2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

情熱のシーラのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 情熱のシーラ あらすじと感想一覧


情熱のシーラ】の15話は「闇の商人」です。さすがにあと2回で終わりとあってますます盛り上がってまいりましたね。以下早速ネタバレです情熱のシーラのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


マーカスの命が危ないと知ったシーラは、何とかしてロザリンダに会いに行こうとしたものの、ジョアンがベッタリ張り付いているため、ホテルを抜け出すことができません。


そこに、ホテルへの配達を請け負っているらしい男が三輪バイクでやってきました。これに目を付けたシーラは、従業員用の通用口を通って外に出ようとしましたが、そこでもまた従業員から声をかけられてしまいます。お客様、こちらはスタッフ専用ですが


まだ若いボーイを大人の色香で黙らせたシーラが楽しかったですね。配達員には、タクシー代として男が要求した倍の金を握らせました。誰にも知られぬようその住所へ行ってちょうだい、早く!


鶏と一緒に荷台に乗せられてようやくたどり着いた屋敷では、ロザリンダが温かくシーラを迎えてくれました。あなたには会えないかと思っていたわ!!


シーラから事情を聴いたロザリンダは、自分が経営するクラブ=エルガルゴにマヌエル・ダ・シルバと来るよう勧めました。私がマーカスに連絡を取って必ずそこであなたたちを会せてあげる。執念深いマヌエルの目をごまかすには、堂々と会った方が逆に怪しまれないというのです


その言葉通り、シーラは無事マーカスに再会し、例の殺人リストを渡すことに成功しました。ロザリンダがマヌエルをダンスに誘ってくれたおかげです


その中にはあなたの名前もある。一刻も早くリスボンから逃げて!!私はいかない!


シーラにも一緒に逃げようと誘うマーカスを、シーラは冷たくあしらいました。私たちの間には何もなかった。これからもあり得ない


それもすべてマーカスを逃がしたい一心からなのです


ここでマヌエルが、ふたりが言い争っている様に気づいて問い詰めてきた時も、シーラは実にうまく言い逃れました。彼がフランコを非難するようなことを言ったの。


シーラがドイツ寄りだと思い込んでいたマヌエルは、その言葉を疑いません。大丈夫、もう二度とあの男に会うことは無い(=私が始末するから)。


その言葉に怯えたシーラは再びロザリンダに会いに行きます。たとえマーカスを逃がすためとはいえ、愛する人に嘘をついてしまったのも辛かったのでしょう


でもこの2度目の外出が、ついにジョアンの知られるところとなってしまいます。どうして私に内緒でこっそり外出などなさったのですか?


ここでシーラは、ロザリンダから貰っていた「ファティマの聖母」をかたどった金のペンダントを差し出しました


以前ジョアンは、聖母の出現(Marian apparition)で知られるファティマにちなんで自分の孫をファティマと名付け、その子の初聖体の記念にと、銀のペンダントを購入したとシーラに話していました。本当は金のペンダントを買いたいけれどそんな金は無いからと語っていたジョアンのために、シーラは金のペンダントを購入しようと考えていたようなのですが、それをたまたまロザリンダが持っていたのを貰ってきていたのです


内緒にしようと思っていたの~これはあなたと一緒に買いに行くわけにはいかないから


上手に嘘をつくには真実に紛れ込ませればよいという言葉を思い出します。シーラのジョアンへの思いやりは本当なだけに、ジョアンはすっかりこの嘘に騙されてしまいました


またシーラは、ロザリンダに今回の任務についても打ち明けています。シーラがマヌエルの別荘で開かれるパーティーに行き、そこでマイクロフィルムを盗むと聞いたロザリンダは、ただ盗んだだけでは怪しまれるから、偽物とすり替えたほうがよいと忠告しました。私が他のマイクロフィルムを手に入れてあなたのホテルに届けさせるわ


ロザリンダはこのマイクロフィルムを蘭の花に隠して送り届けてきました。シーラはその蘭の花を髪に飾って敵陣に乗り込みますが、これがどうやら仇になってしまうようです


美しかったですけどね~(;O;)

別荘で開かれたパーティーでは、以前ヒルガースから関わらぬよう注意されたヨハネス・フランツ・ベルンハルトにも出くわしてしまいました。ベルンハルトが~美人は決して忘れないのか~どこかで会ったはずだとしつこかったのがまたハラハラさせられましたね


~結局最後にはイタリアのカジノで会ったと勘ちがいしてくれたようで何よりでしたが


でもシーラはこれを何とかかわし、自分の任務を遂行します。食事の席でわざとワインをドレスにこぼしたシーラは、トイレで染みを取ってくると偽って席を立ち、ベアトリースに教えてもらった通りに書斎へ行ってマイクロフィルムをすり替えました。がこの時シーラは、髪飾りの蘭の花びらを落としてきてしまいますなんてこった!


またシーラは耳寄りな情報も仕入れました。今回の「取引」では、ベイラ地方で取れるタングステンをドイツ軍に納める算段をしていたらしいことを突き止めました。軍需物資として有名なタングステンは今でもポルトガルの主要な鉱産物だそう。


一方、無事に逃げたはずのマーカスは、リスボンを出ていないばかりか、何者かに撃たれてしまったようです。ロザリンダがマーカスに貸してくれた車に、ベッタリと血の跡がついていたのが発見されていました!


それに予告では、マヌエルが書斎で蘭の花を見つけてしまったようですシーラが危ない!!


任務を終えたシーラは、翌日にはマドリードに帰る予定でしたが、マヌエルがシーラに別れを告げている様子がまた何とも不気味でございましたねダ・シルバが怖すぎ(;'∀')。はたしてシーラは、マーカスは、無事リスボンを脱出することができるのでしょうか?情熱のシーラもいよいよ終盤!


また今回久々に登場したロザリンダがフアン・ルイスを心配していたので、ちとググってみたところ、このフアン・ルイスが捕まってロンダに監禁されていた理由として

「女スパイの疑いがあるイギリス人女性(との交際)」

が挙げられていました。ロザリンダの存在はまったくのフィクションという訳ではなかったのですね~。そのフアン・ルイスは終戦の際、連合国側に好印象を与える目的から、ルーズベルト米大統領への大使に任命されたそうです。ドラマとは(たぶん)無関係だと思うので、トリビアしておきまする


情熱のシーラ」は続きもとっても楽しみですね情熱のシーラが面白い(^^)/



小説も面白そうです


スペインドラマ・ガイド 情熱のシーラ (教養・文化シリーズ)

これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 2

There are no comments yet.
ちゃありぃ  
NHKの豆コラムによれば…

管理人様お久しぶりです。

NHKの豆コラムによれば、ベイグベデル、ロザリンダ、ヒルガースが実在の人物だそうですよ。

回を重ねる毎に待ち遠しくなっている情熱のシーラも今晩と最終回になってしまいましたね。

この番組はシーズン2はないのでしょうね。(ちょっと残念)

2015/09/27 (Sun) 17:37 | EDIT | REPLY |   
ちゃありぃさんへ  
貴重な情報をありがとうございます!

ちゃありぃさん、こんにちは♪

おお、そうだったのですか~(゜o゜)。

フアン・ルイスはそれなりに有名人ですけど、
イギリス側の情報も本物だったのですね~。

早速「Alan Hillgarth」と「Rosalinda Fox」で検索してみたら
ありましたありました!(^^)/

後でゆっくり読んでみますね~。ご教示ありがとうございます^^。

情熱のシーラ、なかなか面白かったですよね~。
最終回は大変なことになりそうで、今からハラハラです(;´・ω・)。こん

2015/09/28 (Mon) 07:25 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.