2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

チョン・ドジョン(鄭道伝)のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: チョン・ドジョン(鄭道伝)全50話 あらすじと感想一覧


韓国ドラマ、【チョン・ドジョン鄭道伝)】もよ~やく放送に追いつきました。いや~ワクワクしましたね~ドジョンは時期尚早だと思っていたようですが、おばさんはイケイケ状態でござりましたチョン・ドジョンのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


コンギョッカラ~!!攻撃せよ~っ!( `ー´)ノ


以下簡単なネタバレのあらすじです


チェ・ヨンに問い詰められたイニムは、平然とこれを肯定し、戦なら敵を欺くのは当然だとうそぶきました。それにチェ・ヨンの勇退は、ヨンが無能だったからだと決めつけます。敗軍の将は黙って去るがいい!


怒りに震えるヨンを、相手は国父=広平府院君なのに無礼だと言って諌めたソンゲの心中たるやいかばかりだったでしょうか。本来ならあそこでチェ・ヨンに加勢したかったでしょうに。


が、そのおかげでイニムはすっかりソンゲに心を許してしまいます。まさにドジョンの言う通り、

老いた虎は殺気立ち、老いたキツネは油断している

そのものです


ここで、これまでロクなことをしでかさんかった馬、否、ウ王が初めて王らしいことをしてくれました。とはいえ、私利私欲のためではあるんですが、ウ王はイム・ギョンミとヨム・フンバンを呼びつけて、彼らの蔵から米や財物を差し出して、王室の蔵を満たせ、と命じたのです。さすがに図々しい二人も、王命には逆らえません。


その上ウ王は、イニムが重病だと知って、今のうちにこの「邪なふたり」を排除しておこうと思い立ちます。そして王がそんな時に頼りにするのはもうチェ・ヨンしかおりません。これまで自分を足蹴にしてきた王が、ようやく自分を頼ってくれたと感動したヨンでしたが、それがまた大きな間違いだったことを後に知らされることになります


一方、王に私財を横取りされた(これまた共食いですね)ギョンミとフンバンは、以前暴力を振るったチョ・バンからもう一度その土地を奪おうと企んで再びチョ・バンの家を襲ったため、それを阻止しようとしたナム・ウンがひどい目に遭わされてしまいます。これを知ったドジョンは早速ヨンに会いに行き、これが反撃のきっかけになるだろうと仄めかしました


でもこの事が逆にチェ・ヨンを追いつめることになってしまいます。今回の襲撃で我慢の限界に達したチョ・バンが、フンバンの使用人たちを惨殺してしまったのです


この報告を受けたイニムは早速「謀反をでっち上げろ」と指示しました。たとえどんなに無理矢理の横車であろうとも、押しとおしてしまえば皆黙るしかない、とは、まるでどこかに国の国会のようでしたね~最近は何を見ても地雷になります


チェ将軍が危ない!!謀反人にされてしまう!


イニムの計画に気づいたドジョンが即刻ソンゲに知らせに行くと、ソンゲも今度ばかりはもう黙っていられません


チェ将軍に会いに行く。塔など壊れても構わない。今大切なのはチェ将軍を救うことだ!バンウォン、咸州に人を送れ!!


ソンゲはこれをジランに報せ、家別抄(私兵)を呼び寄せるつもりなのです


ちょうどその頃ソンゲは、チェ・ヨンを警戒していたイニムに命じられて王の護衛をしておりました。チェ・ヨンが王に真相を知らせに来たその時を狙って寝殿に入り、イニムを討つと断言します。逆にウ王は怖気づいて、ヨンを追い返そうとしていたのですが。まったくもって、アホは当てになりませぬ


門下賛成事 東北面都元帥イ・ソンゲ、これよりチェ・ヨン将軍とともに我が国と殿下の安全をお守りいたします。東北面の家別抄を動員し、広平府院君、イム・ギョンミとヨム・フンバンの手下をひとり残らず始末します!!私がふたりをお守りします!


ここはもう、

その言葉を待ってたよ~!よくぞ言ってくれた!

でござりましたね


あ~連休に連ドラ・チョン・ドジョンをお休みするなんて、なんて局でしょ。早く続きが見たくてたまりません


鄭道傳 DVD-BOX1鄭道傳 <チョン・ドジョン> DVD-BOX3鄭道傳 <チョン・ドジョン> DVD-BOX4鄭道傳〈チョン・ドジョン〉DVD-BOX5

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.