このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

スキャンダル
 社会派

スキャンダル あらすじと感想 第30&31話「うちに帰ろう」にもらい泣き

スキャンダルのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 韓国ドラマ スキャンダル あらすじと感想一覧


キム・ジェウォンさん主演の韓国社会派ドラマ、【スキャンダル】~今週は30話「父への思い」と31話「うちに帰ろう」を視聴しました。ここではようやくウンジュンと、それにマンボクの本心も覗けたようです。以下早速ネタバレですスキャンダルのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


まずはそのマンボクから


マンボクがなぜファヨンの弁護を引き受ける気になったのか、それがまったく理解できなかったのが、今回ようやく明らかになりました。マンボクは、ファヨンの味方をしてテハを怒らせることで、自分への関心を取り戻そうとしていたのです。簡単に言えば、小さな子供が親の関心を引きたくて、わざと怒らせるような悪いことをするのと同じでしょうか


ファヨンとテハの離婚訴訟の法廷で、マンボクがテハの悪行を次々とぶちまけると、テハは顔を真っ赤にしてこうマンボクを怒鳴りつけました


チャン・ウンジュンっ!!


も~ここはテレビに向かって突っ込まずにはいられませんでしたよね。自分でその名を捨てろと言っておきながら、今さら何を言っとるんかチャン・ウンジュンじゃないと言ったのはお前だ!、と。あなたの息子のチャン・ウンジュンはそこには来ていませんよ、と


でもテハはテハなりに、ここはぐっと抑えたようです。マンボクが自分に逆らったのも致し方ないことだろう~それだけ傷ついていたのだろう、と。


が、その後イワシのジヌンから(この枕詞抜きでは語れない)、テハグループ株の5.3%を保有しているのが、

「聞いたことも無かった名前(の弁護士)=ク・ジェイン」

だと知らされては、さすがに黙っていられません。何?もう一度その名を言ってみろ!?


怒り心頭に発したテハは即刻マンボクのアパートへとやってきました。家族写真の持ち出しすら許さなかったのに、おまえは俺の息子の株を盗んだのかっ!!おまえは何が望みなんだ!


それでもマンボクは、こうして父さんを怒らせたおかげでまた会いに来てくれた、と答えます。いや~お好きな方には申し訳ないけど、ここは情念の世界でしたね。マンボクは、文字通りどんなことをしてもテハの愛情を取り戻したいのだそうです


おばさんも、それが純粋な「愛情」から来ているものであればこんなイケズは言わんのですけど、マンボクが欲しているのはテハの愛情だけとは思えんのどすテハの財産、テハグループの後継ぎという地位も手に入れたいというのが気に入りません。その辺は、何かというと「愛」を口にしながら、実は物欲に取りつかれているテハにそっくりかもしれません


それに、もしマンボクが本当にテハを愛しているというなら、何よりもテハの幸せを願うはずではありませんか?あれほど「息子」を溺愛したテハが、ようやく本当の息子に出会えたことを(寂しさは否定できないにしても)もっと祝福してもええんとちゃうかスキャンダルのマンボクが子供過ぎ~(;´・ω・)


これが幼い子供というならまだしも、今や立派な成人で、弁護士としても十分独り立ちできる(までに育ててもらった)のだから、文句を言う筋合いなどどこにもないと思うんですが。確か本人も最初はそう言っていたはずでしたよね?(全てを知った上で隠していたファヨンへの感情はまた別でしょうケド)


ウンジュンがテハを不幸にすると信じているから=テハを助けたい一心からの行動なのでしょうかねえ。でもそんなことをしたら、一番悲しむのはほかならぬテハだと思うんですけど


やはり、少なくとも今のマンボクはテハとまったく変わらないナルシスト、たとえ相手がどんなに不幸になろうとも、その執着を断ち切れない、まさに

「不幸な花嫁」

の写真を部屋に飾って満足するテハと同じとしか言いようがありません


~出自が卑しいとそうなるという韓ドラ特有の論理の展開は未だに好きになれんですが逆は無いんか?


一方のウンジュンも、今回はあちこちのシーンでその本心をうかがい知ることができました


まず、ソ次長(班長)が亡くなったことを聞かされて葬式に駆けつけたミョングンは、自分もショックに打ちひしがれながらも、ウンジュンのことを思いやります。あの子は今きっと、罪悪感に苦しんでいるに違いない!


ミョングンは早速ウンジュンに電話をし、悪いのはお前ではない、俺が悪いのだ、とウンジュンを慰めました。するとウンジュンが(やっと言ってくれた)、犯人は分かっているから、必ず俺が捕まえると約束してくれます


が、その後、ウンジュンがテハの命令で、法廷でアミと対峙することになり、あくまでもテハを騙すために、テハ建設の正当性を主張し、アミを諦めさせようとしたのを、またしてもミョングンが目にしてしまいます。(ウンジュンをこの法廷に立たせること自体が、上と同じ理由から、テハがウンジュンを愛しているとは思えない


コン・ギチャンが死んだこととテハ建設は関係ない。手抜き工事は認めない。ゼウスが崩壊でもしない限り、ウ・アミが裁判に勝つことはあり得ない


誰よりもアミを気遣っていたウンジュンが、そのアミに冷酷な言葉を言い放つのがどんなに辛いことだったか、それを誰よりも理解してくれたのもミョングンでした


アミもまたウンジュンの気持ちは理解できても、亡くなった夫と息子が、アミにとって最も大切な人々であることに変わりはないのです。アミがウンジュンに心を許したのは、ウンジュンがそんなアミの心を理解してくれていると思ったからなのに、いくら「芝居」とはいえ、夫の死の真相を否定されてしまったら、アミの立つ瀬がありません。そんなウンジュンを見ているのもまた辛いでしょう


アミに別れを切り出されたショックで、つい、本心をぶちまけてしまったウンジュンでしたが、これをテハに聞かれてしまったのは不味かったですねスキャンダル~ウンジュンの本心がテハに知られてしまった!。これまでの苦労が台無しです。


おまえはこんな女にたぶらかされたのか!すべてが終わったら愛し合おうとはどういうことだっ!?ウンジュン、おまえもか!


怒り狂って踵を返したテハを追うことも、これ以上アミに言い訳を重ねることもできず、ひとり車に乗り込んだウンジュンを待っていてくれたのもまたミョングンでした。ミョングンは、ウンジュンが夜中にこっそりと、家の塀に描かれた嫌がらせの落書きを消していたことをちゃ~んと知っていて、どうせ消すなら中途半端にするな、と切り出します


ペンキを塗ろうと思うが、おまえは何色が良いと思う?お前の母さんは「空色」が良いと言っていた。お前が幼い頃好きな色だったから、と


ウンジュンはこれまで通り、そんなミョングンを無視しようとしましたが、今度はミョングンがこれを許しませんでした


父さんと一緒にうちに帰ろう。こんな風にお前を残して去ることはできない。

お前が何を考えているのか父さんには分からない。が、爆弾を抱えているのは分かる。だから心配でとても見ていられない。

俺もチャン・テハも、おまえの母さんも同じだ。最初から最後まで守りたいものがあるとしたらそれはお前だ。お前が一番大事なんだ。

だから自分を犠牲にするな。おまえが犠牲になる必要などないんだ!


必死でそう訴えるミョングンに、ようやくウンジュンが心を開いてくれたのがまた実に嬉しかったなあも~ミョングンが可哀想すぎて泣けてくる


1日でも長く生きてください。俺は必ず戻るから。できるだけ早く帰るから。その時は門を開けてくださいウンジュン、よくぞ言ってくれた(^^)/


んも~これでもう終わってもイイと思ったほど、ここは感動的でした


が、ここで怖れていた事態が発生してしまいます。ずっとウンジュンの行動に目を光らせていたイワシのジヌンが、ウンジュンの部屋のゴミ箱に入っていたシュレッダー後の紙くずをジュハとともにつなぎあわせ、それが、テハグループ管財チームが集めた「要人たちの弱点リスト」であることを突き止めてしまいます


時を同じくして、テハがジュハに持ち株のすべてをウンジュンに譲れと命じたことから、怒ったジュハがこれをいかにもウンジュンが突き止めたと言わんばかりに、テハとウンジュンの部屋に置いていきます。あ~この辺の姑息なやり方は、ソクボンにそっくりでござるね。まあジュハは、食事に唾等吐かんでしょうが


ジュハは既に、ウンジュンの目的がテハグループを潰すことだと悟っていたので、マンボクの要求通りウンジュンをテハグループから追い出して、マンボクの株を譲り受けようとしているのです


これをウンジュンがまだ気づいていないのがなんとももどかしいところです。とはいえ、マンボクが、ファヨンとミョングンの記者会見の様子から、

やり手のハッカー=バットマン(

の存在に気づき、その正体を突き止めて懐柔しようとしたことには気づけて何よりでしたよねプンギはまだ高校生だそうで、入り浸っているネットカフェのPCの壁紙が「バットマン」だったことから、マンボクに見つけられてしまいました


マンボクはウンジュンに、プンギの犯罪を公表されたくなければ、ファヨンから譲り受けた株をマンボクに渡すよう、そして、プンギを通して奪ったTHインコーポレーションの裏金=2兆100億ウォンを盗んだのは自分だとテハに白状するよう迫り、ウンジュンはそれを承諾したようなのですが?


また、スヨンは、テハの計画通り、すっかりキム・ジュンヒョクに騙されてしまっています。それはともかく、スヨンがそのジュンヒョクと一緒にいるところを、ウンジュンとファヨンが見ていたにもかかわらず、その正体に気づかないのがまたヤキモキさせられましたキム室長めっ!( `ー´)ノ。きっと、あのジュンヒョクの首をカクカク傾げる癖が後でカギになるのでしょうね人殺しですよ(;´・ω・)


そして、

まったくこの女を野放しにしておいては何をしでかすか分からん!ソクボン許さんっ!( `ー´)ノ

なソクボンはジュピルと結託し、ウンジュンの車のブレーキホースを切断してしまいました。そのせいでウンジュンの車はブレーキが効かず、ひどい事故に遭ってしまうようですスキャンダルのウンジュンが危ないっ!!


ふたりはその時手袋をはめていなかったので、指紋を取れば一発で分かりますね~裏でこそこそ動き回るこの卑怯なふたりを早くとっちめてやらなければっ!!スキャンダルのソクボンとジュピルが許せないっ!!


あ~なんとも気がもめるドラマでござるね。予告では、テハがマンボクを受け入れていたように見えましたが?


韓国ドラマ、スキャンダルも残すところはあと5話です~続きもとっても楽しみですね


スキャンダル DVD-BOX1スキャンダル DVD-BOX2スキャンダル DVD-BOX3

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はスキャンダルのレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング