2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

スリーデイズ~愛と正義~のあらすじと感想、登場人物はこちらからご覧いただけます: スリーデイズ~愛と正義~ネタバレと感想、登場人物一覧


パク・ユチョンさん主演の韓国ドラマ、【スリーデイズ~愛と正義~】は2話目もうひゃひゃひゃひゃ~スリーデイズ~愛と正義のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノな展開でしたね。お、すみません。あまりに楽しすぎて理性を失ってしまいました。以下ズバリ&早速のネタバレ行かせていただきまするスリーデイズのネタバレでござる( `ー´)ノ


今回の見どころはズバリこの2点ですスリーデイズ見どころはここだ!


  • やはり大統領=イ・ドンフィは命を狙われていた
  • ドンフィは青水台での3日間(スリーデイズ)に命懸けで何かを実行するつもりだった

まず1点目から参りますると、大統領イ・ドンフィ暗殺を目論んでいた組織~敢えて「組織」と言っちまいますが~のひとりが、いかにも大統領の安否を気遣っていたそぶりを見せていた大統領警護室長のハム・ボンス(チャン・ヒョンソン)だったとは驚きでした


ボンスは停電後、大胆にも自分の部屋からドンフィとその警護官ふたりを狙い撃ちしたそうです。随行部長ともうひとりは即死状態だったようですが、ドンフィの遺体だけが見つかりません。それもそのはず~ドンフィは、こめかみ辺りに傷を負ってはいたものの、まだ生きていたからです。後にドンフィの代わりに発見された遺体は、万が一の場合に備え=身代わりに用意されていた人物(影武者?)でしょうか?


当然、前回ジェシンテレコムに乗って、テギョンの父のギジュンを死に追いやり、青水台一帯を停電にしたあの二人組も、ボンスの仲間で間違いないようです。あの停電は「EMP弾」(electromagnetic pulse~電磁パルス)によって引き起こされたものだったことも今回判明しており、ボンスはそれに備えて電磁波の影響を受けない時計を用意していたそうですからね


一方、大統領の暗殺計画があると青水台に駆けつけてきたテギョンは、そう判断した証拠を皆消されてしまった上に、あろうことかヤン・デホ殺害容疑を掛けられてしまいます


自宅にヤン・デホが忍び込んだことも、そのデホの家から男が飛び出してきたことも、これらを証明する監視カメラの映像が一切消えて無くなっていたらしい。デホは頸動脈を一気に斬られていたそうで警察は特殊部隊出身者の犯行の可能性が高いと考えているようです。


証拠が消されていたとなると、ずっと大統領に張り付いていたボンスではなく、テギョンから事情を聞いたチャヨンや、その報告を受けたという大統領秘書室長のシン・ギュジン(ユン・ジェムン~カリヨン@根の深い木)の関与も疑いたいところ。チャヨン本人は味方だとしても、彼女から情報が漏れた可能性も無きにしも非ずでしょうし。


思いもかけない容疑をかけられたテギョンは、濡れ衣を晴らすためにもその場を逃げ出し、大統領暗殺犯の足取りを追いました。その際、テニスコートへの扉が開いていたことから、スナイパーが大統領を狙ったのは警護官宿舎、しかも警護室長の部屋からだったと気づきます。そこでボンスがEMP攻撃に備えた時計を持っていたことが判明したのです


停電はそのためのものだった~室長の犯行を隠すために、カムフラージュの「暗闇」が必要だったのですね


自分が犯人だと気づかれたボンスはテギョンに銃を向けましたが、隙を見て逃げられてしまいます。その後ボンスはテギョンに撃たれたふりを装い、自分で自分の左腕を撃っていました。え~んなことしても銃弾を調べればすぐに分かっちまうだろうに


何とか逃げおおせたテギョンは、ようやく気絶から意識を取り戻していたボウォンと合流することになります。ボウォンは逃げる途中でIDを落としてしまったため、ジェシンテレコムの二人組に正体を知られてしまっています


果たしてふたりは無事逃げおおせることができるのでしょうか?


また2点目の大統領の「計画」も大いに気になるところです


3月5日になればすべてが終わる。別荘で過ごす3泊4日(スリーデイズ)~それが最後のチャンスであり、それを逃したら危険だ。警護室も秘書室も信用はできない。我々だけを信用してくれと語っていたギチャンは既にこの世にはおりません。


今どうやらかなりの重体らしいドンフィが頼れるのは、その息子のテギョンだけなのです


いったいドンフィはこの「3日間」(スリーデイズ)で何をしようとしていたのでしょうか?それがあの例の男(チェ・ウォニョン)と関わっているのはまず間違いないはずなんですが


ということで、とりあえずはボンスの仲間=犯人をあぶりだすためにも、他の面々についてもあっさりまとめておきまひょかスリーデイズの主な登場人物


顏の怖い順から挙げますると筆頭はやはりこの人、警護本部長のキム・サンヒ(アン・ギルガン~コンガル和尚@イルジメ)ですよね。CP長だというムン・ソンミン、(キム・ジョンハク~アルチョン@淵蓋蘇文)も侮れません


でも強面に悪人はいない?となると、1話でさんざんテギョンを叱り飛ばしていた、先輩らしいファン・ユンジェ(キム・ミンジェ~ヨム検事@ビッグマン)も怪しいでしょうか。今回2話で登場していた医務チーム長のキム・ヨンファンはどうでしょうか


今のところはこのぐらいですよね~


来週からは2話ずつの放送になるようです。あまりにも複雑になりそうなら1話ずつ、まとめられそうなら2話まとめて語っていければと思っております。スリーデイズ~愛と正義~は続きもとっても楽しみです


スリーデイズ~愛と正義~ DVD&Blu-ray SET1(特典映像ディスク&オリジナルサウンドトラックCD付き)スリーデイズ~愛と正義~ DVD&Blu-ray SET2(特典映像ディスク&劇場版DVD付き)
こういうドラマこそノーカット版を放送してほしい♪


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.