このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

刑事フォイル(Foyle's War)
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

刑事フォイル(Foyle's war)あらすじと感想 第5話 兵役拒否(前編)

刑事フォイルFoyle's War)のあらすじと登場人物はこちらからお探しいただけます: 刑事フォイル(Foyle's War)あらすじと登場人物一覧


刑事フォイルFoyle's war】の5話は「兵役拒否」(前編)です。英語のタイトルは「A Lesson in Murder」(殺しのレッスン)と穏やかではありませんが、これはドラマの冒頭でデヴィッドが語った台詞からの抜粋のようです


What you're asking me to do is to take a lesson in murder.
(戦争に行って)人殺しを学べというのか


以下、登場人物の紹介をメインにしたネタバレのあらすじです刑事フォイルのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


今回は「良心的兵役拒否」(conscientious objection)をしたデヴィッド・ビール(Nicholas Audsley)という青年が刑務所内で自殺をするという実に痛ましい事件が起きました


兵役を拒否した場合、それが本当に個人の良心(信念の方が分かりやすいかも)に基づくものなのかを法廷で審査するようで、デヴィッドもまた例外ではなかったのですが、デヴィッドはそこで、戦争そのものの悲惨さや理不尽さを説いたことから「breach of the peace and causing an affray」(治安妨害と騒動を起こした罪)を問われて逮捕されてしまいます


I don't believe in war. I don't believe it solves anything. War is evil. It's irrational. And if history has taught us anything, it's that war only leads to more war, more killing, bigger armies.
戦争を信じない。戦争では何も解決しない。戦争は悪で不合理だ。戦争はさらなる戦いと殺戮と軍の拡大を生み出すだけだと歴史が教えてくれている


これに上の台詞が続いては思わず書き取らずにはいられませんそうそう、まさにその通り!!。デヴィッドは、あのT.S.エリオットにも認められた才能ある作家なのだそうです


が、審査にあたったローレンス・ガスコイン(Oliver Ford Davies)は詭弁を弄してデヴィッドの申し立てを却下してしまいました。あの転んだ子供の譬えなんぞ、どこかの政治家のそれとほとんど変わりませんな


この後のデヴィッドの処遇がまたひどかった。家族が戦争で傷ついた人間が引きも切らぬ中、その戦争自体を批判したデヴィッドは、いわゆる「非国民」扱いされてしまうのです。真っ裸にされたデヴィッドは消火栓で水を浴びせかけられた上、どうやらそのまま牢にぶち込まれてしまったようです


後に係員が巡回に来た際には、デヴィッドは首を吊って自殺していたそうです可哀想なデヴィッド


その後、このガスコインの家に脅迫状とも思えるメモが投げ込まれました


YOU TOO WILL RECEIVE JUSTICE
お前も正義の裁きを受けるだろう


管轄内のこの事件に加え、デヴィッドの自殺の件についても親友のヒュー・リードから聞かされたフォイルが早速ポールに調査をさせたところ、デヴィッドの遺体はその髪や衣服が濡れていたこと、服のボタンが掛け違っていたこと、また、新聞の切り抜きを貼ったらしい脅迫状には機械油がしみ込んでいたことが判明します


フォイルはこれですぐにデヴィッドが嫌がらせを受けたことを察知しました。髪は消火栓からの放水によって濡れた、服は誰かがデヴィッドの死後着せたに違いない!


フォイルは担当の刑務官=ビル・フェリス(Tony Maudsley)からうまく話を聞き出します。私の息子も空軍にいる、部下は脚を失った


この辺がいかにも単純なところですが、すっかりフォイルを「仲間」だと思い込んだフェリスは、全てを洗いざらい打ち明けます。でもまさか自殺をするとは思わなかったんです!


フォイルはこの男を加重暴行の容疑で逮捕し、免職処分を言い渡しました。いついかなる時も公正であるべき警官としてはあるまじき行為ですものね


でももう1つの「脅迫状」の件は、容疑者が多すぎて絞り込めそうにありません。しかもこの後、同じ人物の犯行と思しき犯罪が行われてしまいます。なんと、ガスコインの家で預かっていた疎開児童のジョー・クーパー(Gregg Prentice)が、ガスコインの屋敷の離れに仕掛けられた手榴弾に吹き飛ばされて死亡してしまったのです


果たしてこれは「脅迫状」の犯人と同一人物なのか(たぶん違うな)~以下、関係者全員をピックアップしておきまする刑事フォイル~「兵役拒否」の登場人物。このドラマもまた他のミステリー同様

いかにも怪しくない人間が怪しい

ようですからね


最初はデヴィッドの妻のフローレンス(Madeleine Worrall)です。夫の裁判にも出席してその身を案じていた彼女は、避難民たちのコミュニティを運営している平和主義者らしいので、さすがに容疑者リストからは外したいところですが、このフローレンスのもとに駆けつけてきた、デヴィッドの親友らしいセオ・ハワード(David Tennant)はどうでしょうか。セオは、ガスコインが親しい実業家の息子=スティーブン・ブルックスにだけは兵役拒否を認めていたととても憤慨していました


そのガスコインと親しい実業家とは、最初に登場したレイモンド・ブルックス(John Shrapnel)を指しているのでしょうか。レイモンドは第一次世界大戦の功労者だったそうですが、今でも200名の義勇防衛隊(the local defense volunteers)を指揮しているそうで、ここヘイスティングズでドイツ軍を食い止めると豪語していました。ガスコインはそんな彼をむしろ鬱陶しがっていたようでしたが?


また、そのガスコインの家族も外せません。ガスコインの家は元々妻=エミリー(Cheryl Campbell)の実家だったようで、ガスコインは古めかしいその屋敷を嫌っていたようですが、エミリーは絶対に出ていきたくないと主張していました。


娘のスーザン(Sophia Myles)は~またしても~父親が嫌っていた男=ピーター・バッキンガム(Elliot Cowan)とひそかに交際しているようです。


ピーターはスーザンに家と家族を捨てるよう勧めていましたが、肝心のスーザンは煮えきらないようです。このピーターの職業は機械操作員、つまりは「機械油」を使う機会が多いということです


ここはでも逆に、脅迫文がピーターの仕業だと確信したガスコインが、ピーターを殺そうとしたとも考えられますよね。ガスコインは「男の声で離れに来るよう電話があった」と言いましたが、その会話を実際に聞いた人物はいませんから。それとも同じ理由で、娘(家?)を手放したくないエミリーの仕業か


これを好奇心の強いジョーが聞きつけて、早速離れに行ってしまったのは気の毒でした。離れには、ドアを開けると手榴弾が爆発する仕掛けが施されていたのです


まさか、ジョーの好奇心を見越した上での犯行ということはありませんよね。ジョーの好奇心はあくまでも、あのすべてを書き留めていたノートを後のフォイルの捜査に生かすための布石だったのでしょうから


一方、今回はフォイルの行きつけのイタリア料理店が登場しました。自分で料理を作りたくない時は、その「カルロ」で食事をするのが常らしいです


フォイルの結婚式用にウェディングケーキを作ったというその主人=カルロ・ルチアーノ(Allan Corduner)と、イギリスを出たことがない癖に、女性を見ると

「Che bella signora
(何て美しいんだ~でもサムはどう見ても未婚だからsignorinaシニョリーナでしょ

とつい声を掛けてしまうというアンソニー、通称トニー(Danny Dyer)は、是非容疑者から外したいところです


そしてこのトニーの悪友のジャック・ウィンターズ(Christopher Fox)は、ガスコインへの恨みを隠そうともしませんでした。ガスコインはジャックを少年院送りにした張本人のようです。


サムと意気投合して一緒にダンスホールにまで行ったトニーですから、サムのためにも外したいけど、このジャックとの関わりを考えると、何かしらやらかしているような予感は拭えません。制服姿も悪くないけど、ドレスアップしたサムはまた実に美しかったですね


果たして「犯人(たち)」は誰なのか、フォイルの推理が待たれるところでござりまする


また事件と離れたところでは、相変わらず嫌みタラタラのジェーンは、足の不自由な夫を残してウェールズに住む友人ケイトの家に遊びに行くそうです。しかもたったの2~3週間だそうですが。いっそのこともう帰ってこなくていいと思うのはおばさんだけでございましょうかサムとポールの線は無いのかな(;´・ω・)


刑事フォイル」は続きもとっても楽しみでございまする刑事フォイルが面白い(^^)/


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は刑事フォイル(Foyle's War)のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング