このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

スキャンダル
 社会派

スキャンダル あらすじと感想 第32&33話 俺が変えてみせる!

スキャンダルのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 韓国ドラマ スキャンダル あらすじと感想一覧


キム・ジェウォンさん主演の韓国社会派ドラマ、【スキャンダル】~今週は本当に良いエピソードでしたね~。32話は「もといた場所へ」、33話は「二人の父親」です。


先週も申しましたが、もうここで終わっても良いと思えるほど感動的なエピソードでしたスキャンダルのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ。まさかウンジュンがあんな風に考えていたとは、と感激しきりでございました。それでこそ、

ウリウンジュン=我らがウンジュン

でござりまする。も~すっかりファヨンとミョングンの気持ちになり切って見ていました韓国ドラマ・スキャンダルが面白い(^^)/


~最近はおばさんの中で、ミョングン役のチェ・ジェヒョンさんが一押しで人気急上昇中なため、木曜日はこの「スキャンダル」と毎日ドラマの「チョン・ドジョン」の両方で顏が見られてヒジョーに幸せなのでござる


とまあ思わせぶりのはた迷惑でうるさい感想はこれぐらいにして、以下早速ネタバレ行きますよ~完全ネタバレですのでご注意を♪。今回は感動のあまりすっかり長くなりすぎたので(1話で止めることもできなかった)、「続き」を使わせていただきました

なんとですね、ウンジュンは「テハを改心させようとしていたのだそうです。もちろん、そこには自分の手で逮捕して罪を償わせようという意味も含まれています。も~これを知った時は、飛び上がるほど嬉しかったそれでこそウンジュン!


つい、これは韓国ドラマだから、また自分の手でテハを成敗(殺す)つもりなのではないか、しかもミョングンをも殺そうとしているのではないか、などと勘繰ってしまい、心の底から気が気じゃなかったのでございます。テハはともかく、ミョングンを殺したら、(本当は大好きなキム・ジェウォンさんのドラマはしばらくは絶対に見ないぞ~とまで、こっそり決めていたほどです(どんだけ感情移入してるんだか)。


ウンジュンがそこまでの決意をするに至ったのには、アミの説得もあった~アミは以前、同じ10月でも、2013年の10月は特別な10月愛するアミがそう言ってくれた(^^)/~来年の10月にはもうミョングンはこの世にいないのだから、家に帰ってこいと勧めてくれていました~でしょうが、どうやら怪我の功名でもあったようです。経緯はこうです


ジュピルとソクボンがブレーキホースに細工をしたことで、ウンジュンの車のブレーキは効きが悪くなっていました。が、その細工が中途半端だったことから、ウンジュンは事故を免れ、無事会社に到着してしまいます


「どうしてまだ生きているんだ!?


テハから、シュレッダーにかけられたつぎはぎの極秘リストを見せられて、ウンジュンを調べるよう命じられたジュピルは、ウンジュンがいないうちにウンジュンの部屋を調べに行きます。デスクトップにあった「風俗」というフォルダーが怪しいと当たりを付けたのに、それが文字通りの意味だったのがまた笑えましたね


欲しいものがあったら差し上げますよ


驚いたジュピルが早速ソクボンに電話すると、ソクボンはもう一度細工をし直すよう声を荒げましたソクボン、許せんっ!。何せソクボンはマンボクの家まで押しかけて、

ウンジュンを「始末」したら、ク・ジェイン(マンボク)所有の株を安価で譲る

という覚書にサインまでさせたのです。その上で、この「始末」の意味を、マンボク自身に念押しさせた会話を録音までいたしました。この念の入れようがでも、逆に墓穴を掘ってしまうのが、ソクボンの浅はかなところですよね


それはさておき、ジュピルは早速もう一度、今度はしっかりブレーキホースを切断しました。その後車の中の「心配人形」を見て、そこに隠してあったUSBを手に入れたところにウンジュンがやってきます。ここでウンジュンが有無を言わせず車を発進させたのがまた楽しかったですね~。ジュピルの慌てぶりが頭から離れません


降ろせ、降ろしてくれっ!!俺まで死んじまうがな!


我慢しきれなくなったジュピルはついに事実を吐露してしまいます。ブレーキオイルが漏れていて、ブレーキが効かないんだ!韓ドラスキャンダルの見どころはここだ!


効かないんだじゃなくて、効かないように俺が細工したんだ、でしょうが言葉は正しく使いましょう( `ー´)ノ


この後のウンジュンの行動がまた素晴らしかった。ウンジュンは自分の事よりも、暴走する車に他の車が巻き込まれぬよう、細心の注意を払ったのですから


それでも結局事故は免れず、ウンジュンとジュピルの乗った車は道路を飛び出し、横転することによってようやく停止したようです


事故後、ウンジュンには意識がありましたが、ジュピルのダメージは大きく、ひとりで外に出ることができなかったため、ウンジュンが渾身の力を込めてジュピルを引っ張り出しました。


既に車のあちこちから炎が上がっていたことから、さすがのジュピルも、ウンジュンに自分だけでも逃げるように合図を送ったのですけど、ウンジュンは決して諦めようとしなかったのです。死んではいけない、必ず生きて戻るんだっ!!


ウンジュンが後に語ったところによると、この時ウンジュンは死を意識し、そうすることによってこれまでの恨みつらみが全て消えてしまったのだそうです。死の前に、復讐など無意味なこと、と


それで「ミョングンの死」にも思いを馳せてくれたのが本当に嬉しかったですよねスキャンダルのウンジュンが本当に良い子。ミョングンは死の宣告を受けた時点で既に重い罰を受けていたのですから


ファヨンから事故の知らせを聞いたミョングンが病院に駆けつけてきた時のやりとりがまた何とも言えず泣けました


どなたですか?


社長さんが僕の父親なのか、などと尋ねるウンジュンの顔に浮かんだ悪戯っぽい表情が、ミョングンにはすぐに見て取れたらしいのがまたよかった。ここは、愛と憎しみの狭間で凝り固まっていたウンジュンの心がようやくほぐれたと確信したシーンです


ミョングンがしっかりと息子の手を握ると、ウンジュンもまた父の手を握りかえしました。ウンジュンが記憶喪失になったのかとオロオロしていたファヨンが、ようやくウンジュンが冗談を言っていたのだと知ってホッとした顔も印象的でしたね


ミョングンはこの時ちょうど、遺影用の写真を撮るために床屋へ行って髪を切り、髭もきれいに剃ってもらっていたのですが、ウンジュンはめざとくそれも見つけます


散髪したの?若く見える


葬式で子供たちが父を恥じることがないよう、少しでもパリッと若く見せたいと語っていた、その願い通りになりました。ウンジュンは幼い頃からずっと、こうしていつも父の気持ちを思いやっては笑顔を浮かべていたのだと、改めて胸が熱くなってしまいました幼い頃のウンジュンを思い出すな~( *´艸`)


父さん、時間を取り戻すよ。父さんとの最後の時間を。だから長生きしてくれ。少しでも長く頑張って長生きしてこのセリフがまたよかった(*´з`)


頑張って長生きするさと答えたミョングンの側で、ファヨンが満足そうに微笑んでいた~この3人が家族ではないと、いったい誰が思うでしょうか?


が、そこにはそんな3人を恨めしそうに見ていたテハの姿があったのです。テハは何せファヨンのクローン携帯を持っていますから、ウンジュンの本心をいち早く悟っていたのでした


まず1度目は、ファヨンがウンジュンに送ったメールを見た時です。


マンボクの家に軟禁されていたプンギが、ソクボンの書いた覚書を発見し、たまたまマンボクを訪ねてきたファヨンにそれをこっそり渡してくれたのです。記者会見で火災報知機を鳴らしたのは「味方」だ。バットマンもその仲間だ。ク・ジェイン弁護士を信用してはいけない


ウンジュンは自分を裏切っていなかったと喜んだファヨンは早速ウンジュンに電話をしますが、ちょうどウンジュンが会議中でこれに出られなかったため、メールを送ってきたのです。


ファヨンをうまく陥れたと喜んでいた行為が、実はファヨンを助けるためだったと知ったテハは、どんなにショックを受けたことでしょう


やはり、ウンジュン(マンボク)の言うことは本当なのか?


でもその時はまだそんな疑念を持ちながらも、もしウンジュンが自分を逮捕しようと考えていても、全ての証拠を隠滅すればそれもできなくなる~そうすれば忘れてしまえばいいと、テハはテハなりにウンジュンを庇おうとしていたようです。


そして2度目がこの事故の知らせでした。テハにしてみれば、ファヨンが実父の自分ではなく、ミョングンに知らせただけでも腹立たしかっただろうに、それにクローン携帯の事はもちろん秘密だから、病院に行ってはいけないと思いながらも、やはりそれでもウンジュンが心配で駆けつけたというのに、そこで

あ~んなに幸せそうな家族3人の姿ミョングンとファヨンにウンジュン(*^^)v

を見せつけられたのですから、もはやテハのプライドはズタズタになってしまいますテハ撃沈。テハは早速マンボクを迎えに行きました。うちに帰ろう、ウンジュン!


ここでマンボクがほくそ笑みながらテハの家に帰ってきたのがまたなんとも浅ましかった


でもウンジュンもまた、同様にテハの家(社稷洞~サジクトン)に戻っていきます。ウンジュンは退院後、ファヨンとミョングンの3人で食事に行くのですが、そこで社稷洞の家に行ったのは元々テハを現行犯逮捕するつもりだったと打ち明けました。


俺はあの家に戻る~父さん(テハ)の息子になるために。俺が先に息子になれたら、父さんも「本当の父さん」(真人間)になってくれるに違いない。このままじゃいけない。このまま(ミョングンを)逝かせてはいけない。俺が変えるよ。変えてみせる。

毎日家に寄るよ。夕方顔を見せに行く。夕方がダメなら朝寄るし、電話もする。一緒の時間を過ごそう


ウンジュンの決意を知ったミョングンが、これまでになくスッキリとした顔で、ウンジュンを励まします。


ああそうしよう。ぶつかってみろ。全身全霊でぶつかるんだ。当たって砕けて泣き叫べ。そうすればお前の気持ちが届いて何かが変わるはずだ。俺もお前に会って変わった。お前のおかげで変わることができたんだ。


3人で微笑みを交わしたあのシーンを脳裏に焼き付けておかねばなりませぬスキャンダルの見どころ~3人で食事したシーンが忘れられない


こうしてウンジュンの新たな戦いが始まりました。ウンジュンは、テハにも自分の本心を明かし、テハグループは世間に謝罪し、テハもきちんと罪を償うべきだと説得したのです。もちろんあのテハがすぐに話を聞くはずはありませんが、我らがウンジュンなら、いつかきっとあのテハの心でさえ動かすのではないか、ついそう信じたくなります


ここであのマンボクがエラソーに、昔の崩壊事故は大勢を救うための小さな犠牲だったとぬかしたのがまた実に腹立たしかった~。確かにテハは皆に避難を促したかもしれんけど、その前に、自分の過失を隠蔽するために爆弾までしかけたんですよ?!その上翌日には証拠隠滅のため~まだゴニョンが残っているというのに~残骸処理をさせたことが、褒められたことでしょうか??


それがいやしくも弁護士のいう言葉かっ!!おまえも橋〇徹と同じだっ!(`・ω・´)


ちなみに、ウンジュンがプンギに盗ませた「裏金」は、これまでずっとテハに踏みにじられた人々の寄付に回したようです


もし僕やジェインやジュハが死んでも「大勢の中の1つの命」だと思いますか?


テハは、ずばり本質を突いたウンジュンの問いに、悔し紛れにお前などもう息子ではない、殺しかけたことも忘れる、お前など大勢の中の1人だ、と息巻きましたが、その後の言動を見る限りでは、そう簡単に気持ちを割り切ることはできないようです


その昔、ミョングンからどんなに冷たくされようと決して腐らず、ただひたすらミョングンのために尽くした健気なウンジュンの姿が思い出されますね。ウンジュンは、テハが寝静まったころを見計らってこっそりその寝室へ行き、ファヨンのベッドに寝るつもりだったと謝りながらそこに潜り込みました


あの子煩悩なテハが、そんなウンジュンの行動を愛しく思わぬはずがありません。でもそれを素直に出せるはずもない~ウンジュンの言い分を聞いてしまったら、自分の人生を全て否定することになるからです。


今回は、ソクボンに言いくるめられてウンジュンを殺そうしたジュピルまでが、ウンジュンの真心を知り、ソクボンには内緒でUSBを返してくれました。ウンジュンはジュピルを殺人未遂で突き出そうとせずにあれは過失だったと庇ったばかりか、入院中のジュピルを見舞い、その尿瓶まで洗ってくれたのです。この事故のおかげで、ジュピルの胆のうがんが早期発見され、手遅れになるのを免れたことも大きかったようです。


またジュハも、ソクボンからウンジュンを殺しかけたことを聞き、さすがに愕然としていたようです。マンボクはともかくとして、ウンジュンの姉のジュハにも、何とか良心を取り戻してほしいものです


そのマンボクは、家に戻ればそれですべて解決するとでも思っていたらしいのが、ウンジュンが決して諦めようとしないことに焦りを感じ、ついにファヨンを裏切りました


でもきっと、元々ファヨンの味方をする気は無かったのでしょうから、ここで裏切ってもそんなに驚きませんよね。離婚訴訟の決め手となるファヨン側の証人に勝手に嘘をついて証言を止めさせるなんて、いかにもこの男のしそうなことです


ファヨンもまたソクボンとマンボクの会話(録音)を聞いてしまったからにはもう、マンボクがウンジュンを「始末」させようとしたことを決して許せないはずです


でもこれもまた、元はと言えば身から出た錆、ファヨンがマンボクをウンジュンに仕立てたことがそもそもの原因だったのですから、ファヨンもまたウンジュンのように、これから自分の人生をかけてでも、マンボクの性根を叩き直す覚悟が必要でしょう


It's not who I am underneath, but what I do that defines me.
人の心は分からないが、本性は行動で分かる


プンギがマンボクに掛けた言葉は、プンギが大好きなバットマンのセリフ(バッドマン・ビギンズ)のようです


また、ミョングンの「死ぬ前にやっておきたいリスト」を発見したアミが、その中に、

ジーンズをはいてギターを弾く

という項目があったことから、早速ギターを購入して帰ってくると、ウンジュンもまたミョングンの家に帰ってきたシーンが実に良かった


「ウンジュンだよ、父さんアボジ


まるで初恋の人を迎えるようにドギマギした後にその顔に浮かんだミョングンの温かい微笑みが脳裏にこびりついて離れませんスキャンダルのミョングンが好きだ~( *´艸`)。死を宣告されるのは確かに辛いことだろうけど、毎日あれほど心豊かに充実した日々を送ることができたなら、その1日が自分の1年分にあたらないと、果たして言い切ることができるかと問われたら、おばさんはまったく自信がありませぬ


でもですね~先読み好きなおばさんとしては、つい、

もしテハがもし改心するとしたら、やはり、この世で最も愛するウンジュンを失った時なのではないか

と勘繰らずにはいられません。今はそうならずに済むよう、ただひたすら願うばかりでございまする


後は~ウンジュンがキム・ジュンヒョクの首をかしげる癖を見て、ようやく悪巧みに気づいたらしいことも最後に付け加えておきまする


スキャンダル」も残すところあと3話です。1週おかずに来週3話まとめて放送してほしい~とは決して叶えられない願いでござるね。続きもとっても楽しみですkaeru-coffee


スキャンダル DVD-BOX1スキャンダル DVD-BOX2スキャンダル DVD-BOX2

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はスキャンダルのレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング