2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

カン・ジファンさん主演の韓国ドラマ、【ビッグマン】~今日は8話「残された時間」と9話「キスとゲーム」のあらすじをまとめて語らせていただきます。これまた悲喜こもごもの展開でございました。中でも印象に残ったのは、ソンウク夫婦のいかにもバツの悪そうな顔だったのですが?ビッグマンのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


以下簡単なネタバレのあらすじですネタバレですのでご注意を♪


ジヒョクはミラに励まされて、早速ザロックの支店長に謝罪に行きました。が、前回のジヒョクの図星がよほど腹に据えかねたのか、支社長はまったくその謝罪を受け入れようとしません。ジヒョクに同行したク部長には、

こんなチンピラが社長で気の毒に

などと嫌みを言う始末です。これに怒ったク部長が、自分で諌めたことも忘れて、前回ジヒョクが口にしたのを同じ台詞を言ったのが、実にありがたかったですよね。賄賂だなっ!!


こうしてまさに悪意に潰されたザロックとの契約は、善意溢れるミラの機転によって見事に復活いたしました。ミラの妹でミラの家に居候しているヘラから、

市場での生ファッションショーをいたく気に入って動画にアップしたらとても評判が良かった(再生回数が多かった)

と聞かされたミラが、その動画をザロックの本社宛てに送ったようなのです


韓国にやってきたザロックの代表らしい男性が、支社長にヒョンソン流通を勧めたのが何とも痛快でござったね。今ネットで人気のこの動画を知らないのか?(そんなんでよく支社長が務まるな


そうとも知らないソンウクが株主たちを集め、顏には苦渋の表情を浮かべながら(でも腹の中でほくそ笑みながら)、ヒョンソン流通は不渡りを出すことになったと謝罪している最中に、ザロックとの契約が成立した旨の連絡が入ってきます。それまでぶうぶう文句を言っていた株主たちが、こぞって株を買いあさる様子の浅ましかったこと


その後、直接その代表に会ったジヒョクが、片言の英語の単語を並べて、ミラのおかげだと絶賛した時のやりとりがまた笑えましたね~ビッグマンのここが見どころ(^^)/。ジヒョクがミラに、ミラが素晴らしかったおかげだと通訳しろと命じると、ミラは自分を褒められないと断ります。だったら自分が、とばかりに

「ワンダフル!

を連呼するジヒョクに、

I think you are wonderful, too.
あなたも素晴らしいと思いますよ

と代表が言ったのに、ジヒョクは満面の笑みを浮かべて

「Me too!

と答えたのです。ここで字幕は「ありがとう」になってたけど~たしかにジヒョクはそのつもりだったかもしれんけど、それはちゃうで翻訳が違ってる(;´∀`)~この場合の「me too」は、

「私も、僕は素晴らしいと思います

の意味ざんす。も~ここはいかにもジヒョクらしくて皆も大爆笑だったところを見ると、字幕が違ってたようですね。ありがとう=あなたも素晴らしいですよ、と言いたいなら「You too」が正しいでやんす。むっろん、ジヒョクはその違いが分かってない、というのが前提ですが


とまあ、お得意の揚げ足取りはこれぐらいにして、本題に戻りまする


こうしてまたしても成果を上げたジヒョクに、ドンソクの魔の手が忍び寄ります。ドンソクは、大金をジヒョクの口座に振り込ませたのに続き、今度は「海外企業との契約書」をジヒョクに預けました。これが検察に見つかるとまずいことになるから、兄さんが預かっていてほしい、と。


これまでの話をつなげあわせるに、ジヒョクが、本来ザロックとの契約に使うはずの資金を「裏金」に回したというのは、

「ヒョンソンマート海外支店」

の建設に必要な金だったものと思われます。ソンウクの話しぶりからしても、ドンソクは決して優秀な経営者とは言えなかったようですから、ドンソクはこの海外進出を成功させて、なんとか起死回生を図ろうとしていたのでしょう


が、今やこれが検察の知るところとなり、背任横領の罪に問われそうになったため、その裏金をジヒョクに預けた上、契約書の名義もジヒョクに、しかも自ら書き換えさせようとしているのです。ジヒョクの家族への「一途な情を利用して!


その手口がまた何とも嫌らしかった~ビッグマンのチェ・ダニエルが酷い(;´・ω・)。ドンソクは、自分が検察に召喚されるその日を狙い、両親に頼んでわざとジヒョクを食事に誘わせました。ユンジョンなどは、ジヒョクへのシャツを手土産に持参します。


これに感激したジヒョクは、おまえの食べたいものを食べに行こうと誘われて(どこにでもありそうなフツーの)中華料理店を選びました。昔子供の頃、他の家族が事あるごとに中華料理店でジャージャー麺を注文している姿が羨ましくてならなかったのだそうです


今までは捨てられたという恨みばかり持っていたけど、これからは「恩返しがしたいと真剣な面持ちで語ったジヒョクを、さすがのソンウク&ユンジョンも、まともに正視できなかったようです。特にソンウクは、この後本当の息子のドンソクが、

うまくやってくれた

と電話で語っていたのを、心の底ではガッカリしていたに違いありません。赤の他人が「親孝行」がしたいというのに、我が息子は、そんな優しい人間を陥れてほくそ笑んでいるとは!? そう考えなければ、もはや人の親ではありません


大変です!ドンソクさんが召喚の後に逮捕されてしまいました!この絶妙なタイミング(;´・ω・)(もちろん嘘です


そう聞かされたジヒョクは、まんまとドンソクの仕掛けた罠にはまり、ドンソクを救うため、上の契約書の名義を自分に書き換えてしまいました。これを手伝ったのは、悪魔に魂を売り渡したままのサンホです


しかもジヒョクはこの時、ミラに失恋したばかりだったというのが何とも気の毒でしたよね


前回ミラからプロポーズの返事を待ってほしいと言われて怒っていたドンソクが、今回またしてもミラに暴言を吐きました。お前の父(運転手)は会社の金を横領したんだぞ!!(どっちが


この言葉に傷ついたミラはショックで寝込んでしまいます。姉を心配したヘラが、ドンソクではなく、動画で見ただけだけど優しそうなジヒョクに連絡してきたのがまた良かったな


ジヒョクは慌てて&薬局の薬を買い占めて駆けつけてきました。ミラはきっと、ドンソクとのあまりの違いに感激したに違いありません。ヘラにはおかゆを買いに行ってもらった。安心して眠って


いつの間にか二人で眠ってしまった後、ふと目覚めたミラに、ジヒョクは熱いキスをしてしまいます。どうやらあれがファーストキスだったようですジヒョクの初恋&ファーストキス♪。ミラもまたそれに答えているようにみえたのもつかの間、そこに、ドンソクがやってきました


焦ったジヒョクはすぐに退出したものの、愛するミラにキスをした喜びは隠せませんあまりの嬉しさに階段から飛び降りました( ゚Д゚)


現場は見ていなくても、その後のミラのそっけない態度や雰囲気でふたりの仲を察したドンソクは、すぐに反撃に打って出ました。翌日ジヒョクの目の前で、ミラを後ろから抱きしめたのです。これからは堂々と付き合おう!


愛するミラは愛する弟の恋人だったと知ったジヒョクの嘆きようは見ているだけで辛かった。でもテソプから、

ミラさんの気持ちが一番大事だ

と言われてその気になり、即、それを確かめに行くのだけれど、あまりにもたくさんのウソをついてきたミラは、もう本心を明かすことができませんミラが可哀想だった~(;O;)


今朝のこと(キス)は事故だと思ってください。ドンソクさんと付き合っていることを隠していてごめんなさいあなたを騙してごめんなさいと言いたいんだけど言えない(;´・ω・)


しかもドンソクはその後、ここぞとばかりにミラと結婚するとジヒョクをバーに呼び出します。そう、ちょうどジヒョクがドンソクのために罪をかぶろうと決意した直後です。あ~なんて嫌な男なんだっ!!おばさんが成敗してくれる!( `ー´)ノ


とことん失恋したジヒョクが、ダルスクのもとにやってきて嘆いた様子がまた実に可哀想でしたよねビッグマンのジヒョクが実に良い子で泣けてくる強がるジヒョクを、ダルスクが優しく慰めたのがまた泣けましたもはやダルスクの気分( *´艸`)


(初めてのことだから必要以上に悲しく感じただけじゃない)本物の哀しみだ


ダヒとジヒョクの恋愛模様も切ないけれど、常に困難に見舞われているジヒョクを、こうしていつも優しく見守ってくれるダルスクやテソプ、市場の仲間たちとの交流もこのドラマの大きな見どころです


人間、騙すより騙された方が幸いだとは思うものの、お人よしのジヒョクがああも利用されっ放しなのはやっぱり腹立たしいですよね。次回はどうやらジナが(DNA鑑定の結果)真相に気づくようなので、そこからジヒョクも真実を知ることになるのでしょうか


ビッグマンは続きもとっても楽しみですねビッグマンが面白い(^^)/


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.