2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

カン・ジファンさん主演の韓国ドラマ、【ビッグマン】の16話は「からっぽの商品棚」、17話は「俺のことが好きなら」です。この辺は、カン家に復讐を誓ってからのミラがカッコよくなってきましたね~ビッグマンのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ。それにジヒョクに一生尽くすと誓う一方、お嬢様癖が抜けずジヒョクをこき使うジナも実に可愛いです。以下簡単なネタバレのあらすじですビッグマンのジナとミラが可愛い♪


今回は、ヒョンソン流通の中でも「ヒョンソンマート」に焦点が当てられていました。以前、ドンソクがこのヒョンソンマートの海外進出を狙って横領を働いたと言っていたあのスーパーマーケットですね


姑息で卑怯なドンソクは、このヒョンソンマートに品物を卸さないよう、大手ばかりか中小企業にまで金を握らせ、仕入れの邪魔をしてきました。特に困ったのが生鮮食品~乳製品だったようです


ミラからの知らせで、これがドンソクの仕業だと知ったジヒョクは、以前、ユジェの不正によって取引を停止されそうになっていたところを助けた会社=スンジン(純真)乳業の社長を思い出します。あの社長なら必ず力になってくれるに違いない!


もちろんここにもドンソクの魔の手は伸びていたのですが、ジヒョクは忍耐強く社長にアプローチし、ついにその協力を仰ぐことに成功します。この社長が、創業当時の「純真(スンジン)な心を思い出し、大企業の圧力に屈してはならないと思い直してくれたからです


こうして「からっぽの商品棚」は牛乳で一杯になりました


するとドンソクはより一層汚い手を使ってきます。なんとドンソクはサンホに命じてホームレスを金で雇い、腐った牛乳を飲ませた上でヒョンソンマートに送り込み、ヒョンソンの牛乳で食中毒を起こしたと自作自演させたのです


この卑劣な手口ももちろんですが、ジヒョクは、生身の人間に腐った牛乳を飲ませるというその

人を人とも思わないやり方

に怒りを爆発させました。そこへ、これもまたドンソクの仕業だとミラから一報が入ります。ミラは、ドンソクのいる社長室に絵を飾り、そこに監視カメラを仕掛けて彼らの動きを逐一探っているのですさ~すがミラ!(^-^)/


一旦ミラを疑ったドンソクも、その後ミラがドンソクの仕掛けた罠に引っかからなかったことでまんまと騙されてしまったのがまたマヌケでござったね


この事件にショックを受けたスンジン乳業の社長は絶望し、自殺を図ってしまいましたが、寸でのところでジヒョクが発見、一命をとりとめたのは何よりでした


そこでジヒョクはマスコミを集め、これはある大手の嫌がらせだと発表しました。腐った牛乳を飲まされた人間が証人です!


そうやって相手を焦らせておき、敵がそのホームレスに接触するところを捕まえるのが狙いです


案の定、サンウはボムシクとともに慌ててホームレスのいるホテルへと駆けつけてきました。その時はたまたま外出していたホームレスは、外で待ち構えていたジヒョクに見つかってしまいます


ここでジヒョクがそのホームレスに「ヒョンソン流通への就職」を勧めたのがいかにもジヒョクらしかったですね。そうすればもう二度と犬以下の扱いをされない、家族にも胸を張れる人間になれる!


彼の証言でなんとか汚名は返上できたものの、ドンソクが警察に手を回したため、犯人を捕まえることができません


それでも、最近はファストフード店で真面目に働き&ジヒョクとテソプを養っていたジナが、手作りサンドウィッチとスンジン牛乳を飲んでいる動画のおかげで、消費者は大分戻ってきてくれたようでした


なんとあんなに料理ベタなジナだったのに、唯一サンドウィッチだけは美味しく作れるのだそうです。幼い頃、ひとりで作って食べていたというのがまた泣かせる話でやんすね


が、やはり売り上げに貢献するのは家電などの大型商品です。その仕入れを回復させるためには、いつもドンソクとつるんでいるテサムのミョンホを取り込むのが近道だと、これまたミラに教えられたジヒョクは、この度そのテサムがヒョンソングループと「石油公社の入札」で競い合うことを利用しました


どうやらドンソクは、テサムの入札に関する資料を秘密裏に盗ませたようなのです。これでテサムに勝てるとほくそ笑んだ姿も会話も全てミラが把握しています


ジヒョクは(面が割れてない)チョ会長の腹心の部下にヒョンソンの本社へ行かせ、ヒョンソングループの入札の書類が会長の金庫へ保管されるまで=エレベーターでの移動の時間を狙ってこれを手に入れ、その内容を撮影しました


まさか、最近は徹底してセレブの婚約者を鼻にかけていたミラがこの書類を敵に渡したとは夢にも思わず、呑気にエレベーターに乗っていたサンウがまた実にマヌケ面でした。しかもミラは、発作を起こしたソンウクを救ったことから、秘書室長にまで昇格していたのです


ジヒョクは早速これでミョンホに取引を持ちかけました。ミョンホも、ドンソクならやりかねないと信じたようで、すぐに大手からの仕入れを回復させてくれます


~このミョンホの話や、ドンソク本人の話から妄想するに、以前のドンソクはここまで狂人じみてはいなかったようです。ドンソク曰く、心臓移植によって「心」まで失ったのだとか。今では、心労が重なって倒れたソンウクの会長の座も、いざとなったら力づくで奪おうとさえしていたようです


こうして売り上げの回復は見込めたものの、それだけでは借金の返済は難しいということで、ク部長がキム委員長と相談し、皆で従業員の給与削減に協力してもらったのがまた泣けましたよね。社長は一家の家長だから、家長が苦しんでいる時は家族は食事を我慢しても協力するものだ


それでこそ「私たちは家族です」がモットーのミラ流通、否、ヒョンソン流通でござりまする新しい名前は何になるかな?


ジヒョクは、会社に新しい名前を付けるならミラ流通がイイと言ったのです。その上、ミラが協力的な理由がその復讐にあるとは知らないらしく、自分が好きだからならそう言ってくれとうぬぼれたのも可笑しかったですね。それをまたジナが目ざとく見つけて、

「同居人が浮気をするな!

と引き留めて~男性一人に女性二人のこういう楽しい三角関係は韓ドラには珍しいですよね~。全然嫌な気がしなくてめっちゃ楽しいです


次はどうやらジヒョクが「市場」の仲間も呼び寄せるようでしたねビッグマンは続きもとっても楽しみですビッグマンが楽しみ(^◇^)


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.