このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

チョン・ドジョン(鄭道伝)
 時代劇・歴史モノ

チョン・ドジョン(鄭道伝) あらすじと感想 第22話 大成殿での再会

チョン・ドジョン(鄭道伝)のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: チョン・ドジョン(鄭道伝)全50話 あらすじと感想一覧


韓国ドラマ、【チョン・ドジョン鄭道伝)】は22話も面白かったですね~。最後はス~ッキリいたしました鄭道伝~イニムついに破れたり!!( `ー´)ノ。以下早速ネタバレですチョン・ドジョンのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


ソンゲがどんなにイニムを免責すべきではないと訴えてもヨンが聞き入れないため、困ったソンゲは、ドジョンに助言を求めました。するとドジョンは、ソンゲは一旦裏方に回り、ヨンとの戦いは「応援団」に任せればよいと忠告します。それが新進士大夫です。ドジョンはその使いにバンウォンを送ったようです。


イ・セクらは早速ウ王に談判しに行きますが、そう簡単に聞き入れるウ王ではありません。でも、こうした交渉には慣れっこの理知的で辛抱強い学者たちですから、浅はかなウ王の敵ではありません。要求を受け入れてもらえるまで座り込みを続けると言い放ちます


その上ここに何とも力強い味方が登場しました。チョン・ドジョンと成均館で一緒だったらしいユン・ソジョン(イ・ビョンウク)という士大夫です鄭道伝にイ・ヒョンウクさん登場!


自分もまた士大夫のはしくれだと、見た目は体力担当のナム・ウンまでが座り込みをしていた所へやってきたソジョンは、天下のチェ・ヨンを前にしても一歩も引けを取りません


イ・イニムが高麗のために尽くしたというの詭弁だ。イニムは政治をなおざりにし、栄華を極めようとした。イニムが貢物で官職を与えたため、官吏は職務を放って権門勢家にひれ伏した。外交にも失敗した上、外敵も防げず、民まで困窮させた


そんな男が本当に国に貢献したというのなら、職を辞して謝罪しよう


なぜイニムを擁護するのかと問われたヨンが、怒りのあまり剣を振りかざしても、ソジョンはびくともしません。さすがに二十歳で科挙に合格した逸材だけの事はあります。いや~この辺はあの大王世宗で、屋根に上って政事復をしていた凛々しいキム・ジョンソ(同じイ・ビョンウク)を彷彿させますね


さすがのヨンも、ようやくこれをきっかけに、やはりイニムの免責は無理があったと確信し、再度ウ王に王命の撤回を求めました


困ったウ王は、またしてもひそかにイニム邸を訪れます。イニムはウ王を諌めますが、愚かなウ王ではこの危機を突破できぬと思ったらしく、またしても知恵を授けました。でもそれが何とも浅知恵だっため、自ら墓穴を掘ってしまいます。イニムはウ王に、血の沁みついた布を渡し、自分への同情を買おうとしたのです


こんなに弱っている父上を処刑せよというのか!?


ここは、2度と同じ手に乗るものか~と思ったのに、単純なヨンのみならず、朝廷の多くの者がまんまと騙されたのがまた情けない。ヨンはソンゲに無断で、ギョンミらの処刑を決め、鞠庁の撤去を命じました。これすなわち、小者を処刑したらそれでこの件は幕引きを図るという意味です


怒ったソンゲはヨンの家に乗り込み、どうしても強行するというなら、官職を辞して東北面に帰るとヨンを怒鳴りつけましたすごい怒鳴り声だったよ~(;O;)


バンウォンから事情を聴いたドジョンが、ここでヨンと決別するのは得策ではないと考えていたその矢先、ウ王を見張るよう頼んでいたナム・ウンが(座り込みのために牢屋に入れられていたのか)、釈放してもらった礼をしにやってきます。ウ王が昨夜イニムの家を訪れたと知らせに来たのです


ドジョンはこれで確信しました。ウ王は間違いなくイニムに会いに行っている!イニムの病は仮病だっ!!俺の勘は当たっていた(`・ω・´)


ドジョンがナム・ウンを使いに出して、王が成均館でイニムに面会を求めていると偽らせ、イニムをまんまと大成殿に呼び出した時は痛快でしたね~


次に会う時はここで逢おうと決めていました。私を流刑にしたここであなたの最期を見るのも意味があるのでは?


近くにヨンがいるのも知らず、ドジョンを問い詰めようとしたイニムがマヌケでござったね


いったい何のマネだそれは私が聞きたいっ!


さすがのウ王ももうイニムを庇うことはできんでしょ


ず~っと憎たらしかったイム・ギョンミとヨム・フンバンも処刑されたことですし、後は親玉だけですからね~。ずっと真実を知りながらも隠してきたハ・リュンはここをどうやって切り抜けるのでしょうか


また、どうやら明国が遼東の所有権を主張しているらしいのも気になるところチョン・ドジョンは来週の放送がとっても待ち遠しいですねチョン・ドジョン鄭道伝が面白い(^^)/


鄭道傳 DVD-BOX1鄭道傳 <チョン・ドジョン> DVD-BOX3鄭道傳 <チョン・ドジョン> DVD-BOX4鄭道傳〈チョン・ドジョン〉DVD-BOX5

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はチョン・ドジョン(鄭道伝)のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング