2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

カン・ジファンさん主演の韓国ドラマ、【ビッグマン】もようやく続きを見始めました。ちょうど2話「突然現れた家族」と3話「本当に兄妹?」を見終えたところです。以下簡単なネタバレのあらすじですビッグマンのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


まずはミラから参りましょうか


ト・サンホからドンソクは海外へ行ったと聞かされたミラですが、ドンソクの車が廃車工場にあることを漏れ聞いて、早速そこに駆けつけたところ、大破した車の中からドンソクの携帯とダイヤの指輪を見つけ出します


この車の運転手は生きているのですか?!


口止めされたから何も言えないという修理工場の男性の答えから、ミラが早速(たぶんグループの)ヒョンソン病院へ駆けつけたところ、そこへサンホからも、そこに入院中のVIP患者=カン・ジヒョクを見張れと命じられました。


ミラがジヒョクの病室へ行くと、看護師から、ジヒョクが脳死判定後に息を吹き返したことを聞かされます。事故、脳死判定~という情報がインプットされたところで、ドンソクの会社のイ主任が病院にやってきて、ユンソク母のユンジョンからドンソクの荷物を運ぶよう命じられたと言います


(たぶん)ミラがその後をこっそり付けて行くと、ユンジョンが、ベッドに横たわるドンソクに、おそらくはドンソクが好きだったらしいモーツァルトを聞かせながら話しかけている姿が目に入りました。


そうそう、1話を見た時点で、単なる交通事故で心臓移植をするのはとっても疑問だったのですが、どうやらドンソクは元々心臓が悪かったらしいですね。ドンソクがミラに、これは自分の心臓じゃないと言ってたところを見ると、既に誰かの心臓を移植してもらった経験があったのかもしれません。


こうしてミラは、ジヒョクの心臓を必要としていたのが愛するドンソクだと知った訳です。その後ミラは2度ほどジヒョクを殺そうとしますが、その都度失敗したところを見ると(2度目などは放っておけば死んだのに助けた)、いずれはジヒョクに心惹かれていくのかもしれませんね


一方、1話に登場し、ヒョンソングループ会長のソンウクに並々ならぬ敵意を抱いていたチャン・ウォンテ検事長(パク・ヨンス)が、金融監督院にヒョンソングループを調べさせていたそうなのですが、その際、ソンウクに、ドンソクではない息子がいることが発覚したのだそうです。あ~そうそう、戸籍を偽造したのですものね


これをマスコミ~WBS記者のペ・ヨンホ(イム・スンデ~タルボン@ボクヒ姉さん)が嗅ぎ付けて、病院に押しかけてきたから大変です。その頃ソンウクは海外の闇ルートから心臓を手配することを決め、ジヒョクは始末しようと考えていた計画が、これにて阻止されてしまいました


驚いたのは、ミラに殺されそうになったその瞬間に意識を取り戻したジヒョクです。天涯孤独の身の上だと思っていたのに、実は財閥の息子だったなんて!?


ジヒョクはこれにまんまと騙されてしまったのだけれど、その後、自分が育った孤児院に贈り物を持って出かけた際、ようやく両親が見つかったと喜んでくれたシスターが、捨てられていたジヒョクに添えられていたメモを手渡したことから、事態が急変してしまいます。そのメモには、

女手ひとりで育てるのは大変だから

と書かれていたのです。つまり、ジヒョクの母親はシングルマザーだったということです。


怒ったジヒョクは早速ソンウクに直談判に出かけますが、そこは敵もさるもの引っ掻くもので、まったく動じないのには呆れましたね。ちょうど会社の創立記念か何かでスピーチ中だったソンウクは、会場に乗り込んできたジヒョクを、

「ヒョンソン流通の次期社長

と皆に紹介したのです


私には結婚する前愛した女性がいたが、その女性と別れて今の妻と結婚し、おまえが産まれた。が、その女性が私を恨んでいて、まだ2歳だったお前をさらった~そのメモはその女性が書いたに違いない。


わざわざ市場まで訪ねてきて言い訳する所がいかにも嫌らしいですね~。ジヒョクが会場に乗り込んでこなければ、例のチンピラ=ボムシク(キム・デリョン)に命じて殺させるつもりだったのに!!


でも逆に言うと、一旦脳死となったのに蘇ったのも、ソンウクに直談判に行ったのも、ジヒョクが自分で運命を切り開いている、それだけの、生に対する凄まじい執念の賜物です。それもこれも、幼い頃から苦労に苦労を重ねてきたからなのですね


これでついにグループ内に乗り込んだジヒョクですが、それもまたソンウクの計画のうちだったとは思いもよらぬことでしょう。ソンウクは、検事総長に就任したチャン・ウォンテとキム局長(イ・ソンミン~インヒョク@ゴールデンタイム)の追及を逃れるため、ドンソクが移植のために渡米している間、不正容疑をかけられたヒョンソン流通をジヒョクに与え、この会社ごとジヒョクを破滅させようとしているのです。いわゆるトカゲの尻尾きりですね~ずいぶん大きな尻尾でござるが


でもそんな思惑はさておき、とりあえずはジヒョクの健闘を楽しみたいと思いますビッグマンは続きもとっても楽しみですねビッグマンも楽しみ♪


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.