このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

スキャンダル
 社会派

韓国ドラマ スキャンダル あらすじと感想一覧

スキャンダル(全36話)


キム・ジェウォンさん主演の韓国社会派ドラマ、【スキャンダル】もついに先日最終回を迎えました。も~その一歩手前の先週からず~っと感動のしっぱなしで、久しぶりに韓ドラ現代劇にどっぷりハマってしまいました


特に良かったのは、このドラマが、実際に韓国で起きた社会的事件を扱った「社会派ドラマ」であるにもかかわらず、最後には、従来では考えられないほどの希望に満ち溢れた結末を迎えたことでしょうか。しかも決してご都合主義には走らなかった~そう思わせてくれたのも素晴らしかった


韓国の社会派ドラマ(復讐劇も含む)どうしても後味の悪いものが多く、見るのに二の足を踏んでしまう方も多いことと思います。現にどの国のドラマでも社会派ドラマが大好きなおばさんでさえ、韓国の社会派ドラマには何度ガッカリさせられたことか知れやしません。韓国には、罪を法で裁くという概念がないのか、と疑っていたほどです


が、この「スキャンダル」に関しては決してそうではなかったというのが、何より素晴らしい点でした。社会派ドラマとして厳しい現実を突きつけながらも、決して悲観的になりすぎない、コメディではない韓ドラには本当にめずらしい、とても前向きで感動的なヒューマンドラマでもあったと、個人的には高く評価したいです


大体ずっと疑問だったのですが、どうしてこのドラマの副題が「非常に衝撃的で不道徳な事件」なのかがまったく解せないところです。確かに衝撃的と言えなくはないものの、「非常に不道徳」というニュアンスは微塵も感じられませんでした。むしろ


「非常に同情すべき事件


の間違いではありませんか?


それに俳優陣の演技がまた絶品でしたね~。キャスティングもピッタリで、最後までタップリその渾身の演技を堪能させてもらいました。最後の最後になってみて特に印象に残っていたのはパク・サンミンさんでしょうかスキャンダルのテハも悪くなかった。(お気に入りは別ですが


ドラマ全体のお気に入り度も久々に文句なしの満点と大絶賛スキャンダル~未見の方には是非お勧めしたいです。とはいえ、これまた毎度のことながら、人の好みはそれぞれですので、もし万が一お気に召さなかった場合はご容赦くださいませね


【スキャンダル あらすじと感想】


韓国ドラマ 【スキャンダル】 あらすじと感想 第1話 いとしい息子


第2話 悲劇の始まり


第3話 さらってきた息子


第4話 「お父さん」と呼ばれて


第5話 偽のウンジュン


第6話 偶然の出会い


第7話 悲しい花嫁


第8話 仕組まれた罠


第9話 父子の巡り合わせ


第10話 モンタージュの男


第11話 偽者の確証


第12話 ウンジュンを捜さないで


第13話 契約交際の波紋


第14話 襲われたハ・ウンジュン


第15&16話 ファヨンの決意


第17&18話 私の息子ウンジュン ほか


第19&20話 父さんと一緒に ほか


第21~24話 ウンジュンの真意やいかに?


第25話 守るための選択


第26&27話 私たちのウンジュンのために!


第28&29話 罪を償うということ


第30&31話「うちに帰ろう」にもらい泣き


第32&33話 俺が変えてみせる!


第34&35話 こんな韓ドラ観たことない!


韓国ドラマ スキャンダル 最終回 あらすじと感想 父さん、ありがとう



スキャンダルはサイコーでした(≧▽≦)
隅々まで愛にあふれたドラマでした

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はスキャンダルのレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング