2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

カン・ジファンさん主演の韓国ドラマ、【ビッグマン】の10話は「なぜ俺を騙した!」です。まさにこの一言に尽きましたね~。ジヒョクはガッカリしただろうけど、真実が分かって本当に良かったです。以下簡単なネタバレのあらすじですビッグマンのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


ドンソクを庇って罪に服す決意をしたジヒョクは、ザロックとの契約成立を理由にして社員を真昼間から飲みに誘い、ドンソクには市場で総菜を買い与えました。それでもジヒョクの気持ちを表すにはまだ足りなかったらしく、自分が唯一誇れるもの=高校で全国大会に出場した際の銀メダルを手渡します


これを見たら俺を思い出してくれ可愛い弟よ


これで思い残すことは無い、ジヒョクのそんな決意をよそに~予想通り~そのメダルは実にあっけなく、車の窓から道端に投げ捨てられてしまいました。あのお惣菜もきっとゴミ箱行きに違いありません


そんなジヒョクが検察で嘘の証言をしていたその頃、弟分のテソプが、偶然出会ったセラの妹のヘラに翻弄され、焼き肉をおごらされていました。前回のコンビニに続き、またしても金をふんだくられたとトイレの中で嘆いていたテソプは、ここで信じられない会話を耳にします。ちょうど店には、サンウに雇われてジヒョクを追いつめる片棒を担いでいたボムシクとその子分たちが来ていたのです


ハリ(ジヒョクのあだ名は「ハリネズミ」)は刑務所行きだって?あいつも十分いい思いをした。俺も一度は御曹司として暮らしてみたい。偽物の家族に騙されたいのか?


驚いたテソプは早速彼らの後をつけ、ボムシクがサンウと話しているらしいのを立ち聞きしました。その後ボムシクが、それらの会話を全てパソコンに保存していたことを知り、彼らの留守を狙ってそのファイルを確認し、陰謀の内容を知ってしまいます


兄貴は騙されていたんだ!兄貴がカン家に入ったのは・・・心臓が欲しかったからだ!


テソプは早速ジヒョクに電話しましたが、ここでボムシクが戻ってきたため、全てを伝えきることができません。が、ちょうど時を同じくして、ジナがDNA鑑定の結果をジヒョクに渡していました。私の話を信じて!あんたは家族じゃないのよっ!!ビッグマン~ジナがなかなか良い子(*^^)v


ジヒョクはその時取調べを終えて、待ち受けるマスコミに対して謝罪しようとしていたところだったのを見ると、ジナはジナなりに、ジヒョクは家族ではないのだから、ドンソクを庇う必要などない、と言いたかったのかもしれませんね。この結果が出る前に、ジヒョクに手作り料理~食える代物ではなかったけれど~を振る舞ったのがその何よりの証拠でしょう。ジナはやっぱりジヒョクが好きになってしまったのです


テソプとジナの話は気になったものの、とりあえずジヒョクはマスコミの前で謝罪をしました。しかも、この罪は自分一人の責任であり、ヒョンソングループには一切関わりがないとまで念を押します


帰宅後、ジナから渡された鑑定書を見たジヒョクは、早速ミラの家を訪ねました。以前ジヒョクに鑑定書を渡したのは他ならぬミラだったからです。ミラさんがくれた方が本物だろう?ビッグマンのジヒョクがお人よし過ぎ(;´・ω・)


さすがにミラはもう嘘を重ねることができず、ついに真相を告白しました。いいえ、私が渡したのが偽物です。社長は家族ではないんです


が、ジヒョクはミラの言葉を信じません。家族でないならどうして優しくしてくれた!?君のいうことなど信じられないっ!!それでも家族を信じたいジヒョク


でもここにテソプから電話が入ります。兄貴、来てくれ!あの録音を聞けば騙されたって分かる!!クチャン小学校の裏にあるコンテナの・・・


その後テソプがボムシクたちに痛めつけられているらしい気配を感じ取ったジヒョクは、すぐにその場へ駆けつけました。さすがにそこは裏社会のトップだっただけの事はあって、ジヒョクはたちまちボムシクらを叩きのめしてしまいますチンピラめっ!!


「死なない程度に痛めつけろ」
「キム・ジヒョクの心臓が必要なんだ」
 なんてこった!


ついに真相を知ったジヒョクはナイフを持ってカン家に乗り込んで行きましたやれやれ~!。最初に出てきたドンソクが、まったく悪びれていないのを見たジヒョクは、狂ったようにドンソクに襲い掛かり、手にしたナイフをふりかざします


ここに、ジナから話を聞いて駆けつけてきたソンウクが姿を現し、何もかも自分が計画したことだと打ち明けました。


「なぜだ!俺の手を取って涙まで流し『お前は息子だ』と言った!!


さすがのソンウクもうつむくしかありません


こうしてジヒョクは、おそらくは通報を受けてやってきた刑事たちに取り押さえられ、連行されてしまいましたミラが追いかけてきても目に入りません(;´・ω・)


この家族はどぶ


そう言ったジナが一番まともでござるね


逮捕されたジヒョクは、自分を陥れたソンウクたちへの復讐を誓い、担当のヨム検事(キム・ミンジェ)に真実を明かしましたが、時すでに遅し、ソンウクが既にチャン・ウォンテ検事長に頭を下げ、賄賂まで渡して言いくるめてしまっていたのです


ジヒョクから真実を聞かされたヨム検事が慌ててウォンテに報告に行きますが、

「長い物には巻かれよ

と言わんばかりなのがまた呆れましたね。腐っていても大黒柱を切り倒すことはできない、とは、つまり、家(国)ごと潰れても構わんということですな。まったくどいつもこいつも「どぶ」臭くてかなわんビッグマンも弁護士も皆、法曹界は腐りきっとる


ヨム検事は他の検事に交代させられた上、ジヒョクはヒョンソングループからも詐欺罪で訴えられてしまったそうです


元ヒョンソンの弁護士だったという男は、ドンソクが振り込ませた大金の件を持ち出し、詐欺を認めれば執行猶予を勝ち取るとうそぶきました。その上これまでの「慰労金」など出そうとしたのですから、ジヒョクがブチ切れて当然です馬鹿にすんなよっ!(`・ω・´)


慰労金などいるかっ!この命をかけてでも復讐してやるっ!!


ジヒョクが詐欺を働いたとの報道を受けると、皆が一斉に掌を返したようにジヒョクを非難し始めたのに、ただ一人、ク部長だけが断固としてジヒョクを信じてくれたのがまた嬉しかったですね


あのいつも調子のよいチェ部長(キム・ジフン)にも、以前ジヒョクがそうさせたように、胸に手を当てさせて

「カン・ジヒョク社長が一番だ!

と言わせました。あんなにがむしゃらに働いた経営者が他にいたか?!


検事も弁護士も信じられなくなったジヒョクは、テソプが持ち出した録音ファイルを直接裁判で判事に提出するつもりのようです。それはミラも同様で、ジヒョクを救えるのは自分だけだと悟り、証人として出廷する決意をしたようでした


でもここで問題なのは、その証拠の会話の中にミラの話も出てきたことです。サンウはボムシクに、

ミラもジヒョクと一緒に始末しろ

と命じたようで、これでミラも利用されていたと知ったジヒョクが、そのミラの前でこれを公開できるかどうか、が心配です。優しいジヒョクの事だから、ミラの気持ちがドンソクにあると思っている限りはそんなことはできんのではないでしょうかね


さすがに全16話(じゃないらしい?)はあっという間ですね~最後まで楽しく見られそうで何よりですビッグマンは来週の放送も楽しみですねビッグマンも面白い(^^)/


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.