このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

ビッグマン
 コメディ

ビッグマン あらすじと感想 第1話 いけにえを探せ!

カン・ジファンさん主演の韓国ドラマ、【ビッグマン】を見始めました。いや~思わずコメディに分類すべきかどうか悩むほど、奇抜な設定でしたね~。あ、韓ドラではあれがフツーだったでしょうか。以下、そんな「ビッグマン」の登場人物の紹介をメインにした第1話のあらすじをまとめておきまするビッグマンのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


まず、チファンさん演じる主人公のキム・ジヒョクは天涯孤独~孤児だったようです。ジヒョクが母と呼んでいたホン・ダルスク(ソン・オクスク)は、あくまでも育ての母(?)のようでした。


ジヒョク(これもチヒョクと言うべきか)は、おそらくそんな身の上から自棄になり、一時は裏社会のトップにまで上り詰めたそうですが、今では心機一転、まっとうに生きる決意を固めていたようです。そう導いてくれたのがダルスクなんでしょうかね。昼間は市場で働き、夜は、代行の仕事をして稼いでいたようです


そのジヒョクの弟分らしいイ・デソプ(チャン・テソン~チョンボク@チョン・ドジョン)は、肉屋で働いているようでしたが、最近父を亡くしたそうで、その葬儀でテソプが

「せめて海外旅行ぐらいは行かせてやりたかった

と泣いたのをジヒョクが哀れに思い、デソプが川に散骨しようとしたのを止めて、風船をたくさん持ってきて骨箱を空に飛ばしてくれたのが、地味だったけど、何とも良いシーンでしたよね


こうして、貧しくてもそれなりに充実した毎日を送っていたジヒョクに、とんでもない不幸が襲い掛かります


こちらは財閥グループの御曹司=カン・ドンソク(チェ・ダニエル~セチャン@ゆれながら咲く花)が、交通事故に遭って心臓移植を必要とした際の「ドナー」として白羽の矢が立てられてしまうのです


これは、ドンソクの両親、財閥ヒョンソングループ会長のソンウク(オム・ヒョソプ)とチェ・ユンジョン(チャ・ファヨン)が、法に則ってドナーを待っていたら息子が死んでしまうと焦り、胸部外科の主治医=イ・チュンウォン(パク・チイル~イ・セク@チョン・ドジョン)から「家族」であればすぐに移植が認められると聞いて、金に飽かせて「偽の家族」をでっち上げようと探したところ、ちょうどジヒョクが心臓提供者として適合率(手術成功率)が95%だったのだそうです


~ここがまずありえないですよね~赤の他人で95%なんて。実はジヒョクはソンウクの実の息子なんとちゃうか? 大体交通事故で心移植を必要とするなんてケースも聞いたこと無いビッグマン~設定が無理くりすぎやろ(;´・ω・)。フツーは逆、ドナーになるのが自然でしょう


ソンウクに命じられてドナーを探していたト・サンホ(ハン・サンジン~ソンプン@ソル薬局の息子たち)は、早速、裏社会のチンピラ(ク〇バエの兄貴分~キム・デリョン)に命じて、ジヒョクを襲わせました。その上で、ジヒョクをカン家の長男だとの事実をでっち上げます。いやいやひどい話やね


こうして「脳死判定」が行われ、さて心臓を取り出そうと胸にメスを刺した途端、なんとジヒョクの脳波が復活し始めました


先生!!止めてください!


それでも、もう脳死と判定されたのだからと、無理矢理切ろうとする主治医が恐ろしすぎです。部下たちに止められて、ようやく思いとどまったのは幸いでした。このままでは殺人になってしまいます!


一方、この二人の男性を巡る女性たちも今後花を添えてきそうです


まずジヒョクには、偶然代行運転をしたドンソクの妹=ジナ(チョン・ソミン)が、ドンソクには、どうやら幼馴染で初恋の相手らしい、しかももうすぐ結婚も考えていたらしい秘書のソ・ミラ(イ・ダヒ~カクタン@太王四神記)が絡んできます


当然、ジナとミラは面識がありますが、ドンソクとジヒョクにはありません。ジナは、ジヒョクが飲酒運転を知られまいと、カムフラージュに無理矢理キスをしてきたことで、すっかり「心奪われてしまったようです


他には、ヒョンソングループに恨みを持つらしいチャン検事長(パク・ヨンス)も押さえておきたいところでしょうか


日本のドラマがほぼ軒並み今週が最終回なので、次のクールまでの間、いわゆる端境期にゆっくり見ようと思っています。韓国ドラマ・ビッグマンは続きもとっても楽しみですビッグマンも楽しみ(^◇^)


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はビッグマンのレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング