2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

カン・ジファンさん主演の韓国ドラマ、【ビッグマン】もようやく4話「社長の初出勤」と5話「僕のそばに来て」を見終わりました。今週末に見ている「弁護士の資格」と似た部分が多々あって、今かなり混乱しているところです。もし勘ちがいがあったらご容赦を。以下簡単なネタバレのあらすじですビッグマンのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


家族しか信じられないから、ドンソクの留守中は力になってほしいというソンウクの嘘にすっかり騙されたジヒョクは、大いに張りきってヒョンソン流通の社長に就任いたしました。が、何せ元はチンピラですから、経済のけの字も知りません


ク・ドッキュ部長(クォン・ヘヒョ)を初めとする社員が皆、そんなジヒョクを胡散臭そうに見ていたところ、ジヒョクも最初はめ〇ら判ならぬ、〇くらサイン(今はこの手の慣用表現さえ差別用語と見なすそうですが、自分の知人の視覚障害の方は表面的な余計なお世話だと苦笑していらっしゃいましたをしていたほどだったのですが、元々世話好きで面倒見の良いジヒョクは、次第に会社のことを覚えたいと思うようになっていきます


いくら名ばかりとは言え社長として会議に出席したというのに、皆の話にまったく付いていけず、

打開策が見いだせずに困っている社員に助け舟を出すことさえできない

のがもどかしかったようですね


それを手伝ってくれたのがミラです。ミラはほぼ徹夜で、基本的な経済用語から会社の業務にいたるまで、懇切丁寧に教えてくれました


これに感激したジヒョクは早速ミラを市場のママ=ダルスクの食堂に誘います。ミラも質素な片親(バス運転手をしている母~キム・ミギョン)に育てられたらしく、本来なら素朴な朝食を喜んだはずでしょうが、自分もソンウクに加担して騙しているジヒョクと親しくするのが心苦しかったようで、すぐに逃げ出してしまいます。


それでもその後を追ってきたジヒョクが買ってくれたキムチなどなどは、後にジヒョクを見直すと、実に美味しそうに食べていたようですが


その、ミラがジヒョクを見直した一件がこれでした


どうやらヒョンソン流通の物流センターで「スト」が行われていたようです。しかもサンホは、ミラをそこへ派遣して彼らを懐柔するよう命じました。ミラが特に責任ある立場にある訳でもなかったことから、後にミラに会った物流センターの社員が怒っていたように、ホステス代わりに遣わされたということなのでしょう


一方、元々の責任者であるク部長がストの対応に頭を痛めていた頃、頼りのミラが物流センターに派遣されたと聞いたジヒョクは、ミラの代わりにク部長から色々教えてもらうことになりました。そこで、社長である自分には人事権があると知ったジヒョクはよからぬことを企みます。その計画を実行に移すため、ジヒョクは早速ミラの後を追って物流センターへ赴きました


ちょうどそこでは「ストの原因」となった一人の社員の葬儀が行われていました。何でもその社員=パク・ドンファンは業務中に命を落としたらしいのに、派遣社員だという理由から一切保証をしてもらえなかったのだそうです。それに怒ったキム委員長(イ・デヨン~チェ・ヘサン@大王世宗)を初めとする労組がストを行っていたのです


最初はミラ目当てで乗り込んだはずが、事情を聴いては黙っていられないのがジヒョクですさ~すがビッグマン!(偉大な男)。ヤクザの世界でさえ、親分が子分に責任を持つのは当然だからです


が、ジヒョクが社長だと分かっても、単なるお飾りだということは物流センターでも知られていたらしく、誰からも&まったく相手にしてもらえませんビッグマン~ジヒョクはまったくお呼びじゃない


でもその後に、サンホが手配した武装集団がやってきて、事態は一変してしまいました


サンホは、この武装集団を派遣し、力づくでストを潰してしまおうとしたらしいのですけれど、そのリーダー(パク・ヒョジュン~テヒョン@私たち恋してる)が、社員を庇って自分たちに殴りかかってきた男=ジヒョクが、実はヒョンソン流通の社長と知ってひどく混乱してしまいます


え?俺たちは会社から頼まれてやってきたのに!?
なんで社長が魔するんだ?


そこはそれ~腕に物を言わせるタイプの人間同志ですから、ふたりはすぐにツーカーの間柄となり、リーダーはジヒョクから別の仕事を命じられてしまいます。それがまた泣かせましたね~なんとジヒョクは、物流センターのトラック全部に、亡くなったパク・ドンファンの写真を描かせ、

「ヒョンソンの家族

と添え書きさせたのです。パパは正社員じゃないからもう誰も来てくれないと嘆いていた息子のヨンチャンが、これを見て喜んでいた笑顔が忘れられませんビッグマンの見どころ~物流センターストの終結。ジヒョクはそのヨンチャンも、これからは自分を父親だと思えと力づけてくれました


この「ヒョンソンの家族」というのは、ソンウクが打ち出している会社のモットーらしいですが、弱い立場の者を守り、助け合ってこそ本当の家族のあるべき姿ですよね


「今度の社長は信頼できる


ついに会社まで乗り込んできたかに思えたキム委員長からの思いもよらない言葉に、唖然としていたク部長の表情も可笑しかった~。これを機に、ミラがジヒョクを大いに見直してくれたのです。ジヒョクがミラを自分の側に置くために本部からヒョンソン流通への異動を命じたのも大笑いでした


ストを口実に、これまたジヒョクを追い込む手段になればと高みの見物を決め込んでいたソンウクの悔しがりようったらありませんでした。ソンウクは逆に、ジヒョクが武装集団の中心になって社員を黙らせるとでも思っていたようです。それがまさか、見事にストを終結させるとは!?


またジヒョクはその後も大きな課題を突き付けられます。なんでも、今渡米中のドンソクは「ザロック」という一流アパレルメーカーと契約しようとしていたらしいのですが、ザロックはその代わりに「スーパー」を建設するよう要求してきたのだそうです。その場所が、ジヒョクが故郷とも思うあの市場のある場所なのだとかジヒョクどうする?


ジヒョクが警察に捕まった時も、釈放しなければ青瓦台へ行って座り込みも辞さないと警察を脅してくれた大切な仲間たち(市場の家族)がこぞって反対しているプロジェクトを、果たしてジヒョクが進めることができるのでしょうか?


これもまた、サンホや「ヒョンソングループの裏組織は、絶対に無理だと予想していたにもかかわらず、ジヒョクは持ち前の人情と頑張りでもって市場の人々の心を突き動かし、ついには賛成を勝ち取ってしまいますこれまた「想定外」でござるね


でもですね~このザロックとの契約にあたり、ドンソクはその資金を裏金に回していた疑い=横領疑惑を持たれているようなのです。ドンソクが不在のため、とりあえずはク部長が警察に連行されてしまいました。


ソンウクにしてみれば、ク部長を皮切りに、現社長のジヒョクにこの罪を着せてしまいたいのでしょうが、ク部長はジヒョクを庇おうとしてくれていたようです


それでも、

幼い頃に両親と映した写真と金の足跡(当然どちらも偽造です



「欠席者」として小さく自分の写真を貼った現在のカン家の家族写真

を見るたびに、家族を、そして弟のドンソクを守らなければ!との思いがふつふつと湧きあがってくるジヒョクですから、素知らぬふりなど、きっとできないことでしょう


ジヒョク同様騙されたジナが、ジヒョクを罵りながらも頼ってくるシーンがまた何とも可愛いですよね。口ではジナを叱りながらも内心嬉しそうにしていたジヒョクが、これ以上傷つかないとよいのですけど


そのジナは昔サンホからチェロを習っていたようで、今ではすっかり「ヒョンソンのロボットと化したサンホも、ジナにはなかなか優しいのも好感が持てました


ビッグマンは来週の放送もとっても楽しみになってきました!ビッグマンが面白くなってきた(^^)/


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.