2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

もう少し早く放送されるかと思っていたのが今になってしまった【SPEC 結~漸ノ篇&爻ノ篇。4時間という大作を先ほどようやく見終わりました


何せSPEC「天」を見たのがもう2年前の11月なので、以前の記憶はかなり薄れていたのですけど、そんな時のために自分で用意しておいた備忘録(ブログの記事)を見て、今ようやくつながったところです。以下すぐにネタバレしてますSPEC 結~漸ノ篇&爻ノ篇のあらすじ感想行きますよ~( `ー´)ノ


やはりこの結の一番の見どころは、当麻と瀬文の最後まで切ない、否、切な過ぎるほどに固い絆(一般的には「愛」と呼ぶ)と、大好きだった野々村係長が、いかにも昭和の男らしい男気=刑事魂を見せて殉職してしまったことでしょうか刑事魂サイコー!( `ー´)ノ


今回は、連ドラや「天」で楽しんでいた小ネタがあまり見られなかったのが残念でしたが(見つけられなかっただけかもしれんけど)、さすがの最終回は、いかにも堤監督らしく、感動いっぱいに仕上がっておりました


また個人的には、最初に登場した雅ちゃんが、あまちゃん「春子の少女役」を演じられた有村架純さんだったと今回初めて認識したことが(遅すぎや)とても大きな収穫でした遅すぎだけど気づいただけマシ(;´∀`)。以前どんだけ眼中になかったか、ってことの証明ですな


それと、多分「天」ではその場限りで忘れてしまったキャラ()=吉川(よしかわちゃうで~きっかわ、北村一輝)が、実はあの「ヤメゴク」の三ヶ島につながった、そして、天でもラストに登場していた青池潤役の大島優子さんもまた、ここで堤監督にある種の魅力を見いだされて、同じヤメゴクの主人公に抜擢されたに違いないと思えたのが、自分的大発見となりました


と、実はここで終わってもいいぐらいなんですケド、せっかくの最終回なので、以下少しだけあらすじなるものをまとめてみました。今一つ理解できなかったところはテキトーに解釈していますので、その辺はお心広くご笑納いただけましたら幸いです


まず「天」で大怪我をした瀬文は未だに入院中でした。警察病院の医師でありながら「バナナ」などとふざけた名前で呼ばれていた医師(渡辺いっけい)は「馬名」という名前のようです


脚の3倍はありそうだったあの太いギプスの中に、骨が出たままの瀬文の脚が収められていたのには苦笑しきりでございました。ギプスは本来骨をつなぐために装着するのに、あれではいつまで経っても治らなくて当然でしょう


ちなみに後に登場し、シンプルプランの治療に当たった「いちご」医師は本名・市郷甘雄(いちごう あまお~半海一晃)というそうです


一方の当麻はその「シンプルプラン」を阻止しようとしていました。どうやらシンプルプランとは

「スペックホルダーを全滅させるウィルス

なのだそうです。これは後に明らかになりましたが、その正体は「インフルエンザウィルス」だったというのにも大笑い。普通の人間であればタミフルで治せるのに、スペックホルダーはタミフルが効かず、死を待つしかないのだそうです


スペックホルダーのひとりである当麻をこのシンプルプランに近づけたくないと考えた野々村係長は、雅ちゃんから「ワイハー(注:ハワイ、これは小ネタじゃあらへんよね)への誘いも後から行くと断って、皆に内緒で=ひとりでシンプルプランを探しに出かけました。結局それがマグロの腹から出てきたところを見ると、係長は遠洋漁業の船にでも乗り込んだのでしょうか


が、野々村係長は、このウィルスを奪いに来た敵に射殺されてしまいます。もちろん、そんなことはすべて丸っとお見通しに想定していた係長は、先に本物のウィルスを当麻宛に送っており、それを、この野々村係長の体を乗っ取った水のお化けが奪いにきた際、既に体は死んでいるにもかかわらず、

「当麻や瀬文たち=可愛い子供たち」

を守ろうと「刑事魂でそのお化けの動きを封じ、その化け物と心中しようと自分への発砲を命じたのがまた泣けましたね。でも城旭斎浄海(香椎由宇)の水芸は楽しかった


体中に銃弾を浴びながら、最後にはちゃんと「いざさらば野々村係長の壮絶な最期!と挨拶を忘れなかったのも、いかにも野々村係長らしい最期でした殉職するなんて悲しすぎ(;´・ω・)。皆があそこで敬礼せずにはいられなかった気持ちがよ~く分かりますよね


祖母に続いて大切な人を殺された当麻は、これまた懐かしのお習字で犯人を突き止めました。今回は自らの血を絞って墨汁代わりにしています。それで浮上したのが

湯田秀樹=ゆだ・ひでき(遠藤憲一)

でした。この人物こそが、怪しげな御前会議で名前が挙がっていたプロフェッサーJだったのです


ゆだを「Judah」と表記した(むしろJudahだから「湯田」としたのでしょう)のは、当然聖書のユダから来ていると思われますが、作品内では特に裏切り者ではなかったようです。逆に「湯田」を「とうだ」と読むほうが難しくないっすか


最後にはに変身していた様にも見えたので、ユダよりヤタ(八咫烏)だったかもしれませんね


その筋では「マッドサイエンティスト」と呼ばれたこのプロフェッサーJが、ニノマエのクローンを作った張本人であり、スペックホルダーを壊滅させるためのウィルス=シンプルプランを作ったそうです


で、このプロフェッサーJと「セカイ」(向井理)に(大島優子)、そして午前会議にも登場し、セカイからは「兄者」と呼ばれていた卑弥呼(北王子欣也)は先人類と呼ばれる存在で、人間ではないそうです。当麻を助けに来たと語った卑弥呼を除く彼らは、愚かな人間が核戦争を始めるのを、そしてそれをきっかけに「ガイア」(地球)がリセットをするのを見届けに来たようでした


でもそれならなぜスペックホルダーを消す必要があったのかな~と素朴な疑問が浮かんできます。どのみち世界が滅ぶのであれば、スペックホルダーも滅ぶわけで、わざわざ手間暇かけて消しにくる必要はありませんよね。ということは、実はスペックホルダーこそ、人類の壊滅を防ぎうる唯一希望の存在だったのでしょうか


そして当麻のスペックは、左手の「死者を呼び戻す能力」のみならず、実は右手にもより重大な能力が隠されていたことが判明します。それが「ソロモンの鍵」だったのです~イメージ的にはジャンヌ・ダルクでしょうか無間地獄に松明をかざして戦う少女!。これはパラレルワールドのゲートを開く鍵だそうです


当麻はその右手でもって、死者がうごめく地獄の扉を開けていたようです。そして自らの体の中に、セカイやユダを閉じ込めて、自分が死ぬことで、彼らを地獄に連れ去ろうとしていたらしい。その当麻を後押ししてくれた=当麻の額を撃ち抜いてくれたのが瀬文でした


来世で逢おう


野々村係長ばかりか、愛する当麻までその手で逝かせねばならなかった瀬文が気の毒すぎでした。ようやくこれで、世界が壊滅せずに済み、この世に平和が訪れた途端、瀬文は「警官殺し」の罪を問われて(見知らぬ)刑事たちからボコボコにされ、果てにはどこかの独房へ監禁されてしまいます瀬文も可哀想すぎ(;O;)


その後とある男女(たぶん「神」)のナレーションによると、この世界は時折巻き戻されているそうですが、それに気づく者がいないのだとか。当麻だけがその「無間地獄」をさまよっているのだそうです


この辺は正直意味不明だったのですけど、時間の中を漂っていた当麻が、ひとり薄暗い牢の中に監禁されていた瀬文のもとへ辿り着いた時、瀬文がその手をしっかり握ってくれたシーンが何とも印象的でした。他のミステリーはともかく、このSPECに関しては思考を止めて見た方が絶対に楽しめます


エンディングで、SPECの「結」を意味していた「Close」が、最後の最後には別の意味=近くにいるに転化されていたのもいかにも堤監督らしいですね


Someone who loves you must be CLOSE to you.
あなたを愛している誰かが必ず近くにいてくれるはず


またナレーションの女性の方が最後に「あさくら」(@ケイゾク)と呼んだのも何とも懐かしかった。放送後の映像でも、柴田と真山を意識した二人が映っていたようです~たぶん。たとえ映画の中とはいえ、野々村係長の遺体を見るのはとても辛かったので、最後に係長が元気な笑顔を見せてくれたのもまた良かった


さすがに「SPEC祭と銘打っていただけあって、これまで登場したスペックホルダーが一堂に介したのも懐かしく、とても楽しい4時間を過ごすことができました。大満足です


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 2

There are no comments yet.
masu  
No title

2年ぶりに、投稿させていただきます。
放送後の野々村係長の映像、私も気になりました。
野々村係長が「私は出ます」って言っていたので、次回作のことかなぁと思っていましたが、髪をくしゃくしゃする様子は、柴田ですよね~
それから、瀬文をぼこぼこにする刑事の中に、青島刑事と右京さんと亀山くんらしき服装の人たちがいました。
全員は分からなかったのですが、モデルがいるのでしょうか?

2015/09/25 (Fri) 02:37 | EDIT | REPLY |   
masuさんへ  
面白かったですね♪

masuさん、お久しぶりです♪
矢部謙三では大変お世話になりました(^^)/。

そうなんですよね~。
私も最初「私も出ます」ってどういう意味なんだろ?
と思っんですが、もしかしてDVDのことかな~と(;´∀`)。
新作だったら嬉しいですけどね(^◇^)。

おぉ~あそこにも「刑事魂」を持つ刑事がいたのですね~。
そこは見逃しました~録画消すんじゃなかった(>_<)。
いかにも堤監督らしいお遊びでしたね~(笑。

大変貴重な情報をありがとうございましたv-343
よろしかったらまたいつでも遊びにいらしてくださいね~v-22。こん

2015/09/25 (Fri) 07:15 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.