2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

チョン・ドジョン(鄭道伝)のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: チョン・ドジョン(鄭道伝)全50話 あらすじと感想一覧


韓国ドラマ、【チョン・ドジョン鄭道伝)】の14話はまた涙無くしては見られない、何とも切なくもやるせないエピソードでございましたねチョン・ドジョンが切ない。少しの間だけ辛抱すればまた家族に会えると言ったドジョンの言葉と、それを聞いて嬉しそうに笑ったヤンジの顏がまだ頭から離れませんチョン・ドジョンのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ。以下ちと暑苦しいネタバレのあらすじです


やはり、ヤンジと弥勒寺の住職が捕まったのはイニムの仕掛けた罠でした。でも、法会で民がソンゲを称えたのは、もしかしたら自然発生したものかもしれません。それだけソンゲへの民衆の支持が強くなってきたのでしょうからね。でもそれが利用された~逆手に取られてしまったのはいかにも無念でございました


イ・ソンゲを弥勒と崇めて、民を扇動しようとした。ヤツを王に据えようとしたのか!?


思いもよらぬ疑いをかけられて最初は憤慨していた住職でしたが、そう白状しなければヤンジを殺すと脅されてしまいます


一方、目の前でヤンジと住職が捕えられたのを見たドジョンは、早速モンジュのもとへ行き、ともにふたりを捕えた典法司へ向かったようです。が、モンジュが事情を聞きに行っても、役人(摠郎)は知らぬと答えたのだとか。


典法司に緘口令が敷かれている!これはただ事ではない!


ここでモンジュは、ソンゲが三角山の法会に行ったことを思い出しました。もしや、標的はイ・ソンゲ将軍なのか!?


モンジュは慌ててソンゲのもとに駆けつけ、その推理が的中したことを確信しました。私に良い考えがあります!


モンジュは翌日の都堂の会議の席上で、以前ソンゲが赴任していた東北面で、女真族のホバトゥが民を襲ったと切り出し、ここはソンゲを派遣するべきだと主張しました。モンジュは、イニムの罠からソンゲを逃がそうとしたのです


ソンゲはモンジュから、何の罪もない住職と役僧が酷い拷問を受けていると聞いて憤慨しますが、モンジュはたとえソンゲが残ったところでふたりが救える訳ではないと説得します。


~いや~おばさんは是非ここでソンゲに殴りこんで行ってもらって二人を救ってほしかったよイ・ソンゲに戦ってほしかった!( `ー´)ノ


モンジュの提案に、ソンゲとモンジュが気づいたことを知ったイニムは、何としてもソンゲを逃がすまいと、ホバトゥ征伐など急務ではないと引き留めにかかりました。それにソンゲが食って掛かるのを見たチェ・ヨンは、会議の中断を申し出て、ソンゲを諭します。どうしてそうも対立するのだ?


でもさすがにソンゲが罠にかけられたと知っては黙ってはいられません。ヨンは早速ソンゲを逃がして都堂に戻り、ソンゲは「偵察」に行かせたとうそぶきました。こう言われてはもうイニムも手が出せません。


がここで、ついに住職が(ヤンジの)拷問に耐えかねて嘘の供述をしてしまいます。何もかも正直にお話しします!


一方、なんとかソンゲを逃がせたと安堵して戻ってきたモンジュを、事情を知ったドジョンが怒鳴りつけた時にはともに声を合わせてしまいましたよねそれでも人間か!


何だと?!ヤンジと住職の潔白を証明できる唯一の男を逃がしたというのかっ!!あの気の毒な二人を見殺しにするというのかっ!絶対に許さんっ!!


あの役僧の名は私が「ヤンジ」と名付けた。あの子は、孟子が言う「良知(ヤンジ)」を持った子なのだ。耐えがたい苦痛と苦しみを味わい、胸の中は涙と絶望で満たされている。それでも良知を守って懸命に生きている。あの子は腐れ切ったこの世の希望の光だ!


~良知(日本語読みは「りょうち」)とは「人が生まれながらにもっている、是非・善悪を誤らない正しい知恵」を指すそうです-コトバンクさんより~


たとえソンゲを差し出してもイニムが二人を救うはずがないなどと弁明するモンジュをどやしつけたドジョンは、ヤンジは自分が救ってみせる!と言い切りますが、いかんせん力がありません


そんな折、朝廷では腹の探り合いが行われていました


ソンゲが東北面へ行ってしまったのではもはや手遅れ~戻る際には何千人もの家別抄(私兵)を連れてくるに違いない、下手をすれば反乱を起こしかねないというハ・リュンの言葉に、イニムも拳の降ろしどころ=引き時を探していたところに、チェ・ヨンが腹を割ってこう切り出します


イ・ソンゲに手を出さないでください。都指揮使に任命したという委任状を書いてほしい!


ここでチェ・ヨンがもう少し頭の回る策士だったら、もう少しことを有利に運べたに違いないと思うと悔しくてなりませんイニムにしてやられた。ヨンは、委任状と引き換えに、明に使臣を送ることを承諾したのですが、それならば、寺のふたりを釈放してほしいとモンジュが気色ばむと、イニムはいかにもしてやったりとこう言い放ったのです


もう既に黒幕がイ・ソンゲだと白状した。今さらその事実は消せぬから、証人である二人を消すしか方法はない


もし自分が逆の立場にいたら、役人すべての口を封じることなど赤子の手をひねるより簡単だろうに、チェ・ヨンとモンジュの(敢えて言う!愚直さに付け込むとはなんたる卑怯なやり方かっ!!イ・イニム許せんっ!!


結局住職とヤンジは、ソンゲに罪を擦り付けて民衆を惑わそうとしたという濡れ衣を着せられてしまいました可哀想なヤンジ(;O;)


しかもこの報告を受けた馬〇王が、そういうことなら是非残虐な方法で殺せと命じたそうです。こんな君主では天罰が下って当然でしょう


万策尽きたドジョンは、まさに断腸の思いでイニムに頭を下げに行き、その門下に下ると約束しますが、逆にイニムはそんなモンジュを相手にしてくれんのです。私が欲しかったのは、他人のためではなく、自分のために頭を下げる人間(=卑劣漢)だ。そういう男なら、エサを与えれば決して裏切らない。


イニムにドジョンの偉大さを思い知らせてやれたのは良かったけれど、これでドジョンには何の手立ても無くなってしまいます


刑場に連れて行かれる際、これまた騙された民衆が、天下のイ将軍を陥れた罪人だとばかりにヤンジと住職に石つぶてを投げつけますそんなことをするような人間じゃないってことが見て分からない?。そこへドジョンがやってきて、体を張って二人を守ったシーンには、もう涙が止められませんでしたお役人さんっ!!


死ぬ前にお役人さんに会えますようにと毎晩祈ってた。もう思い残すことは何もない


自分が処刑されるのを知ったらお役人さんが悲しむだろうと嘆いていたヤンジが、今ではそのドジョンの前で精一杯の笑顔を浮かべている姿が何とも健気で辛かったですね


辛いだろうが少しの間の辛抱だ。それが過ぎたらまた家族に会える。そう思って耐えろ


うんうんと頷いていたヤンジが、それでもやっぱりひとりで逝くのは怖いから、最期を見守ってほしいと、涙を浮かべながら、彼女らしい控えめな面持ちで頼むと、ドジョンもまたその目を真っ赤にして分かった、見守っていると答えますここは本当に悲しかった


何の希望も無い世の中よりも、いっそ死んだ方が家族に会えるからまだマシだ。ずっと苦しみを背負って生きていくより、一瞬の痛みの方が耐えられる。現実ではなく、死後の世界に幸せを求めてそれを慰めにしているという状況が、何とも悔しく、そして悲しくてなりませぬ。だからこそ庶民には仏教が救いとなったのですものね


杖刑を受けた後に惨殺された二人の姿を見たドジョンは、固く固く誓います


残賊の者は君主ではなく一夫だ。残賊を殺めて姓の違う王を擁立するのは背徳にも簒奪にも当たらない。いや、背徳や簒奪だと非難されても構わない。もう逃げない


この世にいる大勢のヤンジのために高麗を滅亡させる!500年も居座ったこの獣を殺すためには私も獣にならねばならぬ!!いよいよ反撃開始だ!!


自分をろくでなしと卑下しながらも、その教えは「嘘」だとこきおろしながらも、それでもずっと手放すことのできなかった「孟子」の経典を、今度はその手で焼きながらの誓いに嘘偽りのあるはずがありません


ヤンジは本当に可哀想だったけれど、そこまで叩きのめされなければ、ドジョンも動けなかったのかもしれません。


それにイ・ソンゲもまた、どうやらドジョンがチョンボクのそれの隣に作ったらしいヤンジの墓を詣でて深く祈ってくれたようです。  


ソンゲは、ヤンジが冷たい土の中で震えていることだろうと、自分が獲った鹿の皮で作った上着を持ってきてそれを墓にかけてくれました。私にはこれしかできない~獣の皮をはいで人の命を奪う去骨匠に過ぎないから。ヤンジ、すまない。


~ここは、時を同じくして産まれたらしいソンゲの末子=バンソクが、つい、ヤンジの生まれ変わりのようにも思えてしまい、余計にはらわたが煮えくり返りそうでした。あ、またしてもフライングか


これ~ソンゲはことあることに自分を「去骨匠」(いわゆる白丁と同意)と蔑んでいますが、これはあくまでも、人を殺すしか能の無い男だという比喩ですよね。こうして無力感に苛まれたソンゲとドジョンが手を結ぶことには何の不思議もありません


また、ここでバンウォンがカン氏をひどく嫌っていたらしいのを見てちとググってみたところ、バンウォンの母、つまりはソンゲの第一夫人はまだ生きていたようです(高麗は一夫多妻制)。あ~だからジランはカン氏をわざとらしく

「二番目の奥さん

と呼んでいたのですね~。ちなみに、ソンゲの故郷=咸興に住む第一夫人は「韓(ハン)氏」で一般には「郷妻」と、第二夫人の「康(カン)氏」「京妻」と呼ばれていたそうです。


さ~ていよいよドジョンが動き出しますねチョン・ドジョンは来週の放送が今から待ち遠しい限りですヤンジの弔い合戦だ!


鄭道傳 DVD-BOX1鄭道傳 <チョン・ドジョン> DVD-BOX3鄭道傳 <チョン・ドジョン> DVD-BOX4鄭道傳〈チョン・ドジョン〉DVD-BOX5

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.