騒ぎ立てるのがまた実に嫌らしかったですよね。責任を部下や外部に押し付けるなら、いったい何のための「支店長」かなこのヒラメめっ!


その後再びネットに書きこまれた内容が、今度は「三枝支店長」を名指ししていたことから、舞はこれが銀行ではなく三枝個人を恨んでの犯行ではないかと閃きます


また、犯人が使用したアルカリ金属からガラス工場が浮上し、1年前に倒産した取引先の時田硝子の息子= 恒夫に容疑が掛けられました。父親で社長だった時田紀一郎(山崎銀之丞)は既に死亡していたからです


ここで舞が表札の名前を見て「キツネ」の謎に気づいたのはさすがでしたね。紀一郎の「キ」と恒夫の「ツネ」を合わせて「キツネ」としたに違いない!


が、恒夫は指名手配を受けて姿をくらましてしまったことから、事情を聴くことができません。後は警察に任せろという辛島に、舞はキッパリこう申し出ました。岩手に行かせてもらえませんか?


岩手には当時時田硝子で専務をしていた久我(大和田獏)がいるのだそうです。


最初は銀行の人間を毛嫌いしていた久我でしたが、舞と相馬が必死で農作業を手伝ったその誠意を認めてくれて、すべてを明かしてくれました。以下ネタバレです


なんと三枝は営業成績を上げるため、当時は優良企業だった時田硝子にシツコク日参し15億もの融資を勧めたのだとか。そのために会社の海外(タイ)進出まで熱心に勧めたそうです


わざわざ「支店長」がそこまで勧めてくれるならと時田もその気になってしまい、融資を受けたその矢先、タイに政情不安が起きたため、多額の借金を抱えて撤退せざるを得なくなったのだとか


三枝は、仕方なく追加融資を頼んできた時田に「融資予約」をしたのだそうです


とりあえず、融資の全額を一旦返金してください。そうすれば優良企業と見なされて、今より低利で追加融資ができるから


時田が必死でかき集めた金は「融資回収」として三枝の成績となり、その後時田硝子への融資は一銭も行われなかったそうです。まさに

銀行は晴れの日に傘を貸し、雨の日にそれを取り上げる

の言葉通りですな


その上、心労が祟って時田が亡くなってしまっては、息子が「仇討ち」をしたくなる気持ちも分かりますよね。しかも「融資予約」は厳しく禁じられているそうです花咲舞が黙ってないが痛快です( `ー´)ノ


それでも口約束だから追及できなかったのだろうと語った相馬でしたが、その後舞とともにその「確証」を見つけ出します。久我が見せてくれた当時の資料の中に、三枝が融資予約について説明した際のメモが見つかったのです。しかもそれを書いたのが、

銀行の端末から出力された証のコードが記された書類の裏

だったのだとか。そのコードから、これを印刷したのは三枝だということが判明しました


これを、他ならぬ真藤の目の前で明かされた三枝が自分は正しいとのたまうのを、舞のみならずその真藤からも

「君は間違ってる!真藤もたまにゃあいいこと言う(*^^)v

と断定されたシーンがまた痛快でございました。先週は、ライバルの堂島の失脚を心の底から願っていた風だった真藤も、やっぱりイイとこありますよね


とはいえ、来週の最終回ではその真藤が崖っぷちに立たされるようです花咲舞が黙ってない~来週はいよいよ最終回(^^)/。こ~れは絶対に見逃せませんね!舞と相馬がどうなるのか~も見逃せない(*^^)v


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.