2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

破裂】は2話目もまた実に腹立たしい話でした。もちろん内容が悪いのではなく、得意げに「プロジェクト天寿」について語る佐久間に腹を立てているおばさんです。以下早速ネタバレです破裂のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


突然死した犬のサリーを解剖した香村は、その心臓の破裂は香村療法の副作用だと確信し、このままでは倉木の心臓も半年後には破裂すると予測しました。直ちに改善策を捜しだす!!


サリーの前に実験に使い、心機能が回復したため近くの幼稚園に譲った4羽のウサギを早速調べに行ったところ、3カ月後には突然2匹が死んだ上、その翌日には残りの2話が消えてしまったことが明らかになります。しかも、死体を埋めたはずの場所にはその死体も持ち去られた後だったのだとか


そう、ここで香村も指摘していたように、何者かが香村達より先に、副作用の可能性に気づいていたということです。その人物こそまさに佐久間和尚その人に違いありません


ここで、香村の腹心で、香村の教授昇進とともに自分は准教授の地位を狙っている厨忠彦(甲本雅裕)が危惧していた通り、例の医療ミスの怪文書を送ったのも佐久間が手配したのでしょう。佐久間は香村の弱みを握ることで、香村を思い通りに動かそうとしているのです


その佐久間の思惑こそ、「天寿プロジェクト」などというふざけた名前が付けられた、実際には「悪魔の計画」でした


やはり佐久間は、香村療法の決定的なミス~つまりは副作用をミスとはとらえず、一旦は心機能を回復したと見せかけながら、最終的にはその心臓を破裂させて突然死するこの療法こそ、長寿大国という国家的危機を救う救世主だとうそぶいたのです


ヨーロッパでは、その多くが心臓発作で死ぬのに対し、日本人の心臓は丈夫でなかなか死なない上に、日本の循環器の医者は、心臓を救うことばかりを考えて、脳や腎臓が機能しなくなることなどお構いなし。自分達が「寝たきり老人」を増やして、社会全体を危機に陥れていることに気づかない。


ぴんぴん ポックリ


生きている時はぴんぴんと元気に働き、死ぬときはぽっくり逝くため、ひいては寝たきりを減らすには強い心臓が邪魔になる。心臓を強くすることは「国策」に反すると言うことだ。


佐久間が香村を副センター長に迎えたいと言うネオ医療センターこそ、この「国家プロジェクト」を実行する場所なのだというのです。


佐久間はまた、こちらは超高齢化社会を稼ぎ時と捉え、福祉ぐるうぷ寿会経営者で電報堂プランニング社長の小池清(モロ師岡)と組んで、倉木蓮太郎のドキュメンタリー映画を制作中です。つまり倉木は、他の治験者を呼び込むための、体のイイ広告塔に利用されているのです。


香村療法による心臓破裂は副作用ではなく立派な効果だ!


これでぴんぴんとポックリを同時に実現できると狂喜する佐久間は、もはやまともとは思えません


老人の孤独死や寝たきり問題を理由にして香村を脅す佐久間ですが、これは単なる詭弁でしかありません。確かに過度な延命治療は患者の望みではないことも多いかもしれませんが、だからと言って、故意に心臓を破裂させて良いはずがありません。それは立派な殺人行為=犯罪にほかなりません


お年寄りが望むなら、国が望ましい死を保障する~プロジェクト名は「天寿」


弱みを掴まれた香村が思い通りに動くと踏み、自分の理論に酔って滔々と語る佐久間に香村が反論したシーンが実に痛快でございました


国策だと?どうせ一部の人間が勝手に裏で進めているだけだろう?まともな政治家、まともな官僚、それに国民はどう思うだろうな?


佐久間が香村の弱みを握ったと言うなら、香村もまた佐久間の弱みを握っていると言いたいのです。俺を利用したいなら、もっと頭を使え!


その香村は一方で、副作用を回避する方法を既に思いついています


香村は、サリーやサリーに続いて死んだジョンの解剖所見から、彼らの冠動脈の内膜が異常に厚くなっていたことに気づいたようです。香村療法では「若返り因子」を点滴で患部に運ぶため、心筋だけに接着する結合たんぱく質を合成したはずだったのが、実際には心筋だけではなく、冠動脈にまで接着し、尚且つそのまま分解されず留まり続けてしまったために、心筋が必要以上に太り続けると同時に冠動脈の内膜まで膨れ上がることで、血が回らなくなり、心臓が破裂してしまったそうです。


それならば、結合たんぱく質を分解する酵素を特定して投与すればいい


香村が何とかしてこの問題を解決し、佐久間の鼻を明かしてやれるとよいのですが破裂の佐久間が憎たらしい(`・ω・´)


でも、やはり心臓に針を置き忘れた医療ミスは事実だったようです。松野は患者の体内からその針を発見したそうなのですが?


他には、香村と、首都中央総合病院の心臓外科部長を務める北川聖一(天宮良)との教授戦も気になりますし、佐久間と他の官僚や政治家~林田博史(佐戸井けん太)&城貞彦(佐野史郎)との駆け引きにも注目していきたいところ


現実問題として考えると腹立たしくてなりませぬが、ドラマとしてはなかなか興味深い「破裂」は、続きもとっても楽しみです


破裂
小説もなかなか面白そうです


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.