2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

キャシーのbig C いま私にできること S2】(The Big C S2)の10話は「胸のぬくもり」(How Do You Feel?~どんな風に感じる?)です。これまた何とも味わい深いエピソードでしたねキャシーのbigC S2のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ。以下簡単なあらすじです


まずはショーンから見ていきましょうか。


ベイビー・キャシーを失ったショーンはすっかり薬を止めてしまいました。これまでに彼女のために集めたベビーグッズも誰かに引き取ってもらおうと、家の前に看板を掲げます


が、ここに最近隣に引っ越してきたらしい子供連れの夫婦がやってくると、途端に不機嫌になってしまいます。赤ん坊の泣く声がうるさくてたまらないというのです


以前のショーンのように、訳の分からない理屈を並べ立てるのを、妹のキャシーは理解できても、他人には難しいですよね。最近ちょっと辛いことがあったから、と言い訳しても分かってもらえず、その夫婦はそそくさと退散してしまいました


その後もショーンは、隣の夫婦と子供の姿に悩まされてしまいます。最初は耳栓でなんとか我慢しようとしたものの、どうにもこうにも我慢できず、ついには家を出てしまったようです。


あ~この気持ち、でもよく分かるなあ。頭では祝福してあげたいと思っても、自分が辛い目に遭った直後はさすがに心がそれを拒否してしまうのですよね。ショーンは特に偽善者じゃないから尚更でしょう


それでも、ショーンがあの赤ん坊や家族に悪さをするとかせず、最低限の理性を保ってくれていたのにはホッとしました


キャシーの心配事はでも、兄のショーンだけではありません。どうやらその後も、ガン友のリーの治療が上手くいっていないようなのです。キャシー自身は治験の効果が出ているだけに、余計に辛くてならないようです。


リーがマラソンの練習をしているところに車を横付けしたキャシーは七面鳥の残り(調理済みです)を差し出して、感謝祭では嘘をついてごめんと謝りました。するとリーは自分も酷いことを言ったからお互い様だ(the jerk goes both ways)と言いながら、こう付け加えます:


That's why I don't form attachments.
だから他人と深い関係を築けないんだ


これと仏教徒がどう関係するか分かりませんが、リーのこの気持ちも大いに共感するところです。おばさんも思ったことを口にせずにはいられん性質だけど、この世には、バリバリ言っていい相手と悪い相手がいると知った時から、そしてそれで何度も痛い目に遭ってからは、積極的に他人と深い関係を築くのが怖くなったものです


でもキャシーはそんなリーだからこそ好きだと言ってくれました。他の人が言いにくいことでも、ハッキリ言ってくれたから


その後キャシーは、病院で再びリーと出会います。リーの治験は相変わらず奏功していない様なのに、明るく振る舞う姿を見たキャシーは、どうしたらそんなに前向きでいられるの?と聞かずにはいられません。


How do you do the whole water-off-a-duck's-back thing?
(直訳するとどうしたらそんなに「カエルの面に小便」でいられるの?)


キャシーは「glass half empty」(グラスに半分しか入ってないと文句を言う=悲観論者)タイプのようです。


すると、こちらは「glass half full」(まだ半分も残ってる)タイプのリーは、メラノーマになってよかったことを考える、自分にはまだまだやりたいことがあるのだと答えました。キャシーが、その中の1つ、

get my hands on a bottle of 1982 Lafite Rothschild
82年のラフィットロートシルトのワインを開けること

をちゃんと覚えてくれて、後でリーの家にラフィットロートシルトの2007年もの(?)を届けてくれたのがまたよかった。望み通りの物じゃないけど、ラベルはみんな同じだから、82年ものだと思って飲めばいいわ。82年物は1本5000ドルもするそうです


リーがこれに喜んで、キャシーにこう言ってくれたのもものすご~く嬉しかった


it's not the wine, it's the people that you're drinking it with.
大切なのはワインじゃなくて誰と飲むかだ


この後リーがキャシーの胸がきれいだと褒めたことから、副題となったシーンが展開されていきます。リーはゲイなので、女性の胸に触ったことがないというのです。


それを聞いた&酔って気が大きくなっていたキャシーは、自ら胸をはだけてリーの手を自分の胸に触らせました


ワインと違ってタダだから、その好奇心は叶えてあげられる、叶えなかったら後で後悔する、と言ったキャシーが、リーの掌の片方ずつに、いかにも愛おしそうにキスをして、自分の肩から胸へとその手を押しあてたシーンがまたなんとも美しかったすっかり親友になれましたね♪


一方、「臨時収入」でこちらもまた気が大きくなったポールは、健康管理に便利な機能が付いた体重計をキャシーにプレゼントしました。でも結局使っている=役に立っているのはポールだというのがまた可笑しかったですね。実年齢45歳のポールのメタボ年齢は67歳なのだそうです


俺、もっと痩せなくちゃ。自分が先に死んじゃう!


またアダムはすっかりポピーと仲良くなって、一緒にポピーの同窓会へも出かけました。昔仲間に馬鹿にされていたというポピーを「若さ」を武器に助けるアダムが、なんだか頼もしく見えましたね。帰宅したアダムがコーヒーを飲む姿を見たキャシーもまた、

息子がコーヒーを飲めるようになった

というだけではなく、ちょっぴり大人になった雰囲気をも感じ取っていたようです


さて来週は、キャシーにポールのお小遣いが見つかってしまうようですキャシーのbigCは続きもとっても楽しみですねキャシーのbigC S2が面白い(^^)/


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.