2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

福士誠治さん主演の時代劇、【まんまこと-麻之助裁定帳-】の第8話は「おさかなばなし」です。これまた温かくて人情味タップリのエピソードでしたね。以下簡単なあらすじとネタバレですまんまことのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


時は神田明神様の秋祭りが終わった頃、大川を隔てた本所で奇妙な噂が立ったそう「置いてけ堀」から掘の主、つまりはカッパの声が聞こえたらしいというのです。実際に置いてけ堀で釣りをした太郎兵衛が、その獲物のコイをカッパに盗まれてしまったのだとか。でも翌朝にはちゃんと返してくれた?らしいですが


その後もこの置いてけ堀の近くで様々な物が紛失したのだそうです


この噂を聞いてきた巳之助が、店でまことしやかにこれを話していると、おさんがこともなげにカッパを肯定したのがまた笑えましたね~。おさんも幼い頃にカッパに会ったことがある、しかもキュウリまで貰ったというのです


おさんは毎年夏になるとこの話をしていたそうで、どうやらその手には「水かき」までありそうでしたね~とは妄想のし過ぎでございましょうか


そんな噂のある置いてけ堀に、今度はなんと清十郎が落ちたというではありませんか?


麻之助と吉五郎が駆けつけてきて、いったいどうしたことかと問い詰めても、清十郎はなかなか口を割ろうといたしません


とにもかくにも置いてけ堀に行ってみようということになり、そこで麻之助がふざけて「カッパ」を呼んでいると、いきなり一人の男が麻之助を問い詰めてきます。あなたはカッパを見たのですか!?


驚いた麻之助が(期待通り)川に落ち、その夢で「3人(匹?)の女がっぱ」に会い、命を助けてもらったらしいというのがまた可笑しかったですね~いかにも麻之助らしい( *´艸`)。実際に助けてくれたのは吉五郎だそうですが。


ようやく目覚めた麻之助は、自分を川に落とした男=七国屋松兵衛(津田寛治)から、事情を聴くことになりました。松兵衛は、2年前にその息子の市丸が「置いてけ堀」の近くで行方が知れなくなり、それ以来ずっと息子を捜しているのだそうです。息子はきっとカッパにかどわかされたに違いない!


ちょうど子供を身ごもったことが分かったお寿ずは、何としても力になってほしいと麻之助に頼んだところ、自分が父になると聞いて有頂天になった麻之助は、溺れたことなどすっかり忘れ、喜び勇んでこの事件の「裁定」を引き受けますが?


以下ネタバレです


今回噂になったカッパの正体は、おと吉の弟=菊蔵だったようです。菊蔵は金に困って、お堀の近くで盗みを働いていたのだそうです。どーりで物が無くなる訳ですそういう「まんまこと真真事」が隠されていたか。清十郎はおと吉のために菊蔵を止めようとして、川に落ちてしまったのですね。


菊蔵は吉五郎に捕えられましたが、では松兵衛の息子の市丸はどうしたのでしょうか?


なんとですね~市丸が消えたのは、本所ではなく川越にある置いてけ堀だったのだそうです。これは麻之助が、当時松兵衛が店の者総出で息子を捜した、と言っていたことから気づいたそうです。川越からここまで店員を皆連れてくるはずがない


松兵衛にずっと付き添って、時に居心地悪そうにしていた岩吉がすべてを話してくれました。もう坊ちゃんは亡くなっているに違いないのに、旦那様が諦めようとしないのです


それでも市丸は生きていると主張する松兵衛を、同じ息子を持つ宗右衛門が慰めたシーンがまた良かったですよね。あなたの気持ちはよく分かるが、それではいつまで経っても市丸ちゃんが成仏できない。市丸ちゃんは5年という短い命を全うした。あなたが気を確かに生きていくことが何よりの供養だ


これから父親になろうとする麻之助にも思うところが大きかったに違いありません。宗匠は、父親は母親と違って親としての実感が薄いが、失って初めて我が子への愛の深さに気づくもの、と教えてくれていましたこの師匠の言葉がまた深いですね~♪


無事いのること 親始め 秋の暮


毎週楽しんで見てきたまんまことも、残すところはあと2話~最後までじっくりタップリ味わって見ていきたいですね。続きもとっても楽しみです


 
是非シリーズ通して読んでみたいです

これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.