2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

香里奈さん主演のドラマ、【結婚式の前日に】を覗いてみました。香里奈さん演じる主役の芹澤ひとみが、結婚式を3カ月後に控えて、脳腫瘍、しかもどうやら悪性らしいとの宣告を受けるという設定です。


生老病死という誰にも避けられないテーマとはいえ、あまりにも暗い展開ならご遠慮しようと恐る恐る覗いたのですけれど、これがまたなかなかユーモアたっぷりで面白くなりそうだったので、見続けることに決めました結婚式の前日にのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


人間いつかは病気になるし、死ぬことだって誰にも決して避けられない、誰もがいつかは直面する問題なら、どれだけ明るく強く逞しく(笑)、これらを前向きにとらえることができるかこそが人間力じゃないかな~と最近はつくづくそう思いますその日が来るまで頑張らなくちゃ( `ー´)ノ。ちとカッコつけて言うなら、人間は死を肯定できて初めて人生も謳歌できるのではないでしょうかね


とまあ能書きはそれぐらいにして、今日は第1話に登場したメインキャラの説明を中心にしたあらすじをざっくりまとめておきまする結婚式の前日にのネタバレ行きます♪


主人公のひとみは、築地にある小さな寿司屋=祝鮨の一人娘~父の健介(遠藤憲一)は店を切り盛りしながら、ひとみが3歳の頃から男手ひとつでひとみを育ててきたそうです。健介の妹の早紀(美保純)は嫁にも行かず、ずっと兄を助けてきたようで、ひとみは幼い頃からずっと母は死んだと聞かされてきました。


そんなひとみがこの度、白金で代々医者を営んできたという園田家の跡継ぎ=悠一(鈴木亮平)に嫁ぐことになりました。ふたりが知り合ったきっかけは、悠一が元々祝鮨の常連だったのが、ある時「まかない」を食べていたひとみ(まかない?)に見惚れていたところ、これを半分分けてもらったことが縁でその後もつきあうことになったようです


その後縁日でのデートでプロポーズされたひとみは、格式ばった悠一の母=響子(江波杏子)は怖いけれど、悠一がせっかく説得してくれたのだからと覚悟を決めて、園田家に嫁ぐことにしたのだとか。


婚礼衣装も決まり、もうじき両家の顔見せというその時に、ひとみは「脳腫瘍」を宣告されてしまいます。思いもよらない人間ドックの結果に驚いたひとみが、3カ月後には結婚する予定なのに大丈夫かと医師に問うと、医師は黙りこくってしまいます。もし悪性だった場合、それもおぼつかないと言うのです


ひとみはこれで人生が全て色あせてしまった、と感じたそうです気持ちわかるわ~(;´・ω・)


医師でもある悠一に相談しようとしても、悠一はちょうど学会で出かけるとかで、切り出すことができません。ひとみはつい、10年もの間メル友だった「リカちゃん」にこう書き送ってしまいます。


私、脳腫瘍だって


そのつい少し前に、悠一と二人で取った黒無垢の写真を送ったばかりだったのに。


これを受け取った「リカちゃん」は居ても立っても居られなくなり、早速ひとみに会いに来ました。が、これが大きな波紋を呼んでしまいます。なんとこの「リカちゃん」こそ、ひとみの生母=迫田可奈子(原田美枝子)だったのです!


健介たちや可奈子自身の話によれば、可奈子は28年前~ひとみが3歳の時、好きな男ができて、ひとみを置いて駆け落ちしたということでしたが、真相はどうやら違うようでしたね


今回ひとみは、悪性脳腫瘍の5年生存率が30%だと知って、悠一に事情を打ち明け、結婚を取りやめようとしていました。おそらくは可奈子も昔同じ状況に陥って、どうせ助からないのなら家族に迷惑はかけられないと、わざと自分を悪者にして家を出て行ったのではないでしょうか


愛している人を幸せにするにはその方法しかない、と


だからこそ、可奈子にはひとみの気持ちが痛いほどわかり、ひとみが顔合わせの席で破談を申し出ようとしたのを、自分がわざと滑稽に振る舞って(しかも死んだことになってましたし)皆の顰蹙を買うことで、ひとみの破談を思いとどまらせようとしたのではないでしょうか?


30%の確率なら決して低くはない~むしろ高い方だ。奇跡は必ず起きるわ!!結婚式の前日に~可奈子もそうやって生き延びたのでは?


それでも納得しないひとみのために、可奈子は橋から川に飛び込みます


それまでの怒りや戸惑いもすべて忘れて駆けつけたひとみに、川から無事に上がってきた可奈子は平然としてこう告げました:


ほらね、死ななかったでしょう?人間、そう簡単に死なないわ。でも可奈子は昔水泳の選手だっただとか


まあこれはまだおばさんの妄想にしかすぎませんが、いずれにしても、可奈子はまだ健介やひとみに言えていないことがあるのは間違いなさそうです。江の島にある養護施設「ひだまり園」の園長、北野聡美(藤田弓子)が詳しい事情をしっていたようです。


最初から、結婚後も仕事を続けたいというひとみとの縁談には難色を示していたらしい響子はすっかり反対の意向を示していましたが、ひとみから病を告白された悠一がきっと庇ってくれることでしょう。だって悠一はプロポーズでこう言ったのですからね


あなたは誰とでも幸せになれる人だけど、僕があなたを一番幸せにしたい!


結婚式の前日に」は、たとえどんな結末が待っていようと、最後まできっと楽しませてくれるに違いないと既に確信しています。この予感が当たることを切望しながら、来週の放送を待ちたいと思います。続きもとっても楽しみです結婚式の前日にが楽しみ(^◇^)


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.